マリーフランスのあんパン

知る人ぞ知る密かな京都名物?
見たところ何の変哲もない「あんパン」ですが。



トングで持った途端ずっしりとした重量に驚く。
そして割ってみると…



ご覧のとおり。あんパンというより「ほぼ餡」。
高さ約5センチのパンの内部はくまなく餡子。
餡子・餡子・餡子地獄。
最初はネタがてらに買ってみて半分で音をあげ「当分いいや…」
とか思ったものの、気がつけばしっかりリピーター。
今や普通に完食してます(^_^;

「マリーフランス 今出川店」
京都市上京区今出川通新町西入ル元本満寺町307
7:00~19:00まで
第1,第3月曜定休

ル・プチメック

深夜から明け方にかけてのトリノ観戦。
眠気覚ましのコーヒーとともに小腹にきく軽めのおやつを用意して
臨戦態勢を整えていた。おかげでまた肥えた。
でもそんな日々ももう終わり。
と思ったらエキシビも真夜中なのね~
で、今朝のおめざはプチメックのクロワッサンvs神戸ケルンのドイツパン。


プチメックはうちから遠いうえに金土日のみのオープンなので
なかなか行けません。
ケルンのドイツパンは学生時代からのお気に入り。
ミルクで練ったほんのり甘くてずしっと持ち重りのするパン、
こういうタイプは京都のパン屋さんでは見かけません。
んで肝心のエキシビ、起きたら5時半近く。
丁度鼻王子の演技が終わるとこでしたとさ…

八つ橋クランチ

「旅のおみやげ」として会社などに持っていく「配り菓子」に
最も喜ばれるものの定義とは。
答えはとても無粋なものです。
「ブナンであること」。

でも考えてみればここ京都には、とりあえず普通に喜ばれそうな
「ブナンなもの」って案外と少ないかも知れない。
若い人たちはあんまり和菓子とか好まないだろうし、
「八つ橋」「五色豆」をもらってもありがたがってくれる人なんて
少数派でありましょう。
そこで「八つ橋クランチ」の登場です↓



某掲示板で「京都のおみやげ」として話題になっていたので
早速買いに行ってみました。



「個包装」それは「ブナン」の基本パーツ。
これのどこが八つ橋やねん?という突っ込みがきそうですが、
クランチ部分が砕いた八つ橋なのでしょう。多分。
それほどまで見事に存在感を消し去られた八つ橋。
「わしはここにおる」とばかりにあの独特のニッキ臭を漂わせて
自己主張したりは決してせず、あくまでも「ザッツ無難」に忠実なのです。

「まずいっ!」と言って投げ捨てられないこと。
誰からも手をつけてもらえぬうちに賞味期限を過ぎて
ひっそりとゴミ箱行きの運命を辿らぬこと。
それこそが最重要課題なのです。

ところでこの「八つ橋クランチ」探すのに結構時間かかりました。
東山界隈の主要な寺社の参道などで扱っているお店はなくて、
平安神宮や聖護院、京都駅ビル、タワービルもしかり。
結局、高島屋の角にある和菓子屋で偶然の遭遇を果たし、
そこで私はあることに気づきました。

「八つ橋勢力図」があるに違いない。

京都に住んで四半世紀。
ナイトスクープの「アホバカ分布図」よろしく、
別にそんなこと知らんでも全然大勢に影響ない攻防の世界が
地味にどうでもよく展開しているに違いないのだ。

どうでもいいことが大好きな私は、早速調査を開始することにしました。
気分は何だか伊能忠敬。
でも今は寒いからもうちょっと暖くなってからね。

余談ですが、それじゃあ管理人が「もらってうれしいおみやげ」とは?
決まっとるでしょ、六花亭の「マルセイバターサンド」ですよ!

まぐろトロあぶり丼

去年の11月友人のK子ちゃんと清水寺の夜間ライトアップを見に行く
道中、産寧坂(三年坂)で偶然見つけたまぐろのお店「エンドウ」。
あぶったまぐろが絶品でした♪画像ボケボケで申し訳ないです。


お店は民家をそのまま改装したようで、こじんまりしてとても
落ち着けます。
メニューはこの他にも、カラダにやさしくあったまるものがいっぱい♪
なんとこのお店のお向かいに、リンク先の「よねのおさいほうばこ」
管理人様のご親戚が経営する「うなぎ屋さん」も出来ました。
今度行ってみよう!

お世話になった方々へ☆

終業後、お天気にうかれて足が自動的に祇園へ向かう。
そして自動的に「かね松」へ入り、自動的にティラミスチョコに
手を伸ばし自動…(以下略)
明日はバレンタイン。おあつらえ向きに小袋入りが売られていたよ↓


半透明の和紙の袋から透けてみえるおなじみのブルーがキレイで、
お世話になった人たちへのプレゼントにはうってつけ。
でも…やっぱり男に食わせるには勿体無いのよねぇ…
もちろん、自分用にはいつもの「業務用」買ってきましたよ。
そしてお約束のみたらし団子も↓


もはやはずせないワンセット。だって帰り道にあるんだもん!

いちごみるく

泉湧寺の「音羽屋」さんの創作和菓子。
この季節になるとお店に並ぶ「いちごみるく」です。


黄色く見えるのは練乳を練りこんだ柔らかい黄味あん。


最初に食べたときは「普通につぶあんのほうがいいかな~?」
なんて思いましたが、1年ぶりに食べたらやっぱりおいしい!

黄味あんはあっさり甘さ控えめで、新鮮ないちごの味が引き立ちます。
このお店で使っているいちごは本当に摘みたてのように瑞々しく
ジューシーで、包みを開けると甘酸っぱい香りがふわっと立ちのぼります。
和菓子よりもいちごが主役?と思うほど。
大きさ・鮮度・歯ごたえも見事に厳選されていて、和テイストにベストマッチ!

Cafe Canel

神宮道の入り口にある「カフェ・カネル」。
(「カルネ」じゃないよ、それは元子ママのお店)
昨年11月京都ツアーにやってきた友人たちと朝ごはんを食べに入ったのが
きっかけで、それ以来お気に入りカフェのひとつ。
↓モーニングセットには草津で人気の「ラミデュパン」のパンが
使われてます。コーヒーも独特の苦味が美味しい!



こちらは別の日に食べたランチセット。
オムライスの中身は五穀米、つけあわせの温野菜もたっぷりで大満足!



三条通りと神宮道の交差点の北東側にあります。
平安神宮の鳥居を正面に見て右側の古着屋さんの2F。
京都の町屋らしい狭くて急な階段が敬遠されてか、あまりお客さん
入ってないの。潰れると悲しいから皆さん、東山観光の折には
ぜひ寄ってみてくださいな。
ウッディな店内は昔の町屋の骨格がそのまま使われ、床の間部分が
ディスプレイコーナー。パンのお持ち帰りもできますよ~

※2016年5月追記;
もうかなり以前に閉店されています。
ラミデュパン系というと、現在東山三条の古川町商店街入り口あたりに
「ルバカサブル」というパンカフェが出来、モーニングをいただくことが出来ます

まだ食うか

こちら先日のポテチチョコと一緒に明治屋で買った「ギリアン」の貝チョコ。
20年前から大好きなのだ。
画像は新作ストロベリーチョコ。苺クリーム部分の柔らかい口どけ、
舌触りが絶品。個人的には通常品のほうが好みですが。



関係ないのですがロイズ本拠地の住所
「北海道石狩郡太美」というのを見てかなりウケました。
「太美」はちゃんと「ふとみ」と読みます。出来すぎです。

祇園のうまいもん

芸妓(ねえ)さんあげて遊べるはずもない管理人ですが、
祇園で一番うまいもんをひとつ挙げよと言われれば。
迷わず即答、みたらしだんご。



本当に小さなお店で、夕方5時頃から店を開け売り切れと同時に閉店。
いつも行列ができてます。
注文と同時に炭火で焼いてくれるおだんごは小ぶりでぷりぷり。
大鍋に入った熱いたれにどぶりとからめられ、見事な手際で
経木の包みに入れてくれます。
でもやっぱりあつあつをその場で食べるのがいちばん!

あまり宣伝は好まないお店のようなので店名は伏せますが…
祇園で聞けばすぐにわかります。
そうそう、京都で「みたらし」と言えば黄粉かけがデフォなのだ。
(この店では「たれ」のみと「黄粉かけ」が選べます)

もひとついきます。こちらは先日サイト日記でご紹介ずみの
お漬物屋「八百伊」さん。
種類豊富で色とりどりのお漬物はどれも本当に美味しいんです。



屋上の「巨大かぶら」が目印なのだ



管理人の大オススメ山芋とごぼうの浅漬け。
新鮮な野菜そのものの味が存分に生かされた浅漬けはサラダ感覚で
いくらでも食べられちゃいます。白メシ3杯がデフォ。



夕闇せまる祇園の石畳。



川沿いには桜と柳の並木。そろそろお茶屋さんにも灯がともる時間。
夜桜の頃は夢のようにきれいです。



春のように暖かかった1日。写真を撮り終え帰路に着く頃、弥栄の空に
浮かんだおぼろな三日月も、はんなりやさしい春の色。


知恩寺手づくり市

毎月15日に百万遍の知恩寺で開催される「手づくり市」。
「手づくり」と言っても地方の業者さんの出店も多いのですが
まぁ「業者さんの手づくり」には間違いありません(^_^;

それほど広くない境内に所狭しとエスニック雑貨や陶芸、木彫、時代裂、
アクセサリー、お野菜お漬物、パンに焼き菓子、ケーキ、ジャム、
コーヒー屋さん、占いのお店などなどが軒をつらね(露天だから軒なんて
ないけど)いつも活気に溢れています。
↓はこの市でも大評判の「いちごデザート」のお店「マガザン・デ・フレーズ」
ケーキはもちろんジャムが本当に美味しいんです。



こちらも好評「おたふくコーヒー店」



蜜蝋を売るお店。ピュアハニーもあるよ。



いい感じの看板。


プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2017/10 (1)

2017/09 (4)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク