「仙太郎」のカフェ

花遊小路にある「仙太郎」2Fのカフェスペースは管理人のお気に入り。
濃紺で統一され、スウィング・ジャズが流れるシックな店内は「茶寮」と呼ぶよりは
「レトロなカフェ」というイメージです。

sentaro05.jpg

6時に閉まってしまうので平日は行けません。
土日に行けばええやん、なのですが休日に新京極界隈に出かける気にはならず…
結局年に数回の訪問に留まります。

この日いただいたのは生菓子と干菓子のセット。
何か名前がついてたようですが忘れました。

sentaro06.jpg

老玉、渋栗まんじう、山椒餅、そして松ぼっくりのかたちをした和三盆の干菓子。
それぞれ一口サイズなのですが、けっこう濃い取り合わせです。

sentaro07.jpg

さらに寄り~
老玉(うばたま)は漉し餡のあん玉に黒砂糖を羊羹状にして衣がけしたもの。
シンプルな見た目ながら何とも言えない濃密な美味しさがあります。

渋栗まんじうはそば粉のお饅頭で渋皮つきの栗をまるごと包んだもの。
山椒餅は薄く平べったい丸型をしたスパイシーなぎゅうひのお餅。
松ぼっくりの干菓子は生々しいほどに濃厚な抹茶味。
あまりの濃さに軽くむせそうになりました(^_^;

それぞれが強い個性を主張する味なので小ぶりのものを1個ずつで充分満足。
このお店は菓子器も自家製なので素朴なお菓子ととても調和しています。
調和しすぎて山椒餅はほぼ皿と同化しているw

sentaro08.jpg

お茶は数種類から選べます。私はいつも黒豆茶。
まろやかな甘味と苦味がウマー。

京菓子司 仙太郎HP⇒

IKEA神戸・レストラン&マーケット

ikea21.jpg

レストランにてようやく念願の北欧ミートボールをいただきました。
ミートボールはポーク100%っぽくとてもしっとり、食感も滑らかで
ミンチではなく具材をペースト状にしたものを焼いてあるようです(未確認)?
ソースは化調こってりのチープな味わいですがそこがまたミョ~にクセになりそう。
このソース、ニョッキなどにも合いそうです。

ikea22.jpg

そしてクリスマスシーズン限定のプリンセスタルト・ピンクヴァージョン。
味は通常の抹茶色のものと変わりません。

ikea23.jpg

断面図~。こちらも植物性クリームのチープな味わいで決して
めちゃ美味しい!てワケではないんですがこれまた変にクセになるw
何か子供の頃に食べたケーキやアイスのような、郷愁を感じる味です。

23日の祝日に出かけたのですが、以前のような行列も入場制限もなく
送迎バスも空いていました。
大阪鶴浜店がオープンしてそっちにお客さんを奪われたかたちでしょうか。
ゆっくりと見て回れるのは有難い限りですが…潰れないでねぇ~(^_^;

ikea24.jpg

マーケットでの戦利品。今回は注意して崩さずに持ち帰ることが出来ました。

ikea25.jpg

こちらはにしんの甘酢漬け、サーモン用ディルマスタード、
ブルーチーズにいつものリンゴンベリージャム。
この他にディルチップと板チョコも買いましたが食べちゃって画像ナシ。

ikea26.jpg

持ち込み可のカラオケボックスにて。買ってきた食材で北欧カラオケパーティー♪
黄色い袋は同じくIKEAで買ったクリスプブレッド・カルダモン味。
軽くて分厚く、食べ応えがあります。かすかな甘味があるので
何もつけなくても美味しい。

にしんの甘酢漬けは、見た目が例の「世界一臭い缶詰」と同じなのですが…((((;゚Д゚)))

ikea27.jpg

食べてみるととてもまろやかな甘酸っぱさで本当に美味しいです。
お酢と砂糖、玉葱、オールスパイスとディルで味付けしてあり
和食にも違和感なく合いそうで、非常に日本人向けの食材だと思います。
御節にも合いそうだなぁ。オススメ!

ディルマスタードはスモークサーモンとの相性抜群!!
昔、五条柳馬場にあった北欧料理店「フィンランディア」で食べた味を思い出します。
煮物の隠し味や焼き物、グラタン、いろんな料理に使えそうで一瓶あれば重宝しそう!

今西軒のおはぎ

ohagi01.jpg

以前にもご紹介した「今西軒」のおはぎ。
今回は高島屋和菓子コーナーでゲット。本店以外で取り扱っていると
知らなかったので大喜びで購入しました。

ohagi02.jpg

まずは粒餡。
水分量たっぷりでとても柔らかくしっとりジューシィ。
餡が柔らかすぎてお箸で皿に移すのに苦労しました。

ohagi03.jpg

そして白っぽい色合いが独特な漉し餡。
とても滑らかできめの細かい舌触りが金沢の「あんころ」にそっくりです。
おはぎというよりもっと高級な上生菓子のよう。

ohagi04.jpg

前回売り切れで手に入らなかった黄粉。もち米の真ん中に漉し餡が包まれ、
たっぷりの黄粉で覆われています。

1個1個がけっこう大ぶりで餡子たっぷりなのですが、もち米部分は少なく
餡はとても滑らかで口溶けがよく、さらりと口の中で消えてゆく感じなので
意外にペロリと食べられちゃいます。で、つい食べ過ぎに…

いずれも断面図を撮影したのですがどうにもうまくカットできず
美しくないのですべてボツ(^_^;

二都物語・大阪編

mana05.jpg

異人館界隈を散策した後は、大阪でエスニックディナー。
大のお気に入りのネパール料理店、北浜の「Manakamana(マナカマナ)」に到着~

まず注文したのはネパール肉まん「モモ」。
もっちりと引きのある皮に中には豚肉と野菜がたっぷり。
真ん中にあるトマトベースのソースは、数々の香草と唐辛子が入り
辛いんだけど深いコクを感じる味。

mana06.jpg

そしてこちらが定番の「焼き茄子のカレー」
なすはしっかりと煮込まれて原型はありませんが
その香ばしい旨味は100%生かされています!

mana07.jpg

そしてこちら。ほうれん草とチキンのカレー。
とてもクリーミィでまろやかな舌触り。とろけそう!
焼き茄子カレー同様、素材そのものの美味しさを存分に堪能でき、辛さも控えめ。
またネパールカレーはインドカレーのように油分が多くなくて、とても食べやすいのです。

mana08.jpg

ナンです。以前食べたときもその大きさに驚きましたが
さらに大きくなっており、差し渡し50センチはありました。

ただ…以前はもっとバターがふんだんに使われていて
表面にきれいな艶があり、食感もふっくらもちもちだったのですが
バター分が減ったように思いました。
品薄が続いて仕方ないのかも知れませんがちょっと残念だな~

mana09.jpg

ええ眺め~

「Manakamana」
大阪市中央区平野町1-6-10 KAビル地下1F
ランチ 11:00AM~15:00PM
ディナー 17:00PM~23:00PM

京阪・地下鉄北浜駅から堺筋を南下、ダイコクドラッグ角を東に入った南側です。

二都物語・神戸編

神戸・大阪食べ歩きの休日。
IKEA神戸でお買い物の後、20年ぶりくらいに異人館界隈を散策。
寒い日だったので、山本通りの珈琲ショップで暖をとりました。

kitano01.jpg

店名は「北野珈琲館」。
飴色の艶も美しい焦茶のウッディな店内は、カウンターに吊られた色とりどりの
カップで彩られています。

kitano02.jpg

「くるみケーキのセット」をいただきました。
珈琲はほろ苦で深いコクがあり、酸味もしっかり効いています。
まさに神戸の珈琲という感じ。

kitano03.jpg

そして「くるみケーキ」。
パウンド風のぼそぼそしたやつかな?と思いきや、
とてもきめが細かく、しっとりと滑らかな舌触りとさらりとした口どけ。
素朴な見た目なのにとても上品で美味しいケーキでした。

大阪ディナー編はのちほど。

「北野珈琲館」
神戸市中央区山本通2-13-13 クラフトハウス 2FB号

マイ原点

litoma01.jpg

リトマのバゲット。
リトマって大阪、それもおけいはん沿線にはちょこちょこ
ありますが京都には出店していません。

18歳のときに1年間ほどバイトしてて、私にパンの美味しさを
教えてくれたお店なのです。

litoma02.jpg

画像のバゲット、日にちが経ってもあまり硬くならず美味しくいただけます。

京都の街ににどれだけ美味しいブランジュリが沢山あっても、
やはりこのお店が大好きだし、京都に出店してほしいな、という
気持ちは今もずっと持ち続けています。

コメダ珈琲店@名古屋

名古屋の迷店?と噂も高いコーヒーチェーンの「コメダ珈琲店」。
名前だけは聞いたことがあるので、「矢場とん」の後の
コーヒータイムに入ってみました。

komeda01.jpg

こちらはFさんが注文したアイスコーヒー(12月にしては暑い日だった)ブラック。

komeda02.jpg

私の注文した普通のホットコーヒー。

名前のイメージと、老舗ということから何となく京都における「イノダ」のような
お店なのかな、と思ってましたがもっとカジュアルな普段使いのお店で
どちらかというと「からふね屋」「ホリーズカフェ」の感じです。
照明が無駄に明るい?とこが「ホリーズカフェ」寄りかな。
学生が勉強とかに使うお店なのでしょうか。

コーヒーは、特に高くも安くもなく、味は特に美味しくも不味くもなく…
量は多いような気がしましたが、正直、何も予備知識なしに入ったら
まったく何の印象も残らないまま、フツーにお喋りしてフツーにコーヒー飲んで
フツーにお店を後にするような、良くも悪くもいたってフツーのお店でした。

あの奇食の霊峰「マウンテン」を有する名古屋においては「迷店」と謳われるほどの
インパクトもないような。
スナック系は充実しているようでしたが、「矢場とん」の後で入るはずもなく。

komeda03.jpg

ドリンクにかならずついてくる豆菓子。これが結構美味しかった。
帰宅後検索したら、やはりスナック類が人気のお店で
特に「シロノワール」なる謎の菓子が話題になっていました。
白ノワール?白黒?しろくろまっちゃ…

まおちゃんやみきちゃんも食べてるんでしょうか。
まぁ、次回もし機会があれば、いただいてみようと思います(^_^;

コメダ珈琲店HP⇒

「中華のサカイ」のラーメン

「中華のサカイ」といえば何と言っても代表的メニューは絶品冷麺!
ここへ来たら絶対にはずせないメニューですが

sakai11.jpg

たまには別のメニューにも挑戦したいもの。
で・ラーメンを今回初注文。

sakai12.jpg

スタンダードなラーメンがやってきました。
鶏ガラ出汁は少しとろりと白濁し、麺はストレートの中細で冷麺のものより細いかな?
クセがなくてとてもはんなりとした、まろやかな優しい味!

冷麺に比べるとインパクトこそありませんが、
胃の調子がよくない時なんかでも、このラーメンならつるりと
食べられそうな、癒し系です。オススメ!

sakai10.jpg

そしてシメはやっぱりこれで。
中華鍋で短時間で調理されたオムライスは、旨味がぎゅうっと閉じ込められて、
ほんま美味しいんです~

「本家さぬきや」

sanukiya01.jpg

最近とみにお気に入りのスパ銭「仁左衛門の湯」
その2Fにあるお食事処「本家さぬきや」。
ショーケースに並ぶ和食の数々…そのお値段の安さはちょっと…デインジャラス?

sanukiya02.jpg

デザートもこれこの通り。ガス○より安い?

あまりの安さにちょっと怯えつつ、怖いもの見たさというか食べたさに
入浴後入ってみました。
久々の「まずいもん部」発動となるか?

sanukiya03.jpg

間口は狭く、外から覗いたときは何の変哲もないファミレス風。
しかしテーブル席の奥はこの通り、ゆったりとした座敷が広がっていました。

sanukiya04.jpg

メニューに目を通します。
「あなご1匹天ぷら248円」…やっぱりちょと怖い(^_^;
最近流行りの成分てんこ盛り…か???

sanukiya05.jpg

んで我々が注文したのがこちら。
うどん、うなトロ丼、天ぷら、比較的失敗の少なさそうな(笑)セットをチョイス。
でも不味かったらヤなのでふたりでこの1品と、おでんを注文しました。
実物の全体像はボケボケだったのでサンプル画像でご了承を。

sanukiya07.jpg

まずは天ぷら。
厚さはポテチなみに薄かったのですが、きれいな油でカラリと揚がり、
意外と?ちゃんとしてる。っていうか普通に美味しい。

sanukiya06.jpg

そしてうなトロ丼。うんうん、これもちゃんと美味しいぞ。
うなぎこそ三切れだけど(笑)たれも美味しいし、ご飯パクパク入っちゃいます。

sanukiya09.jpg

そしてうどん。
ん???黒い????画像ではよくわかりませんが
薄茶色というか薄灰色に色づいたこの麺は…???
一瞬恐怖がよぎりましたが、それは我々の無知のせい。
これこそが「さぬきや」御自慢の「玄(くろ)うどん」なのでした。

食べてみると、つるり、しこしこ、何とも滑らかなコシがあり、
麺そのものにもコクがあり、本当に美味しい!
あっという間にふたりでたいらげ…

sanukiya10.jpg

すっかり気に入っておかわりまで(笑)
この黒い麺の正体は北海道産の無漂白小麦粉だそうです。
食物繊維が通常品の1.5倍、ミネラル分は2倍だとか。

麺ひとつにもそれだけこだわっているのだから、おそらく他の食材も
そんなへんなもん使ってるとは考えにくい。
安さの秘密は謎ですけれど、きっとここはものすごく良心的な
お店なのだ(と思いたい)。

いやぁ、ネタがてらに入って思わぬめっけもんでした。
というか数々の失礼発言、撤回します(^_^;、普通にオススメ!

らーめん千の風

sennokaze01.jpg

京阪&叡電出町柳駅から川端通りを高野川に沿って北上した場所にある
「らーめん千の風」。
オープン3周年というから「あの歌」が流行るより先に出来たお店のようです。

とろりとした乳白色の豚骨スープはとてもまろやかで優しい味。
「はんなりラーメン」がコンセプトだそうですが、
最後に秘伝の?茶色いタレを一匙加えてあり、ピリッとスパイシーなパンチもあり。

そして特筆すべきはチャーシュー!
バーナーで香ばしく炙ったチャーシューは噛まなくていいくらい柔らかく、
口の中でとろけるよう。

sennokaze02.jpg

こちらもおすすめの「餃子」。
ふっくらジューシィで野菜もたっぷり。

焦茶色で統一されたウッディな店内はとてもシックで品があり、
女性一人でも気軽に立ち寄れます。12月10日に北山店もオープンしたとか。

「らーめん千の風」
出町柳店
京都市左京区高野蓼原町31エミールみかげ1F
北山店
京都市北区上鴨岩ヶ垣内町198-10

営業時間 11:30~14:00 18:00~24:00
月曜定休

竹路庵・抹茶わらびもち

c_maccha01.jpg

わらびもちというと「夏のひんやりデザート」のイメージですが
本来は早春から初夏にかけての和菓子だそうです。
その季節限定で販売している老舗も多いようですが、
もちろん通年販売しているお店もけっこうあります。

「竹路庵」のわらびもちは今回が2度目のご紹介。
京都駅の地下鉄改札横に出店しているのを見かけ、
思わず購入。博多のホテルでおやつにいただきました。

相変らずふっくら、もっちもちのボリューム感は京都一!
一切れも大きいので、1個食べるとかなりお腹がふくれます。
個人的な好みから言えば、抹茶風味がすこし強いような気がするので
やはりノーマルのほうが好みかな~

「山もと」のいちご大福

ymmt01.jpg

東山は五条坂の南にある和菓子屋さん「山もと」。
うちから歩いて行けるのですが購入は今回が初めて。
いちご大福は季節限定で木・金・土のみの販売です。

ymmt02.jpg

1個250円。ひとつひとつ大切そうに和紙で包装されています。
包みの上からもぎゅうひのふんわり柔らかぁい感触が伝わってきて
期待が高まります。
包みを開いてみるとてっぺんがほんのり紅く染まった可愛らしい姿。
苺のとてもよい香りがふわっと立ち昇ります。

ymmt03.jpg

断面図~
中サイズの、かたちのよい苺が白餡を纏っています。
ヘタの部分を下にした釣鐘型は「みずは」のいちご大福と
同じような形状ですね。

ymmt04.jpg

さらに寄って~
「みずは」のいちごが固く実が締まり、酸味が強いのに対し
こちらは甘くて香りがよく、ジューシィなのに引き締まった美味しさです。
白餡はとても滑らかで口当たりがよく、いちごの甘さとばっちり
調和しています。

ymmt05.jpg

「みずは」の白餡いちごを食べたときは、美味しかったのですが
正直、白餡がすこしモソッとして「粒餡で食べたいな~」とも思いました。

でもこちら「山もと」のものは、白餡といちごが互いの美味しさを
引き立てあって、白餡を使用することの必然性が感じられました。
高級店の上生にも引けをとらない上質感があり、オススメです!

清水寺参拝の帰りに是非どうぞ~

「御菓子司 山もと」
京都市東山区東大路五条下ル常磐町459-1

五条坂から東大路を南にすこし下がった西側です。

名古屋・矢場とん

名古屋出張でした。
今回は矢場町で仕事。矢場町と言えば昔はよく
クアトロでのライブを観に行った思い出の場所。

yaba01.jpg

そして矢場町と言えばやはりこちらはハズせないでしょう。
そう、行列必至の有名店、みそかつの「矢場とん」。
韓国にパクリ店舗が出現したことでも話題になりましたね。

管理人、みそかつは結構好きなのです。
関西ではメジャーではなくあまり食べる機会もありませんが
以前倉敷の「梅ノ木」で食べたみそかつは本当に絶品で!
あれを食べるために高速バスに乗って倉敷に行きたくなるほど。

なので今回の「矢場とん」にも期待が高まります。
市内に何軒か店舗がありますが、今回私とFさんが行ったのは
矢場町の三越別館ラシック7Fのレストランフロア。

11時過ぎの早い時間帯に行きましたが店内はすでに半分以上埋まっています。

yaba02.jpg

こちら私が注文した「みそひれかつ丼」

yaba03.jpg

そしてFさん注文の「鉄板ひれとんかつ」
ほかほかの湯気が美味しそう。ではではいっただっきまーす!

まず一口、さくりとした衣が香ばしく、九州産黒豚のジューシィな旨味が
口の中に広がります。おぉ、美味い!でらうみゃ~で…

と思った次の瞬間

甘~~~~っ…!!!!

激烈な甘さに見舞われて、みそかつを口の中に入れたまま固まるFさんと私。
激甘に甘い、甘すぐる。関西でおそらく一番甘い「アルション」のケーキより甘いんじゃないか。

反射的にテーブルの上の和辛子と七味と白胡麻をつかみ、丼一面にドバーと振りかけて
なんとか甘さを緩和。
そして「かつ」自体の美味しさに救われて、どうにか完食に至りましたが。

名古屋には10回以上行ってるし、濃い味付けの文化圏と言うことも
よく承知していますが、それでも正直この甘さはムリでした。
お肉は本当に美味しいので「たれぬき」で注文してマイソース持参したいほど。

がっつり濃くて甘いのが得意な人には、オススメですが。
関西人にはキビしい…

みそかつ矢場とんHP⇒

紅葉が終わり…

tree01.jpg

気がつけばあっという間にこの季節。
京都駅大階段の巨大ツリー。

博多うまかもん・2日目

hakata07.jpg

2日目です。今回は時間もきつきつで天神から移動できなかったのと
あまりお腹も空いてなかったので、お昼は軽くコーヒーだけのつもりで
大丸東館向かいのカフェ&バーに入ったのですが

hakata08.jpg

ウェイターのイケメン君がおすすめしてくれたランチセット
「鳥もも肉の赤ワイン煮込み」をFさんと半分ずついただきました。

これがもう絶品で!!!

朝からじっくり煮込まれたという鳥もも肉は軽くナイフを入れると
ほろりと崩れ、骨からするりと自然に外れました。
ワインとデミグラスソースの旨味がこっくりとしみこんだもも肉は
噛まなくていいくらいほろほろに柔らかく、口の中でとろけます。

本当に美味しい!!!他に言葉が見つかりません。

今回のツアーで各地のうまいもんをいただきましたが
もう間違いなくこのお料理がダントツ。イケメン君本当にアリガトウ!

美しいワイン色の照りのついたデフォルト状態を
撮影しておかなかったのが悔やまれてなりません。

hakata09.jpg

つけあわせのバゲットも表面はパリッと香ばしく中はしっとり。
しかしこれだけ感激したにもかかわらずお店の名前を控えるのを
忘れました…
場所は大丸東館エルガーラからアーケードをはさみ、この季節だと
1枚目の画像のツリーの真向かいにある、細長いお店です。

もう、このランチを食べるためだけにでも、すぐにも博多を再訪したいほどです。
食べ物はもちろん、博多の街は本当に美男美女が多くしかも皆さんとても親切。
過去に何度も訪れていますが、行く度に街から、人からパワーをもらえ、
こんなに嬉しい気持ちが沢山もらえる街もありません。

今回は時間の関係で行きたかった「ピエトロ」本店にも「カッファ」にも、
海のほうや大濠公園にも行けず、友人に連絡も取らなかったので
いろんな思いを残しました。

でも「また必ず来る」という誓いのもとに、大好きな街を後にしました。
また来年是非!

博多うまかもん

hakata04.jpg

今週は博多、そして名古屋出張です。
ご覧のように天神の街はクリスマス仕様のライトアップ。
夜8時ごろホテルにチェックインし、Fさんとともに向かった先は
うどんの「ウエスト」!

hakata05.jpg

博多を中心に関東にもチェーン展開しているお店。
うどんの他にも焼肉、カレー、中華、和食など幅広く展開しているようです。
うどんメニューはとても多くて迷いましたが、何と行っても「ごぼ天」はハズせない!

関西で「ごぼ天」というと円筒状の練り物の芯に牛蒡を差し込んだあれですが、
ここ福岡では牛蒡のささがきに天ぷら衣をつけて揚げたもの。

注文したのは「ごぼ天肉うどん」。
これが大当たり!博多うどんは麺がふっくらと柔らかく、それでいて
コシがあり、あじこといりこ、切り出し昆布の出汁を使った
甘くまろやかなスープにとても合っていて、ほっとするような美味しさ。

そしてほんのり甘辛く炊かれた柔らかいお肉とシャキシャキ香ばしい牛蒡が
とてもマッチして本当に優しい味です。
長旅で少々疲れた胃をはんなりと癒してくれる感じ。

このまろやかさは出汁文化圏の関西では間違いなく受け入れられると思います。
毎日通うし、京都にも来とおくれやす~

頼めば「柚子胡椒」を出してもらえ、少量入れると味がきりりと引き締まります。

hakata06.jpg

かしわおにぎり。Fさんと半分こしました。
こちらもほんのりと甘味を感じる柔らかい味。
優しくて、どこか懐かしさを感じます。

ウエストHP⇒

横綱ラーメン

yokozuna01.jpg

京都・大阪を中心に東海・関東にも幅広くチェーン展開中の「横綱ラーメン」。
ラーオタである相方さんおすすめの吉祥院本店に行ってきました。

スープは豚骨醤油、麺はストレート細麺で「第一旭」と似ているかも。
寒い夜だったので味噌ラーメンで温まりました。

yokozuna02.jpg

よけいな雑味や臭みがなく、素直に美味しいと思えるオーソドックスな味。
ちゃんとまじめに作られている整った味がして、安心感があります。
どんな体調のときでも美味しくいただけそう。

チェーン店はすべて直営だそうですが、やはり店によってかなり味に
バラツキがあると相方さん。でもこの本店は文句なくオススメできます。

ラーメンと言うと大体一乗寺の天天有と天一本店ばかりリピしていますが、
今後はこのお店と「来来亭」もローテーションに加わりそう。

「横綱ラーメン 吉祥院本店」
京都市南区吉祥院這登西町30-8 (国道171号線石原交差点北)
年中無休
HP⇒

光明寺の紅葉

komyo01.jpg

いよいよ紅葉もラストシーズン。
最後の紅葉を愉しみに、長岡京の光明寺まで行ってきました。
画像が多いので畳んでいます。
続きは↓

続きを読む

「みすは北川」のいちご大福

mizuha01.jpg

最後の紅葉を楽しみに、長岡京へ行ってきました~
もうひとつの楽しみは「みずは北川」のいちご大福!
楽天ショップの人気店の実店舗です。

ご覧のように一見和菓子屋さんには見えないモダンな建物。
1999年創業という、若い和菓子屋さんです。

mizuha02.jpg

こちらが人気のいちご大福。
直径、高さとも約5センチ。1個250円ですが一般的ないちご大福より
かなり大きいので、むしろお得感があるかも。

mizuha03.jpg

断面図~
なんとも愛くるしいビジュアルです。
毎日九州から取り寄せるというLサイズのいちごは本当にビッグサイズで、
大ぶりなのにしっかりと実が引き締まり、フレッシュな酸味が強いです。

そのまわりを手亡豆(てぼまめ)の白餡が包み、羽二重餅を纏っています。
この見た目からしても素材の厳選感が伝わってきますが
豆を晒して炊き上げる水も西山の地下水を使用しいるそうで、
気軽に食べられる朝生ながら「ひとつの作品」としての完成度を感じます。

味のほうも、いちごの酸味と白餡のほっくりした甘さが違和感なく調和して
甘さも後を引かないので、甘いものや和菓子が苦手という人にもオススメ。

最近粒餡ヴァージョンも始めたというので、食べ比べを楽しみにしていたのですが
粒餡はネット限定商品だとか。
基本的にいちご大福は断然粒餡!派なので、ぜひ店頭販売もしてほしいところです。
お取り寄せしてみるかな。

「みずは北川(京みずは)」
京都府長岡京市うぐいす台1-3

実店舗は阪急長岡天神駅からすこし歩きますが
駅近くのイズミヤや西友でも販売しているそうです。

楽天ショップ⇒

「中村軒」の麦代餅(むぎてもち)

桂にあるお饅頭屋さん「中村軒」の名物「麦代餅」
大丸の催事で購入しました。

nkmrkn01.jpg

ミニサイズが3個630円也。

nkmrkn02.jpg

麦代餅は「むぎてもち」と読みます。
その昔、農家の繁忙期におやつとして振舞われ、
その代金代わりに収穫した麦と物々交換したことが
「麦代餅」という名前の由来だとか。

その逸話が目に浮かぶような素朴な美味しさです。
しかし…残念なことにデパ地下出店品は、やはり風味が損なわれていることは
否めません。

お餅部分が固くなり、伸びが完全に失われて前歯でブツッと噛み切れてしまう。
買ったことを後悔してしまうほどの残念さでした。

おくどさん(竈)で炊かれた自家製の餡は非常に美味しくて
上質感、厳選感があり、おぜんざいを食べているような風味のよさだっただけに
余計残念無念…

nkmrkn03.jpg

15秒ほどレンチンしてみるとお餅の引きが戻り、美味しさがかなり修正されました。
でもやっぱりこうした御餅系はデパ地下では買わないほうがブナンですね。
出来立てを本店でいただくに限ります。

「中村軒」
京都市西京区桂浅原町61
7:30~18:00 /茶店 9:30~18:00(ラストオーダー17:45)
水曜定休(祝日は営業)
HP⇒

クリームシチューのパン

clover08.jpg

そういう名前だったかどうかちょっと定かでないんですが(^_^;
「クローバー」のお惣菜パン。ある日の昼食です。

明るいオレンジの焼き色がついたふっくらパンに、たっぷりのホワイトソース。
見るからに食欲をそそられます。
まろやかなクリームに人参やじゃがいももたっぷり入ってヘルシーおいしい!

このお店は、どのパンを選んでも決してハズレがないのが嬉しいところです。

御所の紅葉

kouyou18.jpg

京都御苑といえば北公園の枝垂桜のアーチが見事なものですが
紅葉の時期だって負けず劣らず。
広大な公園が日一日と鮮やかな彩りを纏うこの季節。

続きを読む

美玉屋の黒みつだんご

mitamaya03.jpg

出張続きですっかり「京都うまいもん」から遠ざかり気味でした…
今月半ばまでは出張ラリー続行中で、いましばし各地のうまいもん
ご紹介も続くかもしれませんが、基本はあくまで京都中心の更新に
戻してゆきますのでまた宜しく~

「美玉屋」の黒みつだんごは今回で2度目のご紹介。
京都の和菓子好きのかたにはもはや周知のお団子で
表面にたっぷりと塗られた黒蜜餡(黒蜜に吉野葛でとろみをつけて
餡状にしたもの)にはハマる人多数。

mitamaya04.jpg

しかし前回GWに下鴨本店で買ったときには、その肝心の餡の部分が
とても少なくて落胆を隠せませんでした。
今回7ヶ月ぶりのリヴェンジですが、ご覧のようにお団子部分が
全く見えないほどこってりと餡に包まれて、この時点で「今回はアタリ!」と直感。

mitamaya05.jpg

角度を変えて。いざ実食。
んー!!!とろける!!!
これこれこれです!私が食べたかったお団子は!
ふんだんに盛られたぷるぷるの葛の何とも言えない食感!

夕方遅い時間に買ったのでお団子が硬くなってはいまいかと
心配でしたが、そちらも無問題。
柔らかいけど弾力のあるお団子とぷるぷる葛が口の中で一体となり、
たっぷり振りかけられた黄粉の香ばしさとも相まって、まさに極上のハーモニー!
前回食べたのは一体ナンだったの?と思うほど。

というわけでリヴェンジ大成功。文句なしのオススメです。

今回は高島屋B1で購入しました。
5本入り525円。本店では10本入りしかありません。
当日中に食べきらないと硬くなるので、こちらの5本入りは有難いですね。
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2017/10 (1)

2017/09 (4)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク