今年もお世話になりました

ginkaku01.jpg

2009年度最後の更新。
一応年内の目標に(何となく。特に意味ナシ)していた
全記事数500件はこれにてクリア。

画像は先日友人夫妻と久々に参拝した銀閣の石庭(クリックで拡大)。
そのダイナミックさとパワフルさに圧倒されました。

年が変わっても更新は変わらずまったりマイペースですが
よろしければ今後ともお付き合いくださいませ。

それでは皆様よいお年を~~~♪

ゆばんざい・こ豆や 錦店

友人夫妻、常陸の国よりご入洛。
大阪は「なみはやドーム」で行なわれた全日本フィギュア選手権観戦の翌日
京都に寄ってくれました。

私も友人も中野友加里選手のファン。初日の結果が出た時点では
本日笑顔の祝勝会が出来るものと信じて疑いませんでした。
結果…
久々の再会は「お通夜会場」に…。・゚・(ノД`)・゚・。ちなみに友人旦那Oさんは村主ファン(^_^;

これではいかん、長時間の観戦で疲れてるだろうに、せっかく京都に寄ってくれた彼女らに
せめて美味しい京料理を食べて、きれいな景色を眺めて気分を変えて帰ってもらおう。

友人が「ベタに鳩居堂とよーじやでお買い物してゆば料理も食べたい」というので
すべてコンパクトにまかなえる寺町エリアへ行くことに。

で・やってきました「ゆばんざい こ豆や 錦店」
大丸裏手の西側にあるゆば専門店で二条店、北大路店もあります。
以前は文椿ビルヂングにカフェもあったようですが今はないみたい。

komameya01.jpg

お昼のランチ2000円のセット(クリックで拡大)。
お通夜の席にふさわしく精進料理…ちゃーーーーう!!゚(゚´Д`゚)゜
本日のメインにミニ湯葉丼、引き上げ湯葉に汲み上げ湯葉のお造り、胡麻豆腐におから、
サラダ、香の物、赤だし、デザートのセットでした。

komameya02.jpg

ミニ湯葉丼は引き上げ湯葉のあんかけと汲み上げ湯葉の2種類から選べます。
引き上げ湯葉のほうにしました。あんはとてもあっさりとしています。

komameya03.jpg

引き上げ湯葉のお造り。
お造りと言っても単に生湯葉をわさび醤油でいただくだけですが(^_^;

komameya04.jpg

画面右;汲み上げ湯葉のお造り。お造りと言っても単にry
画面左;湯葉チップをトッピングした大根サラダ。

komameya05.jpg

本日のメイン、鰻の蒲焼の湯葉包み天ぷら。山椒だけでいただきます。
これは美味しかった!

komameya06.jpg

デザートは抹茶豆乳プリン。
全体的にとてもあっさりと上品にまとまっていました。
ただ、ちんまりとおとなしくまとまりすぎな印象も。
せっかくの創作料理、もっと大胆な意外性があったら面白いのになぁ、と思いました。
単に自分が最近「濃いケーキ」の食べすぎでそう思うだけかも(^_^;
普通に美味しくてオススメできます。

ゆばんざい こ豆やHP⇒

パティスリー オーレリー

aurelie04.jpg

またまたやってきました「オーレリー」
今回はエクレール・オ・キャラメルにモンブラン、そしてフランボアジェを購入。

aurelie05.jpg

11時半前にお店に着いたのですが、焼きたてのエクレールがずらり並んでおりました。
前回あまりよく味わえなかったので、今回はじっくり味わいますえ~

aurelie06.jpg

さくさくクリスピーな生地が独特なエクレール。
溢れんばかりに詰められたキャラメルクリームはとろりと滑らかでとても濃厚!
しっかりと硬めに焼かれた甘くない生地だからこそ、クリームの力強さと調和しています。
ふわふわのエクレア生地だとクリームのインパクトに負けてしまったことでしょう。

aurelie07.jpg

モンブラン。
モンブランというとしっかり硬めのクリームが多いですが、こちらのものはクリームが
柔らかく口溶けがとても滑らかで、和栗のきんとんを思わせます。
意外にあっさりしていて上品!と思いながら食べ進むと、中から何やら
砕いたラスクのようなものが出現します。

一口食べてみるとガツンと甘いメレンゲ。さくさくのそぼろ状になっており、
一瞬プラリネ?と思うほど香ばしくてものすごく濃い!甘い!しかし美味い!
メレンゲのインパクトがすごすぎてクリームの印象が薄くなってしまうほど。

aurelie08.jpg

最後はフランボアジェ。
見た目が地味な商品が多いこのお店では真っ先に目に飛び込んでくる
スタイリッシュな姿のケーキ。
アーモンドプードル入りのビスキュイ・ジョコンドはどっしりした質感。
その間に木苺クリームと中央の層に木苺ジャムがサンドされ、表面にも木苺クリーム。
そして粉砂糖でストライプをあしらってあります。

うん、これもやはり濃い!
クリームは酸味も甘味も充分で、かっちりしたビスキュイと見事に調和。
派手なビジュアルですがなんか「実直!」と主張しているような
実力派の味です。

今回の3点、いずれも気に入りましたがやはり一番好みだったのは
前回いただいた「カーンズ」。
生ケーキの品数はものすごく多いわけではないので、割と全制覇しやすいかも
知れません。

おばちゃんは今日もてきぱきと笑顔で対応してくれました。
余談になるけど、おばちゃんは京都の人なのでしょうか?
朴訥であまり余分な愛想は振り撒かない姿勢が、関西人というより
信州の人というイメージがします(何となく、勝手な推察)。
でもそこまで突っ込んだお話をする機会もまだないし(^_^;
まぁケーキが美味しければどっちでもいいのですが。

ちなみに…「例の張り紙」にはどうもこのような事情があったようです⇒

「パティスリーオーレリー」
京都市中京区蛸薬師通麩屋町東南角
月曜定休
HP⇒

生命の水

akva01.jpg

誕生日。久々に大好きな祇園のバーに連れてってもらいました。
ここは学生時代からずっとお気に入りだった場所(学生の分際で祇園とは
贅沢だって?いや、私の人生で最も羽振りが良かったのが大学3,4回生の頃なんですわ(^_^;)

昔は甘海老やフィンランドのお菓子など、軽くつまめるものもあったのだけど
今はカクテルとチーズのみ。
その中でも私と相方さんのお気に入りなのが「アクアヴィット(生命の水)」
スウェーデン産の「ジャガイモを使った蒸留酒」です。

アクアヴィットの中でも特に好きなのが「スコーネ」という銘柄。
透き通るような清冽な喉越しでハーブのフレーバーが強く香り、一口飲むと
まるで北欧の森の中にいるような、からだを内側から冷たい水で洗われるような気分になります。
京都住まいのかたには「貴船に行ったときの感覚に似ている」といえば伝わりやすいかな?
フランスの「ペルノー」(これも好き)にも似ているかも知れません。

今回も楽しみにしていたのですが…
なんと悲しいことに、すでに日本には入荷していないらしいのです。
以前はIKEAでも扱っていたようですが、手に入れようと思うと個人輸入か
スウェーデンに行くしかないのかな…
行きたいけどね、スウェーデン。

画像は以前に撮ったもの。フォルダに残しておいてよかったぁ。

Browny bread&bagels (ブラウニーブレッド&ベーグルズ)

browny18.jpg

京都の3大ベーグルといえば「Flip Up!」「グランディール」そしてここ
「Browny bread&bagels(ブラウニー・ブレッド&ベーグルズ)」!
どのお店も本当に美味しくてサイズはビッグ、お値段はリーズナブルと
有難いことづくめのお店なのです。京都に住んでてよかったわ~~

朝早くから開店している「flip Up!」には出勤前にバスを途中下車して
買いに行くことが多く(夕方には売り切れ)、「グランディール」「ブラウニー」は
1日に沢山焼いているので、夕方でも何がしかのパンやベーグルが買え、
就業後にバスに乗って(うちと反対方向)買いに行くことが多いです。

browny19.jpg

右手側から時計回りにいちじくとくるみベーグル、黄粉ベーグル、オレンジチョコ&ココナツベーグル。

browny20.jpg

黄粉ベーグル。もっちりふっくら柔らかい生地には和素材がとても良く合い、
和菓子を食べているような感覚!このお店の黄粉ドーナツもめちゃ美味しいよ。

browny21.jpg

いちじくとくるみ。
まさに王道の取り合わせという感じ。

browny22.jpg

オレンジチョコ&ココナッツ。
ビターなカカオ生地にオレンジピールの上品な酸味、ココナツの苦味が
素晴らしいハーモニー。いつもながらこのお店の「組み合わせの妙」の
洗練されたハイセンスさには脱帽です!

ベーグルにはタイプ50、タイプ60の2種類あって(水分量が違う)
おやつ感覚でフレーバーを楽しむベーグルはタイプ60、
小麦本来の美味しさを噛み締めるにはタイプ50。
今回のチョイスはいずれもタイプ60ですが、もちろんタイプ50も大好きですよ!

「Browny bread&bagels(ブラウニーブレッド&ベーグルズ)」
京都市北区小山下内河原町50-1
7:00~19:30まで 日曜定休
HP⇒
WEBショップあり

Flip Up!の甘いパン

Flip Up!といえばベーグルはもちろんのこと甘いパンも大得意。
本日はシンプルにして美味しいパン3種ご紹介~

flipup11.jpg

とても素朴な容貌のパン。
しかし美味しさは最強、全粒粉のくるみパンに切り込みをいれ、
中には練乳クリームとはちみつ。

flipup12.jpg

ざくっとしたラフな食感の生地に甘~いクリームが合う合う~
おめざに最適!

flipup13.jpg

エッグタルトのように見えるカスタードとパインのパイ。
甘いカスタードにパインがほどよい酸味を加え、ケーキにも負けない
おやつパンです。

flipup14.jpg

こちらは同じタイプの抹茶カスタード。
なんかカレーみたいな色に写ってますが(^_^;実際はもうすこし鮮やかな濃緑色。
抹茶が濃くて美味しい~

このお店のパンはシンプルなものほど美味しさが際立って、
何を食べてもそのレベルの高さに驚かされます。

パティスリー オーレリー

ケーキはあまり食べなくて「リプトンのタルトで充分美味しい」と思っているので
京都の3大ケーキ屋さんと言われる「グルニエ」「タンドレス」「オーレリー」の
いずれも未食なのですが、この夏に「スミノ」のケーキと出会って以来、がぜん
ケーキの美味しさに目覚めたのでした。

クリスマスも近いことだし、わが「うまいもん部」もケーキ強化月間に?
まずは手始めに「オーレリー」から。
麩屋町蛸薬師角という比較的立地のいい場所に位置しながら、なぜか
「気配を消している」?お店。
これまで何度も前を通りながら、ここがそうだとは気づきませんでした。
それぐらい地味~な店構えです。

噂の張り紙「お買い物をしない人は入店しないで下さい」(だっけ?)を
横目に、臆せず入店すると先客一組。
午後も遅い時間に行ったのに「エクレール・オ・キャラメル」が残ってました!
「カーンズ」も一緒に購入。
お店のおばちゃんは張り紙とは裏腹にとても素朴で気さくな笑顔が魅力的。

aurelie01.jpg

渋い色合いのエクレールとカーンズ。
他のケーキも、お花畑や宝石のようにキラキラ華やかなものは少なくて、
実直に作られたことを窺わせるビジュアルのものが多かったです。

aurelie02.jpg

まずは「エクレール・オ・キャラメル」
キャラメルクリーム入りのエクレアなのですが、通常のシュー生地とは
かなり食感が違い、軽くてサクサクしたクリスプブレッドのようです。
その中にとろとろのゆる~いクリームが端っこの穴から注入してあります。
一口かじると反対側からクリームが流れ出すので注意!

濃厚でほどよい苦味のあるクリームはとても美味しく、生地もしっかりしているので
サイズは小さいけれどかなりの満足感!逆にこれ以上大きかったらちょっとくどいかな。
が…この日は夕食に自宅でチーズフォンデュをたらふく食べた後のデザートだったので
お腹一杯であまりよく味わえなかったのがちょっと残念。
またリヴェンジしなくては。

aurelie03.jpg

そしてこちらが「カーンズ」
相方さんも私も明らかにカロリー過剰摂取気味なのでふたりでひとつ。
メレンゲ生地の中にラムレーズン入りのクレーム・シャンティ(生クリーム)、
そして表面にキャラメルクリームを絞った、非常に多層的な味が楽しめるケーキです。
表面にはプラリネを砕いて粉状にしたものをトッピング。

メレンゲが非常に脆く、箱から取り出してお皿に移そうと持ち上げただけで
パシャンと崩れ、綺麗に飾られた表面のクリームが地すべりして崩落をはじめ、
慌てました(^_^;
画像はどうにか角度でごまかして撮影したもの(苦笑

これは本当に美味しい!!
メレンゲはしゅわんと口の中ではかなく消える繊細さ、クレーム・シャンティは生乳を
思わせる濃厚さ、そこへラムレーズンがアクセントを加え、表面のキャラメルクリームも
とても上品!!
いろんな味わいが次々に楽しめて「ああ、ケーキってこんなに深くて楽しい味わい方が出来るんだ」
と感激しきり。ものすご~く気に入りました!

これを期に今後も色んなケーキに攻め込んでいこうと思います。
おばちゃんは本当に感じよく応対してくれるので、心配ご無用ですよ!(笑

「パティスリー オーレリー」
京都市中京区蛸薬師通麩屋町南東角
HP⇒
お取りよせあり。「冬のギフト」がよさげです~

「たなか家」のカレーうどん

tanakaya17.jpg

またまた行って来ました「たなか家」さん!
今回も市内から1時間かけて井手町までドライブ。
「カレーうどんがあったらいいね~」と話してたら
そんな我々を待っててくれたかのように「数量限定カレーうどん」の張り紙が!
こちらでいただくのはお初です。楽しみ楽しみ~~
↓以下の画像はクリックで拡大します。

tanakaya18.jpg

まずはいつもの「釜玉」。
もちもち麺にとろりとまろやかに絡んだ玉子、何度食べても絶品~!

tanakaya19.jpg

カレーうどん登場!
大将の従兄弟さんの渾身の作というカレーは想像以上の美味しさ!
「お子様には辛いかも知れません」というような注意書きがあった
気がしましたが、実際に食べてみるとめちゃめちゃ辛いということはなく、
程よくバランスの取れた辛さ、オーソドックスな和風出汁のカレーで、
食べ進むほどに旨味がじわじわ増してゆきます。
スープのとろみとふっくらした麺のコンビネーションも抜群!!

tanakaya20.jpg

こちらは定番「ぶっかけ(冷)」
キリリと冷えた麺はぐっと引き締まって、讃岐うどん本来のしっかりしたコシが
楽しめます。
はぁ~、それにしても出汁の美味いこと!食べるたびに毎回出汁の味が
微妙に違うのもまた楽しみのひとつ。

tanakaya21.jpg

せっかくやし…「もう一杯いっとこか~?」
なわけでおかわり(笑)シンプルな素うどん。カウンターに置いてある
ペットボトルの出汁か生醤油、好きなほうを自分でかけます。
今回は出汁で。「ぶっかけ」の出汁とは違っていて、みたらしのような
甘辛さがあり、また別な美味しさが!
うどん自体のしこしこむっちり感はこの麺が一番でした!!

「本当に美味しかったです」とお礼を述べると大将はじめスタッフの方一同
満面の笑顔を返してくれました。

食事の後はいつものように「上方温泉一休」まで足を伸ばし、露天を満喫♪

「たなか家」
京都府綴喜郡井手町井手玉ノ井20-1
10:30~14:00頃まで(麺がなくなり次第終了)
日祝休

あんぽ柿

kaki01.jpg

またまたいただきもの。
和歌山の御土産「あんぽ柿」です~

「あんぽ柿」とは…渋柿を硫黄で燻製にしたもので
通常の干し柿のように硬くならず、じゅんわりと柔らかく水分たっぷりで
とってもジューシィ。
本来は福島県の名産らしいです。ミネラル豊富で甘味もたっぷり。

ドライフルーツのようにしてパウンドケーキに混ぜ込んだりしても
美味しそう。いや、作りゃしませんけどね(^_^;

「Patisserie Exquise(パティスリーエクスキーズ)」

木屋町三条から北へ上がり、月餅屋直正さんを越えて最初の細い小路を東へ入る。
本当にこんなところに店が??と思うような場所にあります
「Patisserie Exquise(パティスリーエクスキーズ)」さん。

exquise01.jpg

ドアを開けると長いチャイムが鳴り、店主に客の来訪を告げます。
ゴールドと黒を基調とした店内は、女の子の夢が詰まったような
可愛らしくもラグジュアリーな世界。
パリの雑貨や小物、手づくりのミニチュアケーキなども所狭しと
飾られています。そして「オーレリー」よろしく「触らないで下さい」の
張り紙も一杯。ちなみに店内は撮影禁止です。

その空間にしばらくひとりで放置され、ややあってから店主である
パティシエール、浅見さんが奥から顔を出されました。

お隣にある老舗京料理「河久」のお嬢さんで「ミディ・アプレミディ」の
教室でケーキ作りを学んだ後渡仏、「ル・コルドンブルー」を卒業されて
なんちゃらかんちゃら…かなり立派な経歴をお持ちのようです。
すいません、今日は風邪気味でテキスト書くのんじゃまくさい(^_^;

この店主さんが相当独特なキャラだと聞いていたので
なかば怖いもの見たさで(笑)てっきり女ターミネーターみたいな
人を想像してたら、線が細くシャイな感じで年齢不詳っぽいけど
全然普通の人でした。
確かに愛想はゼロやったけど…ネットには大げさに書かれすぎ?

exquise02.jpg

購入したのはモンブランとシュークリーム。
かなりゆるくて崩れやすく持ち帰りが大変と聞いていたので、
バスはやめて電車で帰宅しました。
帰宅後箱を開けて、無事な姿を確認してホッ。

まずモンブラン。フランス産の栗を使ったマロンペーストはねっちりと濃く、
ラム酒もたっぷり。
その下の甘くないクレーム・シャンティとのバランスが秀逸です。
シャンティは甘くないぶん生乳の美味しさがしっかり味わえ、
また中に潜んでいる大きなメレンゲがサクホロで抜群に美味しいんです。

このメレンゲ!私が昔大好きだった「ペルティエ」の「プランセス・ベベ」を
もっと美味しくしたようで。

(「ペルティエ」の「プランセス」は大きくて真ん丸な形をしたメレンゲのお菓子。
そのミニサイズが「べべ」。関西では「阪神百貨店」のみ取り扱っていましたが
現在「ペルティエ」は阪神から撤退。お取り寄せもやってないようなので
食べようと思えば東京まで買いに行くしかありません。
しかも現在「べべ」はなく大きな通常サイズのしかないようです。
あのミニサイズが良かったのに…)

で・その大好きな「べべ」の高級版が美味しいシャンティとマロンクリームを
纏っている!これはまことに私を天国に誘ってくれる神スウィーツ…!

…のはずなんですが…非常に残念なことがひとつ。
某有名スウィーツブログでもご指摘されてたように、ケーキに
かなりきつい「冷蔵庫臭」がするんです。

一口目、マロンクリームを口に含んだ瞬間にまず感じるのが
その「冷蔵庫のニオイ」
その後からどんなに美味しいクリームや洋酒の味がやってきても
「んん???」となってしまう。
どんな安いケーキを買ってもここまでのにおいは感じません。

ケーキの美味しさだけで言えば「グルニエ」や「オーレリー」
そして「タンドレス」にも肩を並べるかも知れない実力なのに、
今ひとつ人気になれない理由は、店がわかりにくすぎるとか
店主さんが独特とかいうことではなく、この冷蔵庫臭につきるのでは?

あと、常温品のタルト類が飾り棚にむき出しのまま置いてあったのも
どうなのかなぁ…乾燥するやろうし、衛生的にも気になりました。

そんなこんなで、なんかいろいろ勿体無いお店です。
やはり他の一流店と同列には語れません。
むしろ他のお店のプロ意識の高さを改めて実感させられました。

職人のみに徹するならば、心を込めて美味しいケーキを作りさえすれば
それで終わりかも知れないけど、お店の主であるならばその後の仕事のほうが
もっと大事なはず。
きっちり商品管理をして、崩れないよう梱包にも注意を払い、お客さんに
可能な限り最善の状態で持ち帰ってもらい、「美味しい」と笑顔で
満足してもらうまでが仕事ではないでしょうか。

って、気がつけばものすげー辛口なこと書いてるけど…
でもケーキ自体が本当に美味しかっただけに残念で。

シュークリームは、ぱりっとした生地はよかったけどものすごく普通。
中のクリームがアングレーズソースのようにとろとろなんですが、
先のモンブランの一件で劣化のせいかと疑ってしまいました(^_^;
シュークリームなら、ここの半額ではるかに美味しい店が沢山あります。

「Patisserie Exquise(パティスリーエクスキーズ)」
京都市中京区木屋町三条上ル上大阪町518
12:00~売切れ次第閉店
不定休
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2017/10 (1)

2017/09 (4)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク