伏見ウォーキン

最近俄かにウォーキングマイブーム。
若い頃は1日10キロぐらい平気で歩いてたもんだけど
最近サッパリなので、ちょっと一念発起してぼちぼちと
再開してみました。
きっかけはまぁダイエット。4月から開始して1ヶ月でさくっと
3キロ痩せたはいいが、現在あっさり2キロリバ。

やはりダイエットの王道は地道にコツコツ以外ないようで。
「とれびあん」詣でに伏見まで歩いてみたのをきっかけに、
しばらく続けてみることにしました。
「あんパンダイエット」(1日1食をあんパンに置き換えるダイエット)
なんてものもあることだしうまく行けば一石二鳥?

東山から伏見に続く本町通りは北行一通の狭い道路で交通量も多く、
快適なお散歩コースとはいかないけれど、なかなか面白いお店も多いのです。

fusimi01.jpg

まずは東福寺近くの「上野酒店」。クリックで拡大。
伏見の地酒はもちろんのこと、こなもん好きなら知らぬ人はいない?
「ツバメソース」の特約店として有名なお店。
お試しのミニボトルセットもあります。
現在我が家は「こなもん禁止令」発令中につき当分おあずけですが。

fusimi02.jpg

こちら稲荷参道のすぐ北にある「小西いも」さん。創業50年!
クリックで拡大。

fusimi03.jpg

「ふたば」稲荷店。涼しげな麻の白暖簾がいい感じ。
もちろん「豆餅」もありますよ。

伏見の町は洛内とは一味違うパワフルな活気があって、
ツバメたちまでとっても元気。
この春は本当に寒くてツバメの姿もあまり見かけなかったのに、
この町のツバメはもう五月蝿いくらいに賑やかに歌いまくり、
元気に飛びまくっています。きっと暮らしやすいんだろうな~

ツバメの巣も、ものすごくでかくて四角く要塞のように堅牢そうで
エジンバラ城か?と思うほどです(笑

「プレザン」@高槻

晴天の土曜日。突発的に高槻に行ってまいりました。
最近やたら突発的行動が目に付く管理人。

高槻といえばJR駅前マンションが出来て以来発展目覚ましく、
駅周辺には美味しいお店がどんどん出来ているという噂。
評判の洋食屋さん「ジャンジャンブル」や「きんせいラーメン」も
気になるけれど、ここはやはりパンから攻め込んでゆきましょう。

present01.jpg

で・やって来たのはグリーンプラザ3号館近くにある
自然派パン屋さん「プレザン」。
駅周辺はキレイになったとはいえ、松坂屋方面は昔と変わらず
雑多でごちゃごちゃした雰囲気のまま。
案の定、駅を出た瞬間に迷ってしまい、駅前の周辺図と持参した
地図を照らし合わせて途方に暮れていると、ご親切なマダムが
声をかけてくださり、お店までの行き方を教えてくれました。
ありがとうございます~

「あの天然酵母のお店でしょう?」とすらすら教えてくださったので、
すっかり地元では人気店のようですね。

大通りを1本入った小路にあるとても小さなお店。
煉瓦造りの建物の向かって右手側部分が店舗で隣は美容院。
時間は11時半を過ぎたくらいでパンは揃っていましたが
お客は次から次へと来店、飛ぶように売れてゆきます。

ざっと見渡してみるとハード系、ベーグル、ベーグルサンドが中心で
ペストリー系はないものの、あんぱん、クリームパンなど
甘い系も少しありました。

present02.jpg

購入したのはチーズベーグル、クランベリーとホワイトチョコのスコーン、
クリームパン、クリームチーズとクランベリーのパン。
ショップカードによると、全てのパンは国産小麦、白神こだま酵母OR
自家製酵母使用、ナッツやドライフルーツも有機栽培されたものを使うなど、
身体に安全な自然素材にこだわり、「プレザン」という店名も「自然からの
贈り物」という意味が込められているようです。
素材へのこだわりと駅前という立地のためか、単価はけっこう高め。

present03.jpg

クリームパン。何気に買ったのですが実は看板商品みたいです。
ブリオッシュに生クリームとカスタードを合わせたWクリームを
後詰めしたタイプ。
午前中に売り切れるため「幻のクリームパン」と言われているとか。
確かに普通以上には美味しいと思うけれど、「幻」は些か大げさでは。
クリームはぽってりと滑らかで、ブリオッシュとよく合います。

present05.jpg

クランベリーとクリームチーズのパン。
くるみもたっぷりでこれは美味しい!
ハードなのにしっとりほぐれる生地が秀逸!
小麦の旨味と力強さを感じます。

present06.jpg

クランベリーとホワイトチョコのスコーン。
うんうん、これもイイ!
ホワイトチョコはあまり主張せず、こちらも生地の
口どけの良さが光ります。

present07.jpg

チーズベーグル。中にはチーズは入ってません。
購入当日に食べなかったので状態が変わっていると思いますが、
ベーグル特有の強い引きやもちもち感はなく、食感は
ベーグルというよりハードパン。しかしウマい。
次回はぜひ焼きたて状態を味わってみたいと思います。

飾り気がなく朴訥だけど良質なお店。
お店のおばちゃんふたりも結構愛想なしでした(^_^;
パンと同じで実直な生真面目さの現われかな。

もとは芦屋にあったお店らしく、2008年移転してきたとか。
神戸方面で商売してた人が大阪でお店を始めると、お客さんの気質の
違いにものすごく苦労する、と以前TVで空堀通りの「もなみ」の特集で
言ってましたが「負けて~な」攻勢にウンザリしてるんでしょうか?
先手を打って?雨の日は30円OFFとかやってるようですけど。

しかし今やすっかり高槻の顔的「愛されパン屋さん」として
定着しているようなので、もっと肩の力を抜いて長く営業してほしいものです。

実はこのお店の後でもう1軒、阪急の南東側にあるJという
パン屋さんにも寄ってみましたが、見た目と品数にこだわって
肝心の味はおろそか、デニッシュがすべて酸化したような味で、
フィリングも全く私の好みに合わなかったので割愛(^_^;

「プレザン」
大阪府高槻市上田辺町4-25-102
10:00~18:30(売切れ次第終了)
日・月定休 月一回不定休

アンネの薔薇…?

bara001.jpg

こんなおかしな気候にも負けず、今年も大丸ヴィラの煉瓦塀を美しく彩る薔薇。
仕事帰りに撮影していると、見知らぬおばぁちゃんが駆け寄ってきて
「これはアンネの薔薇ですか?」と尋ねられた。
そもそもアンネの薔薇が何か知らない私は「え?さぁ?わかりません」。

何でも蕾から開花するまでに色がどんどん変化してゆく薔薇らしいけど
この薔薇がそうかは不明。

それにしても大丸ヴィラ、何か有用な使い方を考えればいいのに
勿体無いねぇ。
管理人になって働きたいわ。

「croix-rousse(クロワ・ルース)」のサンドイッチ

えげつないくらい土砂降りの1日…
しかし!実はこういう日こそがパン屋さん巡りにはうってつけ。
何故なら客足が途絶えるせいで、いつもは巡り会えないパンに
遅い時間でも出会える確率大なのです。

croix06.jpg

で・前回の初訪問から間をおかずにやって来ました
「croix-rousse(クロワ・ルース)」。

croix07.jpg

読み、見事的中!
6時前に残っていた最後の1コ、クロワッサンサンド捕獲!
346円也。それからカレーパンにりんごデニッシュも。
他にも食パンやら甘いのんやらいろいろ、午前中並に
選び放題でしたよ~ん。

croix08.jpg

大ぶりなクロワッサンにレタス、チェダーチーズ、トマト、
ロースハム、ゆで玉子、そして画像ではわかりませんが
ポテトサラダがたっぷり!玉子の茹で具合も完璧!

うんうん美味い!具沢山で1個食べればお腹一杯。
スープをつければ充分に立派なお昼ご飯です。
この味とボリュームでオフィス街のお客さんの胃袋をがっちり
掴んでいるのも頷けます。

croix09.jpg

カレーパン157円。これはわりと普通かな。
焼きカレーパンなのでもたれないのがいいところ。

croix10.jpg

りんごデニッシュも普通に美味しい。
126円と安いのでついつい買っちゃう。

やはり「アトリエ・サンドイッチ」を謳ってるだけあって
サンドの美味しさが光ります。
もっと色々試してみたくなったので、やっぱ土日に出かけてみるかな。

「クロワ・ルース(Croix-Rousse)」
京都市中京区西洞院四条上る蟷螂山町468-4
シティーファースト105
11:00~19:00まで
木曜定休

「華祥」でランチ

土曜日。「久々にシャムでランチしよう」ということになり、相方さんと
車で出かけたものの、彼はどちらかというと「アオゾラ」に行きたい気分のよう。
で・急遽予定変更、11時過ぎに百万遍到着。多分11時半オープンだろうと
ダイコクで買い物をしてからお店に向かうと、オープン12時~…('A`)

30分以上待つのもかったるいので、ダメモトで「華祥」へ
向かってみると、丁度タイミングがよく第1陣がはけはじめた頃合で、
待つことなくお気に入りのテーブル席へ。

kasho12.jpg

私のオーダーは迷うことなく「白胡麻だれ冷麺」。
相変らずぷるぷるの翡翠麺の美しいこと!

kasho13.jpg

きくらげと麺、どちらがどちらかわからないくらい
食感が統一されています。ウママァ~~~。

kasho14.jpg

そして相方さんのオーダー
1日20食限定の「あんかけ焼きそば定食」!
ご飯と唐揚げ3個がつくとてもお得なセットです。

kasho15.jpg

これがもう驚愕の美味しさ!
大ぶりにカットされた茄子の素揚げ、たっぷりの白菜に豚肉、
海老などの具で固焼きそばが完全に隠れてしまうほど。

あんは具材のエキスがしっかりと回り、香ばしいコクが絶品!
固焼きそばはあんの熱でどんどん変わってゆく食感を
楽しめます。ふたりしてうまいうまいと一気食い。

うーん、この美味しさには完全にやられた!!
冷麺が最高だと思っていたのにさらに上回る美味しさに出会えるとは。

「華祥」のオーナーシェフ田口さんは、かつて東京の
高級北京料理店「華都飯店」で料理長をされていた人物。
現在この百万遍の小さなお店の大将として、お腹を空かせた学生たちのために
腕をふるって毎日美味しいラーメンを作っている姿は
本当にキラキラ眩しく耀いて見えます!

「華祥」
京都市左京区田中門前町32-2 百八ビル2F
昼 11:00~14:30
夜 17:00~22:30
水曜定休

「Liberte(リベルテ)」

2009年9月25日、寺町二条にオープンした新店「Liberte(リベルテ)」。
烏丸蛸薬師の「ヴァンセット・デュグレ」の系列店と聞き、
もうそれだけで期待が高まりました。
「ヴァンセット」は場所的にうちから少々不便であまり行かないけれど、
生地の美味しさ&値段のリーズナブルさで、私の中でかなり高評価の
パン屋さんです。

liberte01.jpg

オープン当初は混雑するだろうし落ち着いてから、と思っていたら
今頃になりました。今回が2度目の訪問。
しっとりとした寺町通りに、まるでずっと昔から存在していたように
溶け込んでいます。

ドアを開けると左手側がヴィエノワズリ(クロワッサンやバターリッチな
ペストリーなど)の棚、右手のテーブルにはバゲットやバタール、
セーグル系、そして正面のガラスケースにサンドイッチやタルト類。

甘いのもハードもバラエティ豊富で、この秋から冬にかけてオープンした
新店の中では最もパンの選択肢が多いお店かも知れません。

liberte02.jpg

この日はめちゃめちゃ暑い夏日の1日、そのせいか夕方にも
パンはけっこう残っていました。今回はセーグル中心に。

liberte03.jpg

ドライフルーツとナッツのセーグル。
しっかり硬い生地に、杏、レーズン、チェリー、胡桃などが
ふんだんに練りこまれ、かなりの食べ応え!

liberte04.jpg

こちらはちょっと変り種?
薄く延ばしたセーグル生地に刻んだブラックオリーブ、チーズに
アンチョビを乗せ、ふたつに折りたたんで焼いたもの。
ワインやビールに合いそうです。表面にかえでマークの柄がありますが
別にメープルとかは使ってません。

liberte05.jpg

おにぎりのようなかたち。白いちじくと胡桃のセーグル。
大きな白いちじくがざくざく入っていて、噛み締めると
種がプチプチプチ!と派手な音ではじけます。表面には「リベルテ」の「L」が。

今回のセーグル3種、いずれも具材は非常に美味しかったのですが、
生地そのものの口どけ感で言えばやはりクロアやプチメック、ペルケオなどの
名店にはかなわないかな~。
前回初訪問時に買ったクイニーアマンのようなペストリーに
りんごとカスタードをサンドしたものはとても美味しかったので、
ヴィエノワズリのほうが得意なのかも。

liberte06.jpg

チョコチップ入りパン・ヴィエノワ。
どっしりした生地はほんのりミルクが香り優しい風味。
以前に買ったオレンジピールと胡桃入り細長ヴァージョンも美味でした。

お値段はリーズナブルな「ヴァンセット」に比べると
1個180円~ぐらいからと少々高め。まぁ立地的に仕方ないかな。

2Fのカフェでイートイン可。
お昼にはランチタイムメニューも出来たそうです。
ご近所には「ル・ブション」「村上開新堂」「一保堂」など
名だたる名店が軒を連ね、いい感じに濃いエリア。
散策がてらに是非どうぞ!

「Liberte(リベルテ)」
京都市中京区常盤木町65-2
7:00~19:00まで 月曜定休
HP⇒

粒あんドーナツ@「都麗美庵(とれびあん)」

tresbien07.jpg

んなわけで出勤前リヴェンジ。早起きのパン屋さんはこれが出来るから有難いです。
今回「売り切れ」の張り紙はなかったものの、入店して左手のあんパン専用棚に
「あんドーナツ」の姿は見えず。
落胆しながらふと右手側の食パン、デニッシュの棚を見やると、
そちらにズラリと大量に鎮座ましますあんドーナツ様のお姿が。
思わず心の中で歓喜の悲鳴を上げました。

今回の戦利品はあんドーナツふたつ、前回と同じ足寄あんパン、
京の抹茶あんパン、そして一番後方の紙包みが今回お初の「あんバタ」
ここでの名前は「粒あんフランス」だったかな?
気をつけたつもりだったけど、やはり持ち歩き時間が長かったため
かなり潰れてしまったのが無念なり。
しかしこれだけ買って700円しないのは非常に良心的!

tresbien08.jpg

いざ実食!

tresbien09.jpg

粒あんドーナツ断面図。
本当はもっとふっくらしていたのにこの画像では美味しさが伝わるか…
本当に美味しかったです!!
店主さんが、お母さん(お祖母ちゃん?)の作ってくれたおやつの味を
忘れられなくて再現したという(ええ話や…)このドーナツは
とても素朴なんだけれどものすごく後を引く美味しさ。

菜種油と白絞(しらしめ)油をブレンドした揚げ油はさっぱりと軽く
風味があって、まったく胃にもたれません。
ジューシィなあんを包む薄皮はふっくらもっちり。
冷めてしまっても美味しいように計算して作られたというドーナツですが
レンチン20秒でほんのり温めてみるとやはり美味しさ倍増!!

tresbien10.jpg

そしてあんバタ~
大ぶりでしゅっとしたフランス生地自体がもう美味しそう!

tresbien11.jpg

オープン。
白っぽい色合いの粒あんがこってり、反対側には
マーガリンがたっぷり。カラダに悪かろうが何だろうが、
やはり「あんバタ」にはバターではなくマーガリンやと思います。

tresbien12.jpg

惜しみなく盛られた餡子。もう昇天…
フランス生地は、ソフトかと思ってたらけっこうハード。
クリスピーで軽く、ほんのり塩気があってめちゃ美味しい!
マンハッタン越えてます。

実は私、大学1、2回生のときこのお店の近所に下宿してましたが
このお店の存在を知りませんでした。
当時は「京都のパンとコーヒーは不味い」というのが定説の時代だったので
(コーヒーは今でもあんまり…(^_^;)パン屋さんを見かけても「入って買ってみよう」
という気は起きずただ通り過ぎていたのかも。

しかし創業は昭和42年とかなりの老舗。「都麗美庵」という屋号もその当時からだとしたら
時代的には相当ハイカラ、というかむしろハイブローですらあったかも。
そしてこのお店のパンの美味しさを表現するには、この「都麗美庵」という
名前をおいて他にない!という気すら今はします(笑)

tresbien13.jpg

(追記)お店のレジ袋。
何じゃこりゃ~な脱力系ですが…可愛い♡
実は亡くなった先代の似顔絵なんですって。

「都麗美庵(とれびあん)」
京都市伏見区深草一ノ坪町27-20
TEL 075-642-6840 6:00~17:30まで
月・第3火曜休

「都麗美庵(とれびあん)」のあんパン

土曜日の朝。猛然と「粒あんドーナツ」が食べたくなって
突発的に出かけてきました伏見稲荷。
そう、こちらは「京のあんパン専門店」と言ってもいいパン屋さん。

tresbien01.jpg

その名も「都麗美庵(とれびあん)」!

うむ、70年代ばりばりのネーミングセンス(笑)
とはいえここは伏見の超人気店。朝8時40分にはお店に到着したのですが
ご覧のように「あんドーナツ売り切れました」の張り紙が。
予約完売やったんかな。

しかし中には美味しそうなあんパンがいっぱい。
最近改装されたような店舗はモノトーン基調でなかなかシック。
細長い店内の両側にパンの棚があり、右手が食パンやデニッシュ、お惣菜系。
そして左手側はすべてあんパン!!

なんとあんパンだけで30種類はあり(常時並んでいるのは20種くらい)、
小豆も十勝、足寄、京丹波など様々、粒あんにこしあん、栗あん、紫芋あん
抹茶あんなどバラエティに富み、藤森神社の御神水を使ったものから「波動小麦パン」?
とかいう訳のわからんものまでありました。

tresbien02.jpg

そしておめざにゲットしたのが「足寄粒あん」と「京の抹茶あんパン」

tresbien03.jpg

「足寄粒あん」かなり大きくて餡子の重みがずっしり。
一口食べて「おぉ~…」と思わず声が。美味しい…!
そう、まさに「…」と余韻が後引く美味しさなのです。

tresbien04.jpg

珍しい「足寄産」小豆はとてもジューシィでこくがあり、
粒餡らしい野趣をしっかり残しながら、それでいてはんなりと優しい味。
こりゃマリーフランスにも引けを取ってない!

tresbien05.jpg

そして「京の抹茶あんパン」。
きれいな淡い若草色の表面は、パン生地の上からごく薄いクッキー生地を
かぶせて焼いてあります。

tresbien06.jpg

小豆の粒を練りこんだ抹茶あんは濃厚で驚くほど滑らかな舌触り。
そしてあんの中にはさくらもち味の白玉が1コ潜んでいます
(後日買ったものは普通の白玉でした)。
表面の穴からホイップクリームを詰めて仕上げにパウダーシュガーと
甘納豆をちょこんと。

洛内のパン屋さんでもなかなかここまで丁寧な仕事はしてませんね。
これは素晴らしい!

tresbien08.jpg

後日。しっかり捕獲してきましたえ~(つづく)。

「都麗美庵(とれびあん)」
京都市伏見区深草一ノ坪町27-20
TEL 075-642-6840 6:00~17:30まで
月・第3火曜休

「panscape(パンスケープ)」

panscape01.jpg

2009年10月20日、三条会商店街にオープンした
全粒粉パン専門店?「panscape(パンスケープ)」さん。
麩屋町三条の「Ha-Ha apartment cafe」の系列店やそうです。

このお店の特徴は何と言っても「粉」へのこだわり。
工房内の電動石臼で毎日自家製粉しているというからすごい。
これまで何度も前を通っていましたが、入店は今回がお初です。
例によって仕事帰りにしか寄れないので品薄でしたが…

狭くて細長い店内の右手側に甘いパン、正面には数種類のリュスティック、
そしてレジの左手のケースに大きめのカンパーニュ。
まず甘いパンコーナーをチラ見して「高っ!!」
とても小さなメロンパンが170円か180円。
杏やナッツを練りこんだコッペパンサイズのハードパンが320円くらい?

ボンボランテやペルケオ以上の強気価格に面食らいましたが、
リュスティック類は150円くらいとまぁまぁリーズナブル。

panscape02.jpg

で・ゲットしたのが黒糖とチョコチップのリュスティック。

panscape03.jpg

チョコチップざっくざく。
クラスト全体に小さな気泡がびっしりで期待大なビジュアル。

panscape04.jpg

中もこれこの通り!
そのままで食べた時には普通でしたが、アルミホイルに包んでトーストすると
びっくりするほどふっくらもっちり度が増します。

panscape05.jpg

こちらは黒糖。
天然酵母の酸味がいい感じで、全粒粉のざくっとした野趣も存分に堪能。

panscape06.jpg

こちらもトーストすると弾力倍増!
水分量も充分でさらりとほぐれる口どけも素晴らしいです。
粉へのこだわりだけでなく、発酵、焼成の腕も本物!

昨年秋以降にオープンした新店は岡崎の「ペルケオ」にしろ
寺町二条の「リベルテ」(近日更新予定)にしろ、高い専門性にこだわった
ハイレベルなお店ぞろい。
京都のパン屋さんはこうしてどんどん細分化されつつ、さらなる進化発展を
遂げてゆくのでしょうか?
小麦から収穫する店とか出来たりして…(滋賀県には実際存在します⇒)。

「panscape(パンスケープ)」
京都市中京区今新在家西町19
10:00~19:00まで 水曜定休
HP⇒

「華祥」

中華続きですが。
2度目の来訪となる「華祥」さん。
このお店に行くのは決まって寒い寒い雨の夜。
今回も20分くらい並びました。最近行列が苦にならなくなってきたな~

kasho05.jpg

狭い店内は学生や女性同士のペアなどで一杯。
今回は窓際のテーブル席に座ることが出来ました。
そして今回注文したのは、前回隣の席の男子が食べていた
「鶏葱中華そば」!

kasho06.jpg

醤油ベースの澄んだスープに沈むストレートな細麺は
しっかりとコシがあり、たっぷりとトッピングされた白髪葱、鶏肉と織り成す
ハーモニーは素晴らしく美味。
シンプルで余計な雑味が一切せず、何とも澄み渡った純度・透明度の高い美味しさです!
これはすごい、京都ラーメンの最高峰かも!!

kasho07.jpg

ラーメンとセットにした唐揚げ。
お箸で切れるほど柔らかい!

kasho08.jpg

そして点心。
見るからに愛らしい「胡麻だれの水餃子」

kasho09.jpg

肉厚でむっちむち!胡麻だれもとてもよく合います。

kasho10.jpg

そしてこちら。
前回気になってしょうがなかった「卵白あんかけチャーハン」。
通常のチャーハンに玉子の白身部分のみをふわふわにスクランブルして
オムライス状?にしたメニュー。
先日出かけた「七福家」にもあったので、上海料理の定番なのかな。

kasho11.jpg

パラリとしたチャーハンをふわふわの卵白が優しく包み、
何ともいえない独特な食感!
淡白なはずなのに妙にクセになりそうな味。
かなりボリュームがあったものの、最後まで飽きずに美味しく
いただけました。

「華祥」
京都市左京区田中門前町32-2 百八ビル2F
昼 11:00~14:30
夜 17:00~22:30
水曜定休

「上海家庭料理 七福家」

7fuku01.jpg

熊野神社の交差点から丸太町通りを東へ入り2筋目を下がった場所にある
「上海家庭料理 七福家」さん。
今回も「カフェ・ヴェルディ」店主さんのブログで
あまりにも美味そうな冷麺画像を発見し、ある日のランチに
行ってまいりました。

7fuku02.jpg

お目当ての冷麺には少々時期が早かったようで。
こちらも気になっていた「黒酢酢豚のランチ」をオーダー。
黒々としたたれのインパクトが強力!
おかず、ご飯、玉子スープにミニサラダ、ザーサイのセットで750円はお得!

7fuku03.jpg

黒酢のたれはかなり酸味が際立ってます。
日本人好みの甘さやマイルドさは加味せず、あくまで本場風。
私には正直かな~り酸っぱく感じられましたが、黒酢の香りがとても良く、
カラリと揚がった豚肉は柔らかで美味、野菜たっぷりなところも満足でした。

7fuku04.jpg

とろりとした玉子スープはベーコン入りでちょっと洋風テイスト

7fuku05.jpg

ミニ野菜サラダに

7fuku06.jpg

ザーサイ。これ美味し~!もっと欲しくなる!

7fuku07.jpg

そしてこちら。別の日の夜に相方さんといただいた
「酸辣湯(サンラータン)麺」あんかけ風。正式名称失念しました~

7fuku08.jpg

麺が唇に触れた瞬間に「うわっ!辛っ!!」と思ったもののいざ口に入れてみると
辛さや酸味よりも、香り高い中華スパイスの織り成す漢方薬膳のような
複雑な旨味にびっくり。かなり中毒性が高そうな一品であります。

7fuku09.jpg

透明でとろりとしたあんを全体にまとった「天津飯」。
麗しい見た目に違わず、とても柔らかく優しい味!

7fuku10.jpg

「山ぶどうのジュース」これは国産。
甘味はほとんどなく、穏かな酸味がKEAの「リンゴンベリー」に
少し似ていて中華によく合う!

7fuku11.jpg

ジャスミンティのポットサービス(無料)も嬉しい!

2006年オープンのまだ新しいお店。
上海出身の元気なお母さんと、スタッフの女の子も皆中国人。
厨房では中国語が飛び交ってエネルギッシュな雰囲気!
実際に出かける前は正直「町の中華めし屋さん」のようなお店を
想像していたので、この本場感にはいい意味で期待を裏切られました。

1Fはカウンター+小上がりにテーブル席ふたつ、2Fはお座敷なので
大人数にも対応できます。
家庭的な雰囲気で本場上海料理を気軽に楽しみたい方は是非♪

「上海家庭料理 七福家」
京都市左京区聖護院山王町25-11
昼 11:30~14:30
夜 17:00~22:00
水曜定休

「Croix-Rousse(クロワ・ルース)」

croix01.jpg

気がつけばオープンから早や2周年…
行こう行こうと思いながら、私の生活圏から微妙にハズれ
「わざわざ行く場所」にあるため、本日ようやっと初訪問と
なりました。
11時オープンで夕方には何も残ってない、というお店は
私にはちょっと縁遠いのです。

ビジネス街のど真ん中からやや外れ、ビルの谷間にひっそりと
隠れるように存在するお洒落なお店はそこだけパリの空気。
外観も中の様子も並べられたパンも、西院の「ONO」とどことなく似た感じです。

すっかり「サンドイッチの美味しいお店」として定着したようで
レシートにも「アトリエ・サンドイッチ・クロワ・ルース」と
印刷してありました。

croix02.jpg

お昼過ぎに出かけたのでサンドイッチのケースは
「売り切れました」の紙を残して既にすっからかん…
残っていたお菓子パンもけっこう品薄。
とりあえず抹茶マフィン、りんごのデニッシュ、カプチーノを購入。

croix03.jpg

デニッシュ生地をうずまき状にしてコーヒークリームをかけた
「カプチーノ」。中にもクリームが巻き込んであったかな。

croix04.jpg

りんごデニッシュはりんごのシャキ感がしっかり残り、底にうっすら敷かれた
カスタードとの相性もグー!パイ生地もさくさくで美味しいです。
表面のきれいな照り艶がフィルムと一緒にはがれてしまったのが残念。

croix05.jpg

抹茶マフィンは出来たてのようでほんのり温か。
生地はしっとり、抹茶の風味が濃くてとても美味しい!
底にたまった小豆も存在感がありました。
表面にトッピングされたクッキー生地がよいアクセントと
歯ごたえを加えています。

やはり人気は伊達じゃない、サンド以外もしっかり実力の味。
菓子パンは全体的に小ぶりですがお値段も安価。
5月15、16日は2周年フェアの企画があるとか?

「Croix-Rousse(クロワ・ルース)」
京都市中京区西洞院四条上る蟷螂山町468-4
シティーファースト105
11:00~19:00まで 木曜定休

奈良「ANNE-MARIE CAFE(アンヌ・マリーカフェ) 」

anne_m07.jpg

近鉄奈良駅から歩いてすぐの「ANNE-MARIE CAFE(アンヌ・マリーカフェ)」
連休中にリヴェンジなりました!
3月に食べ損なった「アフタヌーンティータイムセット」を今日こそは。

GWということと1300年祭が本格的にスタートしたことで、近鉄の駅も
すごい人。このお店も一杯ではないかと不安でしたが

anne_m08.jpg

ラッキーなことに3席ほど空席があり、一番奥の席に案内してもらいました。
今回も観光客らしき人の姿は見えず、地元のマダムたちで占められていたようです。

anne_m09.jpg

やってきました~~~夢にまで見た?「アフタヌーンティータイムセット」
何と見目麗しいヴィジュアルであることよ。

anne_m10.jpg

画像は上から時計回りにバナナケーキ、カットフルーツ、柚子シフォン、
アイス、チョコチップスコーン、それぞれの間に二口サイズのハムと胡瓜のサンド。
大きなプレートがどどーんと出てきたときには一瞬「完食できるか…???」と
思ったけれど、よく見ると中央のクリームとジャムがけっこう場所を占めていて、
ケーキも軽そうだしフルーツなら楽勝、ボリューミーなアイスがちと手ごわそうなだけで
何とかいけそう。

anne_m11.jpg

サンドイッチのパンはしっとり、バナナケーキは重いかな~?と
思った割には、底に沈んだバナナ部分以外はふんわりと軽くて
口当たりもよく、とても優しい味。

anne_m12.jpg

そしてさらに美味しかったのが柚子シフォン!
柚子ピールの香りがスポンジ全体によくまわり、口の中でふわっと消えてゆく
食感もナイス!
グレープフルーツにピンクグレープフルーツ、キウィに苺。
どれも甘さは弱めで酸味が強く感じられました。
たまたまなのか、甘いケーキのお口直しのためのチョイスなのか、
はたまた私の舌が勝手にそう感じただけなのかは不明ですが。

anne_m13.jpg

チョコチップ入りのスコーン。温められた状態で出てくるのが嬉しい。
こちらもしっとりした口当たりがとてもいいです。

anne_m14.jpg

クリームとジャムがあまったのでケーキとセットしてみましたよ。

正直ひとりで食べきるにはかなりのボリュームでしたがどうにか完食。
残してしまった場合でも基本お持ち帰りNGなので、完食に自信のないかたは
二人で行って分け分けするのがよいですね。

それにしてもこのセットにコーヒーか紅茶がついて1260円はお得!
京都市内にもイングリッシュティールームはいくつか
あるにはありますが、アフタヌーンティーセットでこの価格は
実現できないな。

このお店や、大阪の「西洋茶館」「メリルボーン」などのように
気軽な感じの英国風カフェが京都にはなくて、けっこう本格的で
お値段も高め設定になってしまうのが残念なトコであります。

「ANNE-MARIE CAFE(アンヌ・マリーカフェ)」
奈良市東向北町10番 TEL 0742-22-8907

営業時間 平日   
8:30~19:00(L.O.18:30) 
土・日・祝
9:00~18:00(L.O.17:30)
定休日 不定休
HP⇒

播磨屋ステーション2・「ユーロの風」

さて、タダでおかきをいただいて帰るのも些か気が引けるので
こちらをおみやげに買って帰りましたですよ。

harimaya08.jpg

シックな茶色の箱入りチョコレートおかき「ユーロの風」5本入り500円也。
会員になったので(←なったんかい!(;゚Д゚))5%オフですよん。

harimaya09.jpg

程よく塩気のきいた厚焼きおかきにビターチョコ。
これがもうめっちゃめちゃ美味!!
ビターチョコのカカオがとても濃厚で、おかきのほんのりした
塩気としっかりした歯ごたえにピッタリ、そのハーモナイズ度が秀逸です。

また表面にまぶされたクラッシュアーモンドも絶妙で、
全体の味をひとつにまとめて統一するのに一役買っています。

この手のお菓子の先駆けとしてロイズのポテチチョコがあるけれど、
あっちは甘~いミルクチョコとしょっぱすぎるポテチの組み合わせが
くどすぎるし、何よりチョコとポテチが口の中でばらばらに主張しあうのがイヤ
(なのに食べ始めると手が止まらなくなるのはちょっとした屈辱感)。

「ポテチの塩気を控えめにして、ミルクでなくビターチョコに
してくれれば好みなのに」とずっと思っていましたが
これはそんな私の希望をまさに叶えてくれたような味。

ちゃんとはじっこ部分にチョコを塗らず指でつまめるようにしてくれる
気遣いもウレシイところ。
日々電波文の作成に邁進しつつも、美味しいおかき作りには
手抜きなし、やはり助次郎は只者ではない。

姉妹品のホワイトチョコがけ朝日あげ「ユーロの星」とともに
11月~4月までの期間限定商品です。
通年販売熱烈希望!!
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
最近のコメント
Categories
月間アーカイブ

2017/08 (8)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク