今年もこの季節

おかしな天気が続き、いまいち季節感のつかめない今日この頃ですが
気がつけば今年も折り返し地点。
鬱陶しくてムシムシするこの季節の暑気払いといえば「冷麺」
そして冷麺と言えばやっぱりあのお店!

sakai14.jpg

新大宮商店街「中華のサカイ」本店さんです。

sakai15.jpg

このお店の代名詞でもある「冷麺」
ぷるんぷるんの太麺は弾力が素晴らしく、口の中で弾むよう。
ほどよい酸味が心地よい秘伝のたれはとろりとまろやかに
太麺に絡みます。
最近すっかり「華祥」の冷麺に浮気してますが時折発作的に
食べたくなる一品。

…と紹介しといてナンですが、実はここの冷麺、明らかに
「夏以外の季節」のほうが美味しいんよね~(^_^;
夏場のかきいれ時などは麺も作り置きっぽいし、スープの味も
雑やねんもん。ていうか、夏場はスープ、濃くしてない?

sakai16.jpg

冷麺以外もダイジェストで。
こちら「天津飯」
「かな」のスタッフの男の子が強くオススメしてくれた一品。
とてもまろやかな優しい味で、どちらかというと女性向きかな?
まろやかすぎてもひとつパンチが欲しいところです。

sakai17.jpg

「麻婆丼」
こちらもまろやか~。美味しいことは美味しいのですが
味が平板で少々物足りないかな…

sakai18.jpg

「ジャージャー麺」
たけのこ入りですがあんは明らかに上のやつと同じ(^_^;
こちらははっきりイマイチでした…

やっぱり冷麺だけが異様に飛びぬけてます。
あとオススメはオムライスと焼き飯!
本格中華の一品ものも色々あるので、徐々に試してみたいとこです。

sakai19.jpg

食後のメロンソーダ。
何故中華めし屋にメロンソーダが???
実はこのお店、もともとのスタートは喫茶店やったそうです。
お客さんのリクエストに応えてメニューを増やしていったところ、
結果的に今の中華屋さん形態になったのだとか。

ノスタルジックな色合いと、昭和の頃から変わらぬ懐かしい味。

sakai20.jpg

コーヒー。いたって普通の喫茶店のコーヒーです。
だがそれがいい。このお店でヘンに美味しいコーヒーとか出されたら
逆に「違う!」と感じてしまいそう(笑

何だかんだ言ってもこの夏も結局ヘビロテしてしまうことでしょう。

「中華のサカイ」
京都市北区紫野上門前町92
11:00~22:00まで
月曜定休(祝祭日は営業)
HP⇒

「Bielle(ビエル)」

13日日曜日。
この日は叡山電車の車内で左京のパン屋さん10店が集い
車内販売を行なう「左京ワンダーランド」という夢のようなイベントが
あったのですが、大阪で大切な用事があり、どうあっても時間が取れず。

それならば…よしゃ、せっかく大阪まで出ることやし、かねてより
気になっていたあの店に行こう!
そしておけいはんを途中下車し、やって来たのは香里園の
「Bielle(ビエル)」さん。

bielle01.jpg

香里園駅7番出口を出て線路沿いに進み、踏切を背にして
「ダイエー通り商店街」を西に向かって歩くこと6.7分。
前日の晴天とはうって変わって雨風がきつく肌寒い日。
傘を飛ばされそうになりながらのヨロヨロ歩きで
思った以上に距離を感じる。
商店街の途中に「タルトコさん」のポスターを見かけましたが
寝屋川の出身なのね。

右手にマンション(もとダイエー)を見ながら信号を渡って
たこやき屋さんとサラダ館の間の細道を左に行けばすぐ。

岸辺の「ル・シュクレ・クール」出身の
パン職人さんが2010年1月9日にオープンしたばかりのお店。
シュクレから独立されたお店としては、ここが第1号とのことです。

bielle02.jpg

ワクワクしながら入店。グリーンがテーマカラーかな?
外観はそこそこ広そうに見えますが中は3人も入ればきつきつ
(そのかわり厨房部分が大きい)。
お店の許可を取って撮影させていただきました。
クリックで拡大します。

bielle03.jpg

パンは対面販売形式。
ご覧のように、ハード系がほとんどであとはヴィエノワやリュスティックに
カスクルート。クロワッサンやヴィエノワズリーはありません。
ぱっと見同じような顔のパンが多く、説明書きも小さくて読みづらいし
選んでいる間に店員さんがトレイとトングを持って待ち構えているので
あまりじっくり選べる感じじゃありません(^_^;

とりあえずササッと選んで買ったけど、自分でこの画像を編集していて
「あ、こんなパンあったんや、買っといたらよかった!」と軽く後悔も。
クリックで拡大します。

bielle04.jpg

戦利品ズ。なんか余計なものも映りこんでますが。
リュスティックハーフ(このでかさでハーフ!)に
ミエル、ヴィエノワ・ナチュールにヴィエノワ・ショコラ。

リュスティック、ヴィエノワは安価で、ハード系はすこし高めです。
レシートにはちゃんとパン個別の名前が入っているのが好印象!

bielle05.jpg

リュスティックとミエル。
リュスティックは焼きたてで、紙の袋に入れてくれました。
電車の中でパンの袋からそれはもういい香りが漂って、
乗り合わせた人は皆おなか空いたんじゃないでしょうか?w

bielle06.jpg

リュスティック断面図。
ミキサーではなく手ごねしているという生地は
座布団のようにふっかふかでもちもちしっとり。
お惣菜でもジャムでも、どんな素材にも自然に寄り添ってくれそうな
とても優しく穏かな味。

bielle07.jpg

そしてこのお店の代表作?「ミエル」
見るからにオーラを感じるヴィジュアルです。

bielle08.jpg

断面。カットすると胡麻の良い香りがふわぁっと立ち昇ります。
胡桃もぎっちり。
「ミエル」とは「蜂蜜」という意味ですが、何と言っても
「胡麻が主役!」という感じ。
表面はがっしりハードでもクラムの保水率は充分。
…というか中央部分が生焼けのように「にちゃ~っ」となってるのですが
どのブログを読んでもそう書いてあるので、きっとそういうパンなのでしょう。
お腹も壊さなかったし大丈夫(^_^;

翌日に食べてみると、購入当日よりいくぶん生地が落ち着いた気がしました。

焦げる一歩手前までがっつり焼きこまれたからこそのコクと深みを感じ、
胡桃の食感もホクホクして、一瞬栗かと思うほど。
独特な食感も込みで、非常に病みつきになりそうなパン。

リュスティックの穏かさとは対照的で、パン全体が「どーだ!」と
主張してくる感じ。好き嫌い分かれそうですが、私はものすごく好み。
とても腹持ちがよくて、お昼に半分食べたら夜までお腹一杯でした。

bielle09.jpg

そしてヴィエノワ・ナチュール。
通常のヴィエノワよりクラストがぱりっとして引きがあり、クラムもみっしり!
今回購入したなかで、最も生地の美味しさが堪能できました。

bielle10.jpg

おしまいにヴィエノワ・ショコラ。
甘いパンがほとんどないこのお店で唯一のおやつパン。
風車のようなかたちが可愛いです。

bielle11.jpg

ベルギー産の香り高いチョコチップがみっしり。

久々に「濃い」パンを堪能できました。
おけいはん沿線のパン好き住民は「もう岸辺まで行かんでもええ」と
喜んでる人多いんじゃないかな?
でもこっちはクロワッサンないし、何より本家は店主さんの個人的ファンが
多そうだから、あまり影響ないかな。

かくいう私はまだ一度も岸辺には行ったことありません。
本格的に暑くなる前に一度詣でておくべきか…

「Bielle(ビエル)」
大阪府寝屋川市寿町49-10
月・火・金 10:00~19:00まで
土・日 7:30~19:00まで
水木定休

「Du levain(デュ・ルヴァン)」実食編

dulevain06.jpg

近江八幡のパン屋さん「Du levain(デュ・ルヴァン)」実食編です~
ベーグル2種と甘栗のリュスティック、田舎風スコーン(ミックスフルーツ)
チョコチップのプチパン。

dulevain07.jpg

まずはイチオシ「粒あん抹茶ベーグル」!
いい感じの焼き色のついた表面をけし粒が飾っています。

dulevain08.jpg

パリッとハードなクラストはむぎゅうぅ~っと強い引きがあり、
もっちもちのクラムの弾力も抜群で、皮パリ中ムギュ系のお手本のよう!
程よい甘さの粒あんと抹茶のほろ苦さも絶妙のバランス。
ベーグルがイチオシと聞いていたものの、正直ここまでハイレベルとは
思っていませんでした。
個人的には高槻の「プレザン」越えてると思います。
今まで食べたベーグルの中で一番好きかも。

dulevain09.jpg

こちらはスタンダードなシナモンアップル。
本当に生地が美味しくて、小麦の旨味を堪能できます。

dulevain10.jpg

りんごの甘煮もしっかりシャキ感が残って美味し!

dulevain11.jpg

甘栗のリュスティック。
断面は撮り忘れましたが大ぶりの栗の渋皮煮がごろんごろん
入っています。
買った翌日に食べたので水分が抜けたのか、食感は普通のパン。
当日食べてたらもっともっちもちだったかもな~
それでも充分美味しかったですが。

dulevain12.jpg

こちら「田舎風スコーン」
ノーマルとフルーツ入りがあり、1個だけ残っていた
フルーツ入りを購入。
後で知ったのですがこのスコーン、ベーグルに負けないほどの
人気者で、予約なしに買えるのは珍しいとか。
どこまでもラッキーでした。

dulevain13.jpg

フルーツは思ったより少ないですが、生地が美味しい!!
さっくりしっとりほろほろウマ~~~
ベーグルが美味しいお店ってスコーンもセットのように美味しいよね~

dulevain14.jpg

チョコチップのプチパンは正式名称失念。
こちらはチョコざくざく!

dulevain15.jpg

生地はベーグルのようにむにゅ~~っと強い引きがあり
小さいけれどインパクト大!

うら若い女性店主さんはとても気さくで素敵なかたで、
「来てよかった!!」と嬉しい気持ち一杯でお店を後に出来ました。
近江八幡の大オススメ店!

やはり「たねや」を有する近江は食のレベル高いです。
「壱製パン所」も気になるな~

「Du levain(デュ・ルヴァン)」
滋賀県近江八幡市出町429-3
9:00~19:00まで 日曜定休
HP⇒

「Du levain(デュ・ルヴァン)」@近江八幡

dulevain00.jpg

大好きな街・近江八幡。
そこにベーグルの美味しいパン屋さんがあると聞きつけ、
今回も車でお連れ頂きました。Hさん、いつもありがとうございます!

dulevain01.jpg

場所は出町の交差点をすこし西に入ったところ。
大通りの南側で「サガミ」といううどん屋さん?のはす向かいあたりです。
ご覧のように、とても可愛らしい外観の一軒家。

dulevain02.jpg

そして中に入るとバラエティ豊かなパンが総出でお出迎え~!
お店の許可を得て撮影させていただきました。
以下の画像はすべてクリックで拡大します。

dulevain03.jpg

ナチュラルな一枚板の天板の上には、ハード系やペストリー、スコーン、
そしておなじみの甘いパンも沢山で目移りしまくり。

dulevain04.jpg

そして左手側の棚にもこれまた美味しそうなパンたちが。
時刻はすでに夕方でしたが、ベーグルも3種類残ってました。
「いつもはこんな時間まで残ってないんですよ~」と店主さん。
この日はものすごく蒸し暑い夏日だったので、売れ行きが
いつもより悪かったようで、私にとってはめちゃラッキー。

dulevain05.jpg

持ち帰った面々。
アップルシナモンと粒あん抹茶ベーグル、栗のリュスティック、
田舎風スコーン(ミックスフルーツ)、チョコチップの入ったプチパン。

個々の感想はまたのちに!

「Du levain(デュ・ルヴァン)」
滋賀県近江八幡市出町429-3
9:00~19:00まで 日曜定休
HP⇒

「今井食堂」

本日の気温32℃。
歩いているだけで額に汗が滲むけど、湿気はなくて風が心地よい
お散歩日和?
5ヶ月前の厳寒の時期以来の上賀茂再訪。
今日の目的はこちら「今井食堂」さんです。

imai01.jpg

お店の前に車がデーンと止めてあり、このような冴えない画像しか
撮れませんでした(^_^;
暖簾も上ってないし「モランボンの隣」という事前情報がなければ
辿り着けなかったかも。

imai02.jpg

この日は入り口開けっ放しでオープンエア感。
11時半頃入店すると、先客は5、6名。
細長い店内は両側の壁づたいにカウンターがしつらえてあり、
皆一斉に壁のほうを向いたまま黙々と食事をしております。
これが噂に聞いていたあの光景か、となんか嬉しくなったりして。
一番出口に近い席に陣取って、お店全体の雰囲気を堪能。

imai03.jpg

注文したのはもちろん「鯖煮定食」680円。
オーダーを受けてすぐに出てきます。
大盛りのご飯、お味噌汁にお漬物、そして大ぶりの鯖煮3切れ。

imai04.jpg

煮汁を継ぎ足しながら3日間煮込まれたという鯖煮。
ステンレスの皿もいい味出してます。一口ほおばって

うんまっ!!

食べロ○などの感想ではよく「柔らか~い」などと書いてあるけど
実際はみっしり、どっしりと身がしまり、重厚感すらあります。
そして骨はしっかり煮込まれてきれいに溶けているのでとても食べやすい。

これほど黒々としているのに、煮汁はむしろマイルド。
いやな辛さやくどさは全くなく、熟成された醤油の豊かなまろやかさが
際立ちます。
ご飯は普通でした。しかし付け合せのお味噌汁と漬物が美味しい!
大きなお椀にたっぷり入ったお味噌汁はしっかりと出汁の味がきいて、
半月切りの大根がざくざく入っています。お揚げさんもいいアクセント。

imai05.jpg

一巡目のお客さんが一斉に去った後。
滅多に撮れないショットかも。

「今井食堂」
京都市北区上賀茂御薗口町2
月・木~日 11:00~15:30頃まで
火 11:00~15:00まで

実質ダウングレード…

今熊野のサンプラザがある日忽然と閉店してしまい、
跡地にほぼ居抜きのようなかたちで大国屋が出来ていた。

大国屋といえば昔こそセレブイメージのスーパーであったけど、
今やあちこちに出来すぎて、その大半が使えないお店(特に今出川新町店の
終わりっぷりは酷い)。今更何のありがたみもない。
何より困るのはサンプラザ時代の精肉店がなくなってしまったこと。
あそこの鶏団子は絶品で、冬場のおでんやお鍋に欠かせなかったのよー。

とりあえず開店セールはいろいろ安かったので行ってみた。
が・特筆すべきことゼロ。
サンプラザ時代はレジの右手に安くて美味しい巻き寿司があったが
それも別の総菜屋になっていて、安さにつられ買ってみたけど
…巻き寿司めっちゃマズ。米がマズいー。

今熊野は20年くらい前までは活気ある下町の商店街だったけど
今や立派なシャッター商店街。
こんな地味で小さな町に大国屋、フレスコともう1軒地元の
スーパーが密集してるのはどう考えても不自然で、
共倒れにならなきゃいいんだけど。
なんしかこれ以上廃れてほしくないもんで。

「panscape(パンスケープ)」の甘いパン

自家製粉の全粒粉にこだわったパン屋さん「panscape(パンスケープ)」。
リュスティックやハード系、食パン、サンドイッチなど幅広く
カヴァーしていますが、私が最近特にお気に入りなのは「甘いやつ」。

panscape14.jpg

先日初めて購入してすっかりハマッた「シナモンロール」
全粒粉特有のざくっとした見た目だけでも、もうそそられまくり。

panscape15.jpg

今回は断面も抜かりなく(笑
一見ぱさついて見えますが食べてみるとしっとり繊細。
レーズンのように見える部分がシナモンフィリング。
ここが思い切りよくガツンと濃くてイイ!

panscape16.jpg

パン棚の上でお行儀よくかしこまった姿が可愛らしかった小豆ロール。
座布団のような四角い姿は和のイメージでしょうか?

panscape17.jpg

切ってみると本当に和菓子のよう。上部と下部に小豆たっぷり!
小豆の甘さは控えめで上品ですが、しっかり野趣があってかなりの存在感。
生地にも小豆パウダーが練りこまれているでしょうか?
しみじみと滋味を感じる美味しさ、シナモンロールと同じくらい
気に入っちゃった。

panscape18.jpg

画像追加。メロンパンです~
さっくさくのビス生地が香ばしくて美味しいけれど、
ちょっと期待が大きすぎたのか割と普通だったかな…

「panscape(パンスケープ)」
京都市中京区今新在家西町19
10:00~19:00まで 水曜定休
HP⇒

「panscape(パンスケープ)」

panscape07.jpg

前回の初訪問にてリュスティックの美味しさにすっかりハマり、
気がつけば今日も今日とて行ってまいりました
三条会の「panscape(パンスケープ)」!

panscape08.jpg

3人も入れば一杯の狭い店内、夕方というのにお客さんは引きもきらず。
今回の戦利品はクランベリーとオレンジのリュスティック、
パン・ド・セーグル、そしてシナモンロール。

panscape09.jpg

まずはクランベリーとオレンジのリュスティック。
袋から取り出すと、小麦の香ばしい香りがふわっと立ち昇ります。

panscape10.jpg

断面。ドライフルーツの量は控えめで、あくまでも生地そのものが主役。
中心部分ほどきめが細かく、クラストに近いほど気泡が大きいです。
この質感がふっかりもちもちした弾力の決め手かな。
サンドにしたりお食事パンによさげなんだけど、やはり単体で粉の旨味を
存分に堪能するのがマイベスト。

panscape11.jpg

コーヒービーンズのようなかたちの「パン・ド・セーグル」小サイズ。
見るからに顎が疲れそうな風貌ですが、こちらも水分たっぷり、
しっとりしてて食べやすいのです。

panscape12.jpg

断面。画像ではそうでもないですがドライフィグが
けっこう塊で入ってます。

panscape13.jpg

そして今回特筆すべきは何と言ってもこの「シナモンロール」!
てっきりハードだと思っていたのでソフトな感触にまずびっくり。
そして生地自体に砂糖が加えられ甘いことにも2度びっくり。
このお店に「ソフト&甘い」はないと勝手に思い込んでいたので
(でもクリームパンやメロンパンも売ってるので別に不思議はないんだけど)。

そのような意外性をつかれた上に、本当に美味しくて3度びっくり。
シナモンパウダーと砂糖が練りこまれた生地はふんわりと優しい柔らかさ。
そして生地に巻き込まれたシナモンフィリングには濃厚なパンチがあり、
チャーミングな甘さと渋いスパイシーさの塩梅が絶妙です。
まさに大人のためのおやつ。

めっちゃめちゃウマー!!

現在のところ、このお店のラインナップの中で一番気に入りました!
うまいうまいと食べてしまって断面図なし。

「panscape(パンスケープ)」
京都市中京区今新在家西町19
10:00~19:00まで 水曜定休
HP⇒

2010左京ワンダーランド

というイベントが、先月より1ヶ月に渡って開催中。

http://sakyowonder.blog82.fc2.com/blog-entry-42.html

6月13日(日)は左京のパン屋さん10店が集結し叡電車内でパンや
チャイの販売があるとか?
好きなパン屋さんばっかりだ!でも行けね~!
行かれるご予定の方は、ぜひ後日レポしてください!
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
最近のコメント
Categories
月間アーカイブ

2017/08 (9)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク