「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」

雨の日曜日。
久しぶりに大阪に行ってきました!

とある集まりに参加して、お茶会の後で帰りに「三越伊勢丹」へ。
日曜日とはいえかなり激しい雨の夜、オープン当初の混雑も落ち着いた
店内は空いていてゆっくりと見て回ることが出来ましたよ。

hollandische01.jpg

で・今回のお目当てはこちら!
「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」の
バウムクーヘンにございます。

hollandische02.jpg

以前は東京でしか買えなかったこちらのバウム。
日本では2店舗目かな?
ドイツはハノーヴァーのお店で、店名は「オランダ風のカカオのお店」
という意味。

国立ドイツ菓子協会が設定したバウムクーヘンの定義
(原料の比率が小麦粉(1):バター(1):砂糖(1):卵(2)
でなければならないという品質基準)、バター以外の油脂は使用しないこと、
ベーキングパウダーは使用しないこと…

などなどの基準を満たした、由緒正しき正調バウム。

hollandische03.jpg

バウムは何種類かありましたが、今回購入したものは
お店で切りたて、賞味期限当日以内のSサイズ。

hollandische04.jpg

開封すると、フレッシュなバターとラム酒の香りがふんわりと。
はじっこの年輪がはがれかかっているのも新鮮さの証?

hollandische05.jpg

この切りたてバウムはまわりにフォンダンがかかってないようです。
買ったのが夜で、持ち帰りが遅くなって当日食べるのは無理だったので
開封したのが翌日の朝。
なのでフォンダンが生地になじんじゃったのかな?
バニラビーンズの粒粒が確認できますね。

hollandische07.jpg

ナイフを入れると、生地はけっこうどっしりしています。
ですが、口解けは驚くほど軽やか。
ベーキングパウダーを使用せず、別立てしたメレンゲの力で
膨らませているためでしょうか。

どっしり力強い質感としっとり、ふんわり滑らかな食感が同居した、
何とも心地よい口当たり!

hollandische08.jpg

そして玉子と粉とバターの美味しさが、優しくまろやかに、
そしてパワフルに迫ってきます!
表面にうっすらと刷かれたラム酒の風味も素晴らしい!

これは間違いなく最高峰のバウム。
伝統のドイツ菓子の誇りを見せつけられた思いです。
禁を犯して購入翌日食べちゃってもこの美味しさ、
当日食べたらいかばかりか。

というわけで再訪決定、また買いに行かなくては!!

「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」
大阪市北区梅田3-1-3 JR大阪三越伊勢丹 B2F
10:00~20:30まで

「祇園饅頭 工場」

gionmanju07.jpg

東山三条。白川橋を西に入ったところにひっそりと

gionmanju01.jpg

そのお店はあります。
祇園四条の南座すぐ西にある和菓子屋さん「祇園饅頭」の工場直売店。

gionmanju02.jpg

工場といってもこのようにちゃんとお店の姿をしています。
でも中を覗くとほんまに工場なんやけどね

gionmanju03.jpg

椿餅をふたつ購入。
道明寺でこしあんを包み、上下に椿の葉をあしらったお菓子。

gionmanju04.jpg

艶やかな透明感のある道明寺からこしあんが透けて見え、
ほんのりと椿の葉の香りがお餅に移ってとても上品。
1個150円。このお店のお餅は大体平均150円のようです。

直売店と言っても、お値段的には本店と変わりません。
ただね、やはり作りたては鮮度が違います。
餡子も道明寺も瑞々しく、ピチピチの新鮮さ!

祇園四条の本店は何となく観光客向けな気がして
今まで一度も買ったことないけど、こちらの工場のほうは
これから贔屓にするかも?

gionmanju05.jpg

白川沿いの道は昔から大好き。
大昔、このあたりにチャイとカレーが美味しいお店があったんですよ。
店内でタロット占いもしていて、よく占ってもらいました。
知ってる人いるかな~?

gionmanju06.jpg

爽やかな日差しの9月の1日。
そう、まだまだ9月の記事が溜まっているのだ。

「祇園饅頭 工場」
京都市東山区三条通白川橋西入大井手町103
10:30〜19:00頃まで

「キッチン・ゴン」本店

gon01.jpg

これも夏頃の記事。
たまたま近くに用事があって、歩いている時に見つけました。

入店してみると鰻の寝床の店内は長いカウンター。
奥にはテーブル席があったようです。
通し営業で、微妙な時間帯だったにもかかわらず
お客さんはけっこう一杯。
一人で来ているご近所さんがメインな感じでした。

gon02.jpg

「キッチン・ゴン」といえばその代名詞は「ピネライス」
でもこの日はあんまりカレー気分じゃなかったので、
Aランチを。

エビフライにハンバーグ、ポテサラにトマト、キャベツ、スパゲティ。
典型的な「昭和の洋食」です。

gon03.jpg

ん、美味しい!
エビフライはきれいな油でカラリと揚がり、しっかりと
身もしまってプリプリ。

そしてハンバーグは大きさも形も玉子にソックリ。
小さいのだけど厚みがすごくて、おそらくフライパンで焼くのではなく
揚げてあるのではないかな?
お肉はみっしり、デミソースも濃厚で美味しい。

ものすごい感動とかはないんだけど、キチンと丁寧に作りこまれた味がします。
安心して食べられる美味しさ、というのかな。

カウンターの向こうがオープンキッチンなのですが
スタッフさんは大勢いて、お客さんが来るたびに元気な声が響き渡ります。
予約の電話もじゃんじゃん鳴っていたし、盛況ですね~

ガイドブックに載ることも多い人気店ですが、基本「地元で長年愛されてきたお店」。
人気と裏腹に味が落ちてしまう店が多い中、決して驕らず、料理の味もブレることなく、
チャラチャラと浮わついたりしない感じ、とっても好感度大!でした。

帰り際に、入り口近くに座っていたマスターが「おおきにぃ~」と
何度も行ってくれたのが印象的。

今度は2号店にピネライス食べに行ってみよう。

「キッチン・ゴン」
京都市上京区下立売通大宮西入浮田町613
11:00~22:00まで 無休

「上海家庭料理 七福家」

時代祭りは雨天順延…で本日に。
あの程度の雨で?今日はお出かけなのに道が混んだらヤだなー、
とそれだけが心配なのだ。

7fuku01.jpg

さて先日の連休、パーキングが軒並み満車で行けなかった
「七福家」さんにあらためて夜ごはんリヴェンジです。

7fuku28.jpg

こちらはお昼のランチ定番の「黒酢酢豚」
夜は少々割高なんだけど、相方さんはどうしても
食べたかったらしい。

7fuku29.jpg

美味し~~~い!!
以前ランチで食べたときも美味しかったんだけど
その時は黒酢の酸味が結構キツいな~と感じました。

それが今回はとてもまろやかで甘味があり、玉葱はシャッキリ、
豚肉はとろけるよう。絶品です!

7fuku30.jpg

我らの定番、五目汁蕎麦。

7fuku31.jpg

溢れんばかりの具材と滋味溢れる野菜スープ。
これ食べたら病気の人も一気に元気回復しそう!

7fuku32.jpg

この細麺にまろやかなスープがしっかり絡み…

7fuku33.jpg

こちらはお初。期待の担担麺!

7fuku34.jpg

一口、スープをすすると甘い!
紹興酒でしょうか?とてもコクのある甘味がまず
やってくるんです。
そして10秒後にヒリリとする辛さが。

何て独特なんでしょう。
さまざまな香辛料が複雑に絡み合った奥深い美味しさは
まさに薬膳!!

そして不思議なことに、冷めた後にスープを飲んでみると
最初の甘さが消えていてすぐに辛さがやってきました。
どうなってるんでしょ。ともあれ病み付きの美味しさです!

7fuku35.jpg

紹興酒もホットで。ザラメをたっぷり入れて。

7fuku36.jpg

締めの焼き飯!!

7fuku37.jpg

ん~~、これも美味しい!
とても香ばしくパラリと炒められ、具材の美味しさがご飯に染み渡ってます!
今後の定番決定!

いよいよ観光のハイシーズンに突入。
昨夜の土ワイは京都観光案内の旅番組のようでした。
季節は夏だったけどね…さらさ西陣でロケしてましたね。

そしてお昼のハイヒールモモコの番組でまたしても
ガスパールが紹介されたらしい。
何でも内野シェフがスタジオでスープ・ド・ポワソンと
オニオンスープらあめんを作ってたんですって。
こりゃ当分行けないわ…

ぎょくえんさんの行列も、相変わらずです。

「上海家庭料理 七福家」
京都市左京区聖護院山王町25-11
昼 11:30~14:30
夜 17:00~22:00
水曜定休

「松屋常盤」の栗きんとん

mtytkw01.jpg

丸太町の堺町御門下ル西側にある小さな和菓子司
「松屋常盤(まつやときわ)」さん。
創業は承応年間(1652~1655年)、現在で16代目。
皇室ともゆかりの深い老舗です。

mtytkw02.jpg

「味噌松風」でつとに有名なお店ですが、毎月種類が変わる
「きんとん」も絶品との噂。
予約必須なことと、閉店時間が早いので今までなかなか
行けませんでした。

が・10月は栗きんとんが食べられると知り、予約電話をしたのが
10月上旬。この時点で10日待ちでした。大人気なんですね~

入店すると店内に人の姿はなく、お座敷には予約の紙袋が
沢山置かれており、声をかけるとおかみさんが奥から
顔を出して対応してくれます。

mtytkw03.jpg

そして無事手に入れた栗きんとん!
「京都市」ではなく「平安京」と書いてあります。
この紙包みのけっこうヘタクソな字が(笑)
何とも味があっていいと思いません?

mtytkw04.jpg

オープン!したとき思わず「うわぁ~」と声が出ました。
大きくて、お花のような栗きんとん!

mtytkw05.jpg

瑞々しくて、素晴らしい存在感です!

mtytkw06.jpg

今にもくずれてしまいそうな柔らかさ。
保水率たっぷりなのが見て取れますね。
お箸でお皿に移す自信がないので、両側からスプーンで
挟んで移動させました。

mtytkw07.jpg

断面!
底にしいてある小豆がけっこうしっかりしています。

mtytkw08.jpg

ではでは実食。

でもね、柔らかすぎてなかなか黒文字で捕らえることが出来ず、
結局スプーン使って食べましたのさ(^_^;
お茶席でここのお菓子が出てきたら、間違いなく粗相する
自信があるなぁ

本体は小豆風味のきんとん、そして上部が栗きんとん。
見た目どおり水分たっぷりなので、非常に滑らかで
舌の上でとろけるよう。極上の口どけです。

栗の部分も小豆部分も、とても瑞々しくフレッシュで
「なまもの」という表現がピッタリ。
そして素材の味わいがダイレクトにやってきます。
栗はもちろん、小豆の野趣が生き生きと力強く舌に伝わってきます。

底の部分の小豆は小ぶりですがしっかり歯ごたえがあって
パワフルでものすごく私好み!

上質さと気取りのなさ、そして繊細さと力強さを併せ持った極上のきんとん。
人の手でつくったぬくもり、温かさを感じる最上級の和菓子です。
これは、毎月買わなくちゃ。

栗きんとんは10月いっぱいまで。
食べたい方は急いで!
1個250円(安い!)予約は4個からです。

先に紹介した「ひつじ」もすぐ近くなので
梯子もオススメ♪

「松屋常盤(まつやときわ)」
京都市中京区堺町通丸太町下ル橘町83
9:00~17:00まで 無休
075-231-2884

「松屋常盤」のきんとんを特集されているページがあります。
こちら(勝手にリンク)⇒

「ひつじ」のドーナツ

hitsuji01.jpg

リンク先のアルシェさんがイチ早くご紹介されていた
富小路夷川のドーナツ屋さん「ひつじ」

荒神口の「hohoemi」さんのドーナツ部門と聞き、
これは行かない訳にはまいりません。
場所は裁判所の丁度裏手あたりです。

家具問屋街の中にしっくりと溶け込んだ
とてもシンプルで可愛らしい外観。
hohoemiさんと同じ建築デザイナーさんのようですね。

hitsuji02.jpg

ゆったりとしたつくりの店内には揚げたてドーナツがいっぱい!
厨房もゆったりと余裕のある感じです。ドーナツはすべて対面販売。
撮影許可をお願いすると「もちろんです」と笑顔で快諾していただけました。

hitsuji03.jpg

パウンドケーキやキャラメルラスクも売ってます

hitsuji04.jpg

こんな愛らしいお祝いの鉢植えや

hitsuji05.jpg

オーガニックの紅茶に化粧品?
そして「ひつじ」なだけにニット製品も!

hitsuji06.jpg

本日の戦利品なり。
シナモンドーナツにホワイトチョコ、紅茶とクリームチーズ

hitsuji07.jpg

まずはシナモンドーナツ。
デフォルト状態で砂糖がまぶされていますが

hitsuji08.jpg

これを添付のビニール袋に入れ、別添えのシナモンパウダーを
ふりかけてシャカシャカ~

hitsuji09.jpg

出来上がり!!
表面はカリッと香ばしく揚がり、中はもっちりだけど
ふかっとエアリーで、丁度「揚げ餅」のような食感です?
発芽玄米が使用されているためでしょうか。

1個食べたら結構お腹一杯。
パウダーはたっぷりついてくるので、お好みで半分ぐらいにしてもいいかも。

hitsuji10.jpg

期待の一品「紅茶とクリームチーズ」

hitsuji11.jpg

断面図。
てっきりKKDのように溢れんばかりのクリームがドバッ!
なタイプかと思ったら、ふかふかのパンのような生地の真ん中に
しっかりしたチーズが塊で。

このチーズが抜群に風味がよくて美味!さすがフロマージュ使いの
hohoemiさん!
そしてこの生地とのバランスのよさもhohoemiさんならでは。

天然酵母使用でパンとドーナツの中間のような食感、
紅茶の香りは控えめでした。

hitsuji12.jpg

ホワイトチョコ。
持ち帰る間にグレーズが溶けてぶさいくなことに…(^_^;
こちらも発酵生地でパンの食感。
ホワイトチョコはさっぱりと爽やかでhohoemiさんらしく
上品な仕上がり。

イートインスペースもあるようですがまだ稼動していません。
これからの季節、御所の緑の中で食べるのもいい感じです♪

御幸町六角の「はらドーナツ」は閉店しちゃったけど、
京都のドーナツブームはまだまだ続く?

「ひつじ」
京都市中京区富小路通夷川上ル大炊町355-1
℡ 075-221-6534
10:00~18:00まで
日・月定休

西陣ほんやら洞deモーニング

honyara18.jpg

ちょっと久々の「西陣ほんやら洞」さん

honyara19.jpg

東向きで、朝の光が差し込む店内は
モーニングにはもってこい!
もってこいの朝だぜ~♪

honyara20.jpg

店内にはさまざまなタイプのテーブルと椅子。
私はこのテーブルのひとつ後ろの席がお気に入り。

honyara21.jpg

モーニングは数種類あったかな?
トーストとアイスティ、フルーツヨーグルトのセットにしました

honyara22.jpg

抜群のもちもち感が「ほんやら洞のパン」の特徴!
トーストするとさらにもっちり度が増し、美味しいのなんの。
ちなみにこちらのパンはホシノ酵母を使っておられるそうです。

カレーパンもめちゃ美味なんですが私が行くときには大体売り切れ。

honyara23.jpg

プレーンヨーグルトにキウィ、グレープフルーツ、
そしてヨーグルトに下に半分にカットされたバナナが
潜んでおります。

ランチもね、めちゃめちゃ美味しい!ってわけじゃないけど
妙~に食べたくなる味なんですよ。

「西陣ほんやら洞」
京都市上京区大宮通寺之内上ル前之町443
9:00~17:00まで 水曜定休

雨の日の指定席?

gyokuen20.jpg

肌寒い雨の日…といえば最近の私はここと相場が決まっています(笑
絶品かき氷の「茶寮 ぎょくえん」さん!
今回も狙い通りで行列ナシ♪

gyokuen21.jpg

入店しても、先客はお座敷の一組だけでした。
ふふふ、こうでなくっちゃね~

gyokuen22.jpg

玄関先に「本日は人手が足りずお待たせする場合があります」
という内容の貼り紙が。
確かにこの日はバイトちゃんの姿はなく、おばちゃんが
お手ずからオヒヤを持ち、注文を取ってくれました。

かき氷を待つ間、お客さんは三々五々やってきて
気がつけば満席に。
やはり私と同じことを考えるお仲間は多いのね(笑

gyokuen23.jpg

今回ももちろん「黒みつミルク」!
先ほどの貼り紙と裏腹にオーダーしてから10分と待たず
出てきてアレ?と拍子抜けするほど。
今までで最速だなぁ。

gyokuen24.jpg

何度見ても美しいスライス状の薄氷。
さっくり、ふんわり具合は相変わらず絶妙です。
でもところどころに、ガリッと小さな氷の塊が…?

気になるほどではないんですが、この「らしくなさ」には
ちょっと驚き。
夏場に酷使されすぎた氷削機がそろそろ傷んできたのかもね…

相変わらずの絶品氷には変わりないのですが、さすがに10月半ばともなると
完食後にはかなり冷え、帰りのおけいはんの中ではガクブル。

調子がよければ宇治金時も!と思ってたんだけどさすがに無理と諦めました(^_^;
でもこれだけ肌寒い時期に食べても、頭痛もせず喉も痛くならないのは流石。

gyokuen25.jpg

かき氷は10月いっぱいまで食べられます。
と言ってもあと2週間なんですね。
今度行ける機会があれば、冬支度してカイロも持参、
防寒対策バッチリでしっかり美味しく味わいたいと思います。

かき氷の販売はなくなっても閉店はされず、お店自体は
継続される模様。
このお店の小豆がすごく気に入っているのでこれは嬉しいニュース!
冬場にはぜひお善哉をいただきに来よう♪

※11月5日追記;
閉店を巡っていろいろ情報が錯綜していましたが
結局、明日11月6日をもって閉店ということです。
今まで、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。


惜しまれつつ辞めたい、と仰る美学、
いつも凛としていたおかみさんらしいな~、と思います。

「茶寮 ぎょくえん」
京都市中京区先斗町三条北突当リ石屋町126
14:00~21:00まで 水・木定休

ナマステ・タージマハル@新風館

namaste01.jpg

カレー連投!
「ナマステ・タージマハル」@新風館です。
と言ってもこれは少し前の画像なんですが。

夏が来る前には、この盆地の夏の過酷な節電生活を
いかに乗り切るか?が非常に深刻な課題でありました。
私が出した答えは

「カレーとかき氷」

実際に蓋を開けてみれば今年の夏は非常に過ごしやすく、
夜はクーラーなんていらないほど。
確か祇園祭までは結構蒸し暑くて、山鉾巡行が終わった途端
涼しくなったように記憶してますが…

この10年くらいで一番ラクだったんじゃないかなぁ?
まぁ去年の異常な暑さに比べれば、大概の暑さは乗り切れそうな
気がするけど…
神サマも、みんな頑張って節電してるんであんまり暑くしないで
くれたような気がします。

まぁそんな感じで結局カレーもかき氷もそれほど食べなかったんですが
このお店にはちょくちょくランチに行きました。

namaste12.jpg

リーズナブルな日替わりセット。
サラダとドリンクつきです。

namaste13.jpg

この日の日替わりは何?と聞くとインド人のお兄ちゃんが
「アー…シイタケノ…カレーデス…」
実際はえのきのカレーだったのだ(^_^;

日替わりのカレーは野菜系のさらさらしたタイプが多いみたい。

namaste14.jpg

これはセットのサラダ。ドレッシングがなかなか美味しい。

namaste15.jpg

さらさら野菜カレーも美味しいんだけどちょっと物足りないな~
と思ったある日のランチ。
「チーズナンセット」

namaste16.jpg

んもぅ、このチーズナンが大ヒット!
画像じゃわかりませんが中にはとろけるチーズがた~~っぷり!
ふかふかもちもちのナンの食感と相まって、ほんっとメチャ美味!
もともとこのお店のナンはとっても美味しいんですが
こんなに美味しくしちゃってどうするの!て感じです。

namaste17.jpg

カレー2種類にチキンティッカ、そして別皿にサラダ。
奥のカレーは日替わりで確かこれが「シイタケノカレー」だった気がする(笑
ナンが美味しすぎてこっちの記憶が薄れています。

そして手前が「マトンカレー」
これが美味しい!!いやな臭みは全くなく、まったりと濃厚なコクのあるカレー。
これこれ、こういうのが食べたかったのよ♪

namaste19.jpg

ドリンクはホットチャイ

namaste20.jpg

そして前回もらったクーポンでマンゴーアイスを。
普通のバニラアイスにマンゴーソースをたっぷりかけたもの。
これも濃厚で美味~!

こんなんクセになったら激太り間違いなし。
なので最近新風館の前は早足で一気に駆け抜けます。
でも皆さんにはオススメ♪

「ナマステ・タージマハル」新風館店
京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2 新風館3F
月~金 11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)
土・日・祝 11:00~23:00(L.O.22:30)
HP(新風館)⇒
ぐるなび⇒

タイカレー専門店「アオゾラ」

連休最終日。
相方さんと「七福家」さんにランチに行こう!と
いさんで出かけるも…

熊野神社周辺の駐車場は軒並み満車。
しばらく周辺をぐるぐる回ってみたものの結局諦め、
そのまま北へ。

aozora13.jpg

やってきました百万遍!
「タイカレー専門店 アオゾラ」さん。
久々の訪問です。

aozora14.jpg

夜は比較的空いているこのお店ですが
祝日のランチタイムとあってほぼ満席。
何とか2人分の席が確保できました。

注文したのは日替わりランチセットと「ピーナッツカレー」

aozora15.jpg

相方さんのピーナッツカレー。
ご飯大盛りでサラダは別注文。

aozora16.jpg

基本のグリーンカレーにピーナッツペーストを加えたカレー。
タイカレー本来のピリリとしたキレのある味に
ピーナッツペーストのまろやかなコクが加わり、
とても奥深い美味しさ。「シャム」の「イスラムカレー」にも
似ています。

本当は七福家さんで担担麺を食べる予定で
すっかり「担担の口」になっていた相方さんも大満足!

具材には豚肉やシシトウ、サヤエンドウのほかに
大きくカットして素揚げしたサツマイモが
ごろんごろん入っていて、ほっくりした甘味がまた絶妙!

aozora17.jpg

私の「豚肉とひよこ豆のレッドカレー」
真ん中あたりに見えているのがざっくり肉厚にカットされた
豚肉。脂身部分もとろけるくらい柔らかくて非常に美味!
ひよこ豆はジャガイモのようにほくほくした食感。
縦2つ割りにした茹で玉子も1個分入ってます♪

aozora18.jpg

セットドリンクはコーヒー、ラッシー、マンゴージュースと
あと数種類(^_^;から選べましたがラッシーをチョイス。
他店よりヨーグルトが濃厚で美味しい!

aozora19.jpg

相方さん別注文のコーヒー。
確か以前セットドリンクで飲んだときは限りなく
アメリカ~ンだったのですが…

今回一口飲んでみるとオヤ美味しい。
出てくるまでに結構時間がかかったので、
たまたま豆から挽いてくれた時だったのか?
前回とは別物の美味しさでした!

aozora20.jpg

折角なので以前アップしそこねた画像もお蔵出し。
こちら「アオゾラカレー」です。
具沢山でクリームシチューのようなとろ~りとした
食感に病みつき!

aozora21.jpg

我々が入店した直後から後続のお客さんたちがぞろぞろやってきて
何組もウェイティングがかかり、待合のベンチにも座りきれず
外の階段まで行列が出来る盛況ぶりでした。

気の毒だったのが、最終グループの3人組が外の階段からようやく
待合ベンチに移動したまさにその時ライスが品切れに…°・(ノД`)・°・
この日は若い男性客が多く、みんなもれなく大盛り頼んでたからね…
お店もこれほどの盛況は想定外だったのかも。

ご飯は30分で炊き上がる、とのことでしたが3人組はよく出来た人たちで
文句も言わず、怒りもせずにお店を後に…
私らやったらきっとショックを隠しきれない。
彼らが美味しいご飯にありつけたことを願ってやみません。

「タイカレー専門店 アオゾラ」
京都市左京区田中門前町23 K-SIDEビル2F
昼12:00~15:00
夜17:30~21:00
木曜定休

えぇっ!!

aurelie18.jpg

今年8月末に実店舗での営業を終了された「オーレリー」さん。
大好きなケーキ屋さんで、人気の「エクレール・オ・キャラメル」は
もちろん、メレンゲのお菓子「カーンズ」は私が京都で一番好きな
ケーキでした。

その他のケーキも「実直!」と主張しているようなどっしりとした
濃い味で、派手さこそないものの正統フランス菓子の実力に
満ちたもの。

お店は閉店されても、ケーキ販売は続けられると知って
ホッと一安心、そして店主さんご夫妻がさらに美味しいケーキづくりに
意欲を燃やされているご様子もサイトからうかがえ、
今月からの販売再開を心待ちにしていました。

そして久々にお店のHPを開き、店主さんのブログを見ると
以前はケーキの画像オンリーだったのが文章が増えている。

一瞬あれ?別のブログを開いちゃったかな?と思った。
この画像、このテキストの感じ、そして独特な句読点の使い方…

これって、私がほぼ日参してるあのブログじゃないの…??
そう、毎回辛口な文章が面白くて、奥さんがイケズなあそこ…
と言えば、人気ブログなのでピンと来る方も多いでしょう。

エェーーーッあのかたが「オーレリー」の店主さんだったのー??(;゚Д゚)

新京極界隈で食品関連のお店をされているらしい、というのは
ブログを読んで知っていたけど…

厨房の改装や旅行の話など符号することだらけで、
へんこそうな文章もあの「貼り紙」と符号(笑)
そして何より「奥さんがイケズ」で決定的(いや、本当はいい方ですよ)

あー、本当にビックリした。
モニタに向かって思わず「まじでーーー?」と声が出た。
「タイガーがキザにいちゃんだったなんて…」
ぐらいの衝撃ですよ。
もしかして私が知らなかっただけで周知の事実?

いや、何はともあれ再出発おめでとうございます。
頒布会、ものすごく楽しみにしています!
エクレールやカーンズもまた食べられるかなぁ?

hara01.jpg

時を同じくして、こちらも閉店。
1回くらい食べとくべきやったかな。

「B.L.T」と「KiKi」

9月に入ってからこっち、家電が立て続けに壊れ中。
買った時期はバラバラなのに、壊れる時って不思議と
重なるんよねぇ~

とりあえず安いの買って急場を凌ごう!
以前六地蔵のニトリで家電がえらい安かったのを思い出し、
仕事帰りに西院の京都ファミリーまで遠征。

でもこっちのニトリは家電置いてないんですね。
せっかくなので冬用の布団を予約注文して帰る道中

blt01.jpg

ずっと来たかったお店「B.L.T」さん!
ここにあったんや!あまりの嬉しさに即入店。

こじんまりした店内はウッディで、小麦やバターの豊かな香り、
そして果実のプリザーブを煮るような濃密な香りに包まれてます。
これほどいい香りのするパン屋さんって珍しいかも?

blt02.jpg

秋らしい栗の渋皮煮のデニッシュ。

blt03.jpg

大きな渋皮煮がごろんと1個半!
まったりと濃厚でとてもまろやかな栗を
甘さ控えめのカスタードが優しく包み込んでいます。

購入翌日に食べたのだけど、パイ生地はさっくりと軽い食感を
残したままで、本当に美味しい!

blt04.jpg

練乳クリームのパン。
こちらも翌朝のおめざにしたかな?
ふかふかもっちりのパン自体がとても美味しい。
そういえば三条の文化博物館前にある屋台の
ホットドッグ屋さんも、こちらのパンを使ってるそうですね。

blt05.jpg

こちらはちょっと変り種。
ライ麦ベースの生地?にココアを練りこみ
ホワイトチョコチップをふんだんに混ぜ込んだパン。
断面撮らなかったのが悔やまれますが、
ホワイトチョコがざくざくごろごろ入ってるんですよ。
これもめちゃ美味!

blt06.jpg

そしてベーグル。
いたってシンプルなタイプなんですが、表面はパリッ
中はしっかり目がつまり、もっちりふっくら、弾力も保水率も十分。
小麦の旨味とほんのりした塩気が感じられ、
「komugi」のベーグルを思わせる、超私好みのタイプやないですか。

想像以上にクオリティの高いお店で、ものすごく気に入りました!

kiki01.jpg

そして「B.L.T」からさらに東へ進むとこちらのお店が。

「KiKi Bakery & Deli」さん!
四条通に面しているのに、ここだけ森の中の一軒家のよう。

kiki02.jpg

こちらは丁度お客さんがいなかったので許可を得て
撮影させていただきました。

kiki03.jpg

もうね、本当に可愛いお店です。
「hohoemi」「clover」と並んで「京都3大可愛いパン屋さん」ではないか?
私のセンスない写真では伝わらなくて無念。

kiki04.jpg

クッキーやラスクも沢山

kiki05.jpg

こちらではふたつだけ購入。
またしてもマロンパイ。
本当は紅玉のパイが欲しかったけど、人気商品につき売り切れ~

kiki06.jpg

丹念に織り込まれた生地は意外やがっしりしています。
みっしりと層が詰まった感じが南丹の「ゾンネ」のデニッシュと
少し似てるかな。

ほんのり塩気がある生地をがしがし食べ進んでゆくと、
真ん中にはマロンペーストと渋皮栗。
マロンペーストはボンヌママンかな?
1個食べると結構お腹一杯!

kiki07.jpg

そしてチェリーのデニッシュ。
ひとつ100円です。安っ!!

こちらの生地もがっしり硬めで、チェリープリザーブは
ねっとり濃厚。ファリーヌさんとこのと同じものかも。

いや~思いがけないパン日和になりました。
それにしてもものすごい狭いエリアにこんな素敵なパン屋さんが
2軒もあるとは。
西小路を下がっていけば「ono」さんもあるし、
1軒東山に回してよ!て感じです(笑

この3軒では今のところ「B.L.T」さんが一番お気に入りです!

「B.L.T」
京都市右京区西院小米町35-2
7:30~19:30まで 無休

「KiKi Bakery & Deli」
京都市右京区西院乾町81
8:30~18:30まで 月曜定休
HP⇒

「fukumimi(ふくみみ)」のパンケーキ!

fukumimi10.jpg

前回の訪問から間をおかず、再びやってきました
ハワイアンカフェ「fukumimi(ふくみみ)」さん!

fukumimi11.jpg

前回と違い、今回はお客さんも少なくてゆったり。
窓ガラスの向こうにデリさんが見えてますね。

fukumimi13.jpg

今回の注文はもちろんパンケーキ!
セットドリンクはコーヒーか紅茶だと200円引きです。
暑かったのでアイスティーを。
ハイビスカスブレンドのようで香りがいい!

パンケーキはノーマル、フルーツ、マスカルポーネ、ベリーベリーの
4種だったかな?迷わずマスカルポーネを!

fukumimi14.jpg

じゃ~~ん、こんなんです!

fukumimi15.jpg

メニュー表に写真もないし、ネットに画像も上がってないので
どんなんかワクワクしてましたがこう来たか!!
しかもダブルとは想定外!

fukumimi16.jpg

まずはクリームだけお味見…
チーズというよりゆるく泡立てた生クリームのような
とろりとした生乳感と甘さがあります。
これがマスカルポーネ自体の甘味なんですね。
お皿にはチョコシロップ、仕上げにはナッツを散らし
メープルシロップも。

fukumimi17.jpg

パンケーキはふんわりふわふわ、もっちもち!
メレンゲ別立てでしょうね。
ところどころ散らされたピンクペッパーもいいアクセント。
想像したより甘かったけど、とっても美味でした!

fukumimi18.jpg

各テーブルには砂糖と蜂蜜も…

fukumimi12.jpg

玄関先は今日もお祝いのお花に溢れています。
このお店のオーナーは建築設計会社の社長さんらしく、
豪華なお花も、素晴らしく立派なテーブルも、ハイセンスな設計も納得。
建築、設計を学んでいる人たちにとっても、面白い場所じゃないかなぁ?

fukumimi19.jpg

ご馳走様でした!またすぐに来ます~♪

「Pancake & Dining fukumimi」
京都市中京区姉小路衣棚西入る長浜町143-3
11:30~21:00まで 月曜定休
HP⇒

甘泉堂の水羊羹

kansendo01.jpg

祇園四条、現代美術館の脇道の、大人二人がやっとすれ違えるほどの
路地(ろおじ)を北へ上がると、そこには古い和菓子屋さんが

kansendo02.jpg

「とりどり最中」そして夏季限定の「水羊羹」で
有名な「甘泉堂」さん。
この夏、コメント欄でかまろんさんから教えていただき
行こう行こうと思っているうちに9月も終わってしまい

「水羊羹」は9月までということで、もう無理やろなと
思いつつショーケースを覗くと…

kansendo03.jpg

じゃ~ん。無事ゲッチュ~!間に合った!

kansendo05.jpg

水羊羹にしてはちとお高いですが、迷わず購入しました。
だってね、来年まで待ってられないもん。
ていうか、人気の老舗の閉店が相次ぐ中、呑気に
「来年買えばいいや」とはもう思えなくなって。

もっと言えば…来年というものが普通にやってくる、と
無邪気に信じられた幸福は、3月11日よりずっと以前から
失ってしまってるなぁ。
でもだからこそ今日を大切に、という思いもいや増すもので。

…と話が大幅にズレてきそうなので水羊羹に戻ります。

kansendo06.jpg

オープン!
厚紙の箱の底に薄いセロファンを一枚敷いた状態で、
直接羊羹が入っています。
なので、数日経つとこの厚紙がだんだん水分でふやけてちょっと
えらいことになるので、開封後は早めに別の容器に移したほうが吉。

kansendo08.jpg

鍵盤のように整然と並んだ姿が美し~

kansendo09.jpg

右端の2個だけがこのようにプラの笹を敷かれ、取り出しやすいように
なっています。
これを持ち上げて取り出した後は、残りも取り出しやすいという
親切設計ね。

kansendo10.jpg

なんとも瑞々しい姿。
一口、口に含んでみるとほろりと崩れすぅっととろける
儚い食感。
甘さはごく控えめで、最後にはさらし餡の微粒な食感と
小豆の風味が残ります。

私はあまり水羊羹を食べないんですが(自分でお金を出して
買ったのは今回が初めてかも)、でもどこかで食べた気がするな…
あ、そうだ、「紫野源水」の「涼一滴」に似てるんだ!
こちらのお店の方がはるかに古いので、似てるのはあっちなんですが。

「涼一滴」の研ぎ澄まされたような素材の厳選感や清冽さに比べると、
こちらはもっと素朴な親しみやすさが感じられます。
でも祇園という街の歴史や風格を感じられる味。
はんなりとした優しさの中に、美味しいものを食べつくしてきた
旦那衆をうならせるような透徹した味わいが。

しっかり甘い和菓子が好きな人には少し物足りないかも。
「紫野源水」や「聚洸(じゅこう)」さんのお菓子が
好きな方には間違いなくオススメ!
かまろんさん、今回もありがとうございました~

「甘泉堂」
京都市東山区祇園町北側344-6
10:00~22:00まで 日曜定休

「Pancake & Dining Fukumimi」

fukumimi01.jpg

姉小路衣棚、大好きな「Dai's deli & Sandwiches」さんの
向かいに10月1日オープンしたばかりのハワイアンカフェ
「fukumimi(ふくみみ)」さん!

マモンの美千子ママのブログで開店のニュースを知り、
ずっとオープンを楽しみにしてました~

fukumimi02.jpg

平日の遅い午後に行ったのに店内はほぼ満席。
すこしお客が引いたところを狙って一枚。
派手に宣伝しているわけでも、ネットで話題騒然というわけでも
ないのにこの盛況ぶりにちょっとビックリ。

玄関には開店祝いのゴージャスな蘭の鉢植えや、カサブランカが
溢れていてまさに祝福の船出、という雰囲気に包まれていました。

一人で行ったのでカウンターに、と思ったけれど
バイトちゃんが奥の4人がけのテーブル席に案内してくれました。

fukumimi03.jpg

町屋を改装した白壁の店内には南国の観葉植物に
ハワイアンなイラストや絵画、ハワイ関連の本などが
飾られ、とてもまったりとした雰囲気。
奥には坪庭も見えました。

座席は10人がけの大テーブルがひとつと4~5人がけの
カウンターがふたつ。4人がけのテーブルがふたつ、
しめて30席弱、ゆったりと寛げます。

大テーブルとカウンターはがっしりとした一枚板の胡桃の木
(思わず「高そうやな…」とかやらしいことを考えてしまった)。

美千子ママのブログには「パンケーキ専門店」とあったけど
基本ハワイアンカフェ。
パンケーキ以外にもハワイアンビール、スパムを使ったフード、
カレーなどいろいろ取り揃えてありますよ。

fukumimi04.jpg

パンケーキはノーマルにフルーツ、マスカルポーネなどあり
特にマスカルポーネに激しくそそられたけど、この日は
お腹が空いていたのでこちらの「ロコモコ」を。
かなりでっかい木製のボウルで出てきます。

fukumimi05.jpg

今にも崩れ落ちそうな目玉焼きの半熟具合がいいねいいね~

fukumimi06.jpg

崩してみると…とろり~~ん。
うぉっ!絶妙の半熟さ加減やないですか!!

ハンバーグはみっしりと肉肉しくて大きく食べでがあり、
ご飯もたっぷり入っているのでかなり満腹になります。
デミソースは赤ワインビネガー?の酸味と甘味がよく効いて
とても美味しい。パイナップルが一切れついてます。

fukumimi07.jpg

2Fは「ギャラリー2933(ふくみみ)」になる予定やそうですよ。

fukumimi08.jpg

窓際の床のフローリング部分が土の地面に繋がってる…?
実はこの部分、巨大な植木鉢になってるそうです。
ありがちな町屋カフェとは一味も二味も違うつくりに驚き。

とても気に入ったので、次回は是非パンケーキを♪と
思いながらお会計をすませると、何とパンケーキ50%OFF券
もらっちゃった!またすぐに来よう♪

前述したようにデリさんは真向かいで「シトロン・シュクレ」や
ハンバーグが美味しいと評判の穴場「キャンティ」もすぐ近く。
このあたりはどんどん楽しいエリアになってゆきます!

ちなみに店名の由来ですが…オーナーさんのお顔を見れば納得!!

「Pancake & Dining Fukumimi」
京都市中京区姉小路衣棚西入る長浜町143-3
11:30~21:00まで 月曜定休
HP⇒
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2017/10 (1)

2017/09 (4)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク