連休前に

職場の皆さんと慰労会。
三条通のお店で不思議な無国籍料理&お酒を堪能し(例によって画像ナシw)
その後はいい気分のまま有志でジャンカラへなだれ込む。
金曜日で大勢のグループの行列出来てたけど何とか
待ち時間ナシで入店。

うちの職場皆カラオケ大好きでマイク握ったら離さない人ばかりなもんで
中々順番回ってこないのよ
ちなみにわたくしの十八番はこの曲!⇒
結局全員乱入で大合唱になるんですけどね~

注文した巨大チョコパフェ(板チョコまるまる一枚突き刺さっている)
だけは写真撮っとくんやった~

皆さん、お疲れ様でした&楽しい時間、ありがとうございました!

「吟醸らーめん 久保田」

kubota01.jpg

いつの間にやら日中はすっかり初夏の陽気!
とはいえ夜ともなるとまだまだ肌寒い京都。
こんな夜はやっぱりラーメン!

kubota06.jpg

というわけで久保田さん連投!
今回はつけ麺ですよ~

kubota07.jpg

「ていがく」から最近自家製麺に切り替えたそうな。
見るからにコシのある、この艶々ぷりぷりの麺を見て!

実はオーダー時に「あつもり出来ますか?」と聞いてみました。
すると大将は「うちの麺はあつもりに対応していないんで、すみません」と
きっぱり、でも非常に丁寧に。
この対応時の大将の表情と口調がとても誠実で、麺に対するプライドとこだわりを
強く感じ、逆にものすごく信頼感がUPしました。

kubota08.jpg

「吟醸つけ麺 味噌」のつけだれ。
見るからに濃厚!!

kubota09.jpg

投入!そしてズズー。

美味しい…!!

釜揚げをしっかり氷締めした麺はきゅっと引き締まり、
素晴らしい弾力で口の中で跳ね返るよう。
たれにつけず麺だけ食べても美味しかった!!
こなもん好きには至福の食感です。

kubota10.jpg

相方さんは大盛りね。
ん~、こっちも素晴らしきビジュアル!
大将がスタッフに「14秒!」と指示し、きっかり14秒で
引き上げられた麺なのだ。

kubota11.jpg

たれはこの日の限定「柚子豚魚介つけ麺」
とんこつ&魚介の合わせ技です。

柚子風味はそれほど感じず、魚介が強く全面に出ていました。
このお店らしく、濃くて辛いんだけど、本当に美味しい!

ひやあつはやっぱり、3口、4口と食べ進むごとに
どんどんたれが冷めていくんだけど、あまり気にならないぐらい
美味しくいただけました。
箸が止まらないのですぐに完食しちゃうしね(笑

あまり濃いのが得意でない我々でも、月に1度くらい無性に食べたくなる
中毒性があります。
唯一の不満は、壁に固定されたティッシュケースの位置が高すぎることだけです

また来ます、ご馳走様でしたー!!

サイトを覗いたら、シフォンケーキのお店もやってはるんですね。
こちらも行ってみたい!

「吟醸らーめん 久保田」
京都市下京区西松屋町563フジ萬ビル1F
11:00~15:00(L.O.14:30)
18:00~23:00(L.O.22:30)
スープ売切れ次第終了
HP⇒

祝!!ねねの湯再オープン!!

昨年8月末の閉店より約8ヶ月。
いよいよ本日10時、再オープンです!
仕事なんか休んで開店に並びたい!!
でも月末なのでそうもいかない悲しさよ…

わたくしの再訪は早くてGW後半になるかな?
本当はもっと早く行きたいけど、現在かかってる面倒な仕事が片付いて
スッキリしてからにしたいもんね♪

以前書いた閉店記事にコメント寄せてくださった皆さん、
見てますかぁ~?

「エキュバランス」

equi01.jpg

あまいもん連投!
北白川疎水の桜を堪能したあとはこのお店、
2003年この地にオープンした「エキュバランス」さん。

2003年…なんですね。
何となく90年代からあったように錯覚していました。
どっしりとした、老舗の風格が漂っているのですよ。

広々とした店内にはプチガトーをはじめ焼き菓子やマカロン、
そしてパンもいっぱい。今回の戦利品は

equi02.jpg

「メープルキャラメル」に店名を冠した「エキュバランス」!

equi03.jpg

まずは「メープルキャラメル」

equi04.jpg

オペラタイプのケーキのトップにはキャラメリゼされた
アーモンドスライスが整然と。

equi05.jpg

メープル&キャラメル風味のバタークリームとスポンジが
3層ずつ重ねられています。

クリームがとてもしっかりしていて、まろやかなバターの風味と
コクが素晴らしい!
メープル&キャラメルは控えめで、バタークリームそのものの
美味しさが主張してきます。

そしてスポンジも同じく、ストレートに玉子の美味しさを主張。
昨今流行りの、お酒をふんだんに使用したケーキとは
明らかに一線を画し、素材そのものの美味しさで勝負!

あまりお酒の強いケーキが好きではない私(タンドレスだけは例外)
にはまさにうってつけのケーキでした。

equi06.jpg

そして「エキュバランス」

白いココット型に入れられた、とてもシンプルな
チョコガナッシュのケーキです。

equi07.jpg

まったりとクリーミィで濃厚なガナッシュ、
底の部分にアーモンドクランチが潜んでいます。

こちらもフルーツやお酒は入っていないので、味の変化はなく
ともすれば単調で途中で飽きそうにも思われますが
全くそういうことはなく、最後まで美味しく食べられます。

いいなぁ、この直球勝負!
大きな驚きや意外性はないんですが、流行に流されることなく
しっかりとした信念を持って作られている味がします。
食べて喜ぶお客さんの顔がちゃんと見えてる、というか。
きっとそのあたりが、私の感じた「老舗感」なんだろうな。

先日記事にしたばかりの「コム・トゥジュール」さんもそうですね。
ひとつひとつの素材を大切に、ちゃんと真面目に作られた味。
人によっては「垢抜けない」と感じられるかも知れませんが
リュシアン・ペルティエ氏の「あたりまえを積み重ねることによって
特別なものが生まれる」という言葉を地で行くようなこの2店。
素晴らしいです。

(※追記;修行元がペルティエさんというわけではないです。まぎらわしい文章なので念のため)

桜の時期が終っても買いに行こう!

「エキュバランス」
京都市左京区北白川東蔦町28-1
10:00~19:30まで 水曜定休

北のほうのうまいもん

桜記事が続いて食べ物更新がお留守ですが…

comme11.jpg

本日は北部の和洋あまいもん2軒ご紹介。
まだ桜が咲き始める前の、4月上旬の記事です。
まずはこちら「コム・トゥジュール」さんの

comme12.jpg

タルトタタンにミルフィーユ!

comme13.jpg

寒い時期限定のタルトタタン。
昨年、コメント欄でまーさんから教えていただいて以来
その美味しさの虜です!!

comme14.jpg

一口頬張った瞬間に、はっとするほど鮮烈な甘酸っぱさがぱぁっと
口いっぱいに広がるタルトタタンはまさに私の理想の味!
もう光の速さで食べきっちゃいます。

comme15.jpg

こちらはお初のミルフィーユ。

comme16.jpg

カットタイプとロングタイプがありました。
さっくりした生地の間にたっぷりのクレーム・シャンティと
パティシエール。そして一番底にはフランボワーズのジャム。

生クリームは甘さがほとんどなく濃厚な生乳感たっぷり。
パティシエールはプリンのようにふんわり、まったり。
そして最後のフランボワーズが味に変化を添えています。

この日はとてもお天気が悪く、そして夕方だったためか
パイ生地が少々へにゃっとなってたんですが、それでも十分
美味しかったですよ。

実は今回、ちょっと慌ててこの記事を更新したのには理由がありまして。
今度の日曜日(22日)「京都パティスリーガーデン」なる
イヴェントが府立植物園で開催される予定で、このお店をはじめ
北部の名店が一同に集結するというので楽しみにされていた方も
多いかと思います。

が…残念ながらこのイヴェントは秋に延期となったそうで⇒
ブログ以外でアナウンスもされてないようなので(私も今さっき知ったとこ)
取り急ぎこちらでお知らせしておきます。間違って行かない様に!

sougetu01.jpg

さてもう一軒、こちらはおなじみアルシェさんがご紹介されていた
「霜月」さん。「しもつき」ではなく「そうげつ」と読むのです。

sougetu02.jpg

このお店の名物は…

sougetu03.jpg

漉し餡入りわらびもち「里の春」!

sougetu04.jpg

12個入りで850円はとってもお得!
あっさりとした上品な一口タイプのわらびです。

sougetu05.jpg

同じタイプの月餅屋直正や亀屋広和に比べるとおとなしい感じですが
甘さもほどよく万人に好まれそうな優しい味なのでお使い物によさげ。
販売は4月一杯までだったかな?

sougetu06.jpg

お店の場所はちょいわかりにくいです。
市バス「神光院前」で降りて交差点を東にまっすぐ行くか、
市バス「上賀茂御薗橋」で降りて皮膚科医院の横の道を上がって
途中うねうね曲がりくねった道を通り過ぎ、A~Gだったかと書いてある
倉庫群を右手に、グランドを左に見ながらさらに北上すれば辿り着けます。

私は場所はおろかお店の名前すらうろ覚えだったのに執念だけで辿り着きましたw
「パティスリー菓欒」との梯子もオススメ~

「Comme Toujours(コム・トゥジュール)」
京都市北区小山元町50-1
10:00~19:30まで 水曜定休

「霜月(そうげつ)」
京都市北区西賀茂榿ノ木町5
9:00~19:00まで 日曜定休

一ノ舟入の桜

sakura201242.jpg

2012年4月12日早朝撮影

sakura201243.jpg

やはりこの場所は朝が最高

sakura201244.jpg

毎年必ず桜詣でに訪れる場所は円山公園、祇園白川、御所北公園、
高瀬川、北白川疎水、高野川、そして塩小路橋。
絶対ハズせない場所だけでこれだけあるのに、今年から平野神社と将軍塚と
松ヶ崎も加わってしまった。

桜の時期ってそれでなくても気ぜわしいのに、これだけ見たい場所があると
もう気持ちがあせって落ち着かない。
なのでこの日の朝は出勤前の弾丸ツアーを敢行しました。
更新は連休前ぐらいまでぼちぼちと。

北白川の桜・2

sakura201233.jpg

まだまだあります

sakura201234.jpg

この記事の画像はすべてクリックで拡大

sakura201235.jpg

最近FC2にアルバムページという機能がついたのだけど
画像がフルサイズ表示じゃなくてイマイチなので使うのやめた

sakura201236.jpg


sakura201237.jpg

銀月。こちらも満開の姿を見るのは3年ぶりでしょうか

sakura201238.jpg

昔は知る人ぞ知る秘密の場所でしたが今となってはすっかりメジャー?
観光客らしき人が沢山撮影に来ていました。
映画の影響かね。

sakura201239.jpg

京都で2番目の魔物度です、この桜

sakura201240.jpg

もっともこの場所自体がすでに異世界なわけですが

sakura201241.jpg

とはいえ普通に人が住んでらっしゃるアパートですからね、
くれぐれもお邪魔にならないようにしましょう

北白川の桜

sakura201225.jpg

北白川小倉町。
2012年4月14日撮影。
桜の向こうに「リーボン」が見えますね。

sakura201226.jpg


sakura201227.jpg


sakura201228.jpg


sakura201229.jpg


sakura201230.jpg


sakura201231.jpg


sakura201232.jpg

昨年、一昨年と満開の時期を逸しました。
今年はどうにかギリ間に合った!
やはりこの場所は絶対にハズせないスポットのひとつです。

komaitei01.jpg

この日は駒井邸も見学可だったよう。

komaitei02.jpg

以前は月イチで「気まぐれカフェ」なんてカジュアルな
イベントもやってたんですよ。確かその頃は見学も無料でした。
ナショナル・トラストに寄贈されて以来、やや敷居が高くなった感が
ありますが、でもそれによって古い建物が守られるなら。

バタバタと駆け足の桜ツアー。
更新はぼちぼちやってゆきます。

equi01.jpg

久々のこのお店もね。

金曜・土曜の京都の街は、いつもは乱暴な運転で悪評高い
市バスもタクシーも、そして一般の車も驚くほど安全運転していました。
まぁ今だけやろな、と思っていたら今日にはすっかり元通りです…

平野神社

珍しく天気予報がはずれ、午後からはお天気の土曜日。
祇園にも観光客の姿が戻っていた。

画像は先週木曜日の平野神社。
今はもう散り際でしょうか。

おそらく日曜日が今年最後の桜。
旅行を計画されていたかたは、
やはり、最後の桜に会いにきてやってほしいです。

sakura201217.jpg



sakura201220.jpg



sakura201218.jpg



sakura201219.jpg



sakura201221.jpg



sakura201222.jpg



sakura201223.jpg



sakura201224.jpg

この2日前、同じ場所に夜桜見物に来ました。
ライトアップが控えめだったのでぜひ日中に来ねばと再訪。

とても由緒ある神社なのに、雰囲気は庶民的で「地元の氏神様のお祭り」という
感じが何ともあったかくてほのぼのとして素敵でした。
地元の小学生の描いた絵が行灯に使われていたり。
また外せない場所がひとつ増えてしまった。

東の鳥居の北にある「平野玉壽軒」の「福俵」はもちろん
買って帰りましたよ。
近くの「紫蔵」さんは大行列につき断念。
またシーズンが終ったらリヴェンジです。
「クリケット」のフルーツサンドもね。

悪夢…

私の通勤路で起きた大惨事…
テロだってここまで酷くはないだろう。
京都の歴史始まって以来最悪の交通死亡事故。

4月9日の祇園白川の写真はこの現場からまさに目と鼻の先。
今朝、事故の起きる6時間前にもこの場所で写真撮ってました。
亡くなられた方々に、心からお悔やみ申し上げます。

やはり、この桜は魔物

sakura201211.jpg

傾きかける日差しの中で痛ましい姿を晒す老木は

sakura201212.jpg

夜の帳が下りるのを待ちかねたかのように

sakura201214.jpg

息を吹き返す

sakura201215.jpg

「ライトアップされているから…」
そんなことじゃ説明がつかないね。
この畏怖すら感じてしまう凄絶な妖気は

sakura201216.jpg

Watch Out!
魂を喰い尽くされるよ

祇園白川の桜

sakura201201.jpg

さんざんじらされた今年のシーズン、一気に到来!

sakura201202.jpg



sakura201203.jpg



sakura201204.jpg



sakura201205.jpg



sakura201206.jpg



sakura201207.jpg



sakura201208.jpg



sakura201209.jpg



sakura201210.jpg

Flip Up!ダイジェスト

職場から便利な場所にあるため、一番通う頻度の多い店
「Flip Up!」さん。
今回は溜まった画像のダイジェスト~
写真なんか撮らずに食べちゃったもの多数ですけどね(笑

flipup57.jpg

えぇまずこちら。うっすらした緑色は抹茶だったかよもぎだったか…
生地全体に小豆を散らした和風ベーグル。
独特のもちもち生地に和の素材はぴったり!

flipup58.jpg

同じくこちらも和素材ベーグル。
桜風味の生地にえんどう豆入り。
ほんのりとした甘じょっぱさにえんどう豆の
懐かしいような甘さ、ねっちりと歯が沈み込む独自の食感。
本当に美味しいな!

flipup59.jpg

こちらもあれば必ず購入する…わりには名前失念
くるみ入りの全粒粉生地に練乳クリーム入りのパン。

flipup60.jpg

ざっくりした香ばしい生地と、練乳のやさしい甘さがたまら~ん。
暑い時期にはこの練乳がいい具合に溶けて生地に染み込み、また絶品なんです。

flipup61.jpg

こちらも和素材。よもぎ生地に甘納豆入り。
生地はベーグルよりさらにもっちもちして米粉入りかも?
よもぎの野趣溢れる香りが非常に豊かで、
これはもう和菓子カテです!

flipup62.jpg

さてこちら。

flipup63.jpg

ロングセラーのさつまいもと黒胡麻のパン!
ハードな生地はふっくらとした弾力で口どけ抜群、
生地のうち半分は角切りのさつまいも?
ペロリンと一瞬で平らげちゃいます。

flipup64.jpg

さらにこちら…
この凶悪な見た目は

flipup65.jpg

同じくロングセラーの「チョコとクランベリー」!
これ餡子じゃないのよ。画像でお分かりの通りチョコ率がもう
半端じゃなくて「チョコの合間に生地が」状態!!

そしてこのチョコがまた思いっ切り濃厚で甘くって美味しいのだ。
しかしこの量、さすがにチョコ好きの私も途中で鼻血出そうになって
3度に分けていただきましたとさ。

flipup66.jpg

そしてこちらは人気ナンバーワン商品だったかな?
「クロワッサンのバナナ仕立て」
クロワッサン生地にアーモンド風味のクッキー生地を上掛けした
クロワッサン・オザマンドの中にカスタードクリームとバナナをサンド。
さらに全体に万遍なくメープルシロップをかけた凶悪作品。

以前よりサイズがひとまわり小さくなった気がしますが
カロリー的にはそれでもおそらく爆裂。
んなもん気にしてちゃここのパンは食べられませんて。

オープン画像も撮ったのですがどうも美しくないので没。

flipup67.jpg

そして最後はマヨネーズのパン。
ものすごくシンプルに、生地にマヨネーズを乗っけて
焼いただけのものなんだけど、これが妙~にクセになる。
気持ちいいほどのB級感!大阪っぽいベタさがいいね~。

どのパンも生地そのものが本当に美味しいんです。
だからどんなアレンジにしても決してハズれないし
決してブレない力強い軸を感じます。

本当に、人を笑顔に、幸せにするために存在するお店。
だから特別な「ありがとう」が言いたくなる。

「Flip Up!」
京都市中京区押小路通室町東入ル蛸薬師町292-2 SDKビル1F
7:00~18:00 日・月定休

「吟醸らーめん 久保田」

kubota01.jpg

ブログタイトルを「京都こなもん」に変更したほうが
いいかも知れん…(笑
わしらの身体は粉で出来てるの。

というわけでラーメン3連投。
今回は西洞院六条の「吟醸らーめん久保田本店」です。

人気店で行列必至かな?と思ったら、確かに店内は満席でしたが
5分もすればスムーズに回転し、カウンターに通されました。
入り口左手の券売機で食券を購入します。

kubota02.jpg

こちら相方さんの…えぇと、何だったけかな…
何せ2月の記事なのでもう記憶も曖昧。
確か「限定ラーメン」の辛味噌だったはず。

kubota03.jpg

そして私の…おそらく「肉味噌らーめん」

kubota04.jpg

麺は以前は「テイガク」のものを使っていたようですが
最近自家製に変更されたとか。
スープの味付けはがっつり濃い目。若い人向きやね。

「美味しい・味濃い・ちょい辛い」という印象でした。

う~んなんか我ながらまともな記事になっとらんがな。
2月の繁忙期の真っ最中だったもので、思い出そうにも
この時期の記憶そのものが丸ごとスコンと抜け落ちていて。
反省反省!
もう1度あらためて味わいに行きます!

kubota05.jpg

付け合せのちりめん山椒ご飯。甘辛くふっくらと炊かれて美味しかった!
買って帰っておにぎりの具材にしたいほど。

店員さんも非常にテキパキとして無駄のない動き。
誠実そうで好印象です。

ちなみに「吟醸」と言っても別にお酒が使われているわけではありません。
店主さんの「なんとなく、美味しそうだから」という思いつきやそうです。
いいのかそれで

「吟醸らーめん 久保田」
京都市下京区西松屋町563フジ萬ビル1F
11:00~15:00(L.O.14:30)
18:00~23:00(L.O.22:30)
スープ売切れ次第終了
HP⇒

「麺匠 たか松」

昨年11月19日、当時休業直前だったフランチラーメンからほど近く、
蛸薬師烏丸東入るにオープンした「麺匠 たか松」
オープン時から気になっていたけど、ようやく相方さんと行ってきました。

tkmt10.jpg

おかしな天気の日だったせいかお客さんは少なく店内はゆったり。
私は「つけ麺」そして相方さんは「塩鶏ラーメン」をオーダー。
入り口すぐの券売機で食券を購入します。

tkmt02.jpg

こちらがつけ麺の食べ方マニュアル。
実はねぇ…私、つけ麺ってあんまり好きじゃないんです。
なぜかっていうと大抵のお店では氷水で締めた麺+熱いスープでしょ?
この「ひやあつ」って結局、中途半端にぬるいラーメンをすする羽目になるのが
どうにもイヤで。
我々は「ぬるい食べ物」が大嫌い。「ぬるいラーメン」「ぬるいカレー」なんぞ
言語道断なんじゃい!

それが今回はどういう風の吹き回しかというと、実は先日なんとなく
魔が差して「元祖こってりの老舗」である某ラーメン屋の支店で
ついうっかり「つけ麺」を注文してしまったとです。
これがもうねぇ…衝撃的な不味さで…
未だに記事に出来ないほどのダメージを受けました。

このトラウマを何とか払拭せねば!てなわけで今回のチャレンジ。
吉と出るか凶と出るか。

tkmt03.jpg

どうでもええ前置きが長くなりました。
さぁ、いよいよつけ麺のご登場!!

tkmt04.jpg

まるでお蕎麦?
長野県産の全粒粉を使った茶色い麺、全粒粉も信州蕎麦も大好きな私には
何ともそそるビジュアル!
もうこの時点で完成度の高さを直感しました。

さらにこのお店では、麺を「あつもり」で注文することも出来るんですよ。
もちろん「あつもり」にしたのは言うまでもなし。
そういえばフレンチラーメンはデフォで釜揚げのあつもりでした。
だから好きやったんよね…(泣)

tkmt06.jpg

そしてあっつあつのつけだれ!
鶏がらと魚介の合わせ技です。実は魚介スープもあまり得意じゃない私…
なのでこちらもチャレンジなのだ。

tkmt08.jpg

とはいえ、食べる前から「美味しいに違いない」という
絶対的な確信がありました。そして一口。

美味しい…!!

魚介系というと「しょっぱい」イメージがあったのだけど、
とてもまろやかで上品。
そして、鶏がらのまったりしたコクとも相性ピッタリ!
スープの中に沈んでいる角切りチャーシューもとろんとろん♪
メンマが流行りの極太じゃないとこも好きだw

そしてなんと言っても麺が美味しい!
全粒粉でゴワッとしているのかと思いきや喉越しがよく、
しっかりと固ゆでなのにいい感じの「粘り」というか「伸び」があります。
これ「塩」だけで食べても絶対美味しいと思う。

もう、一口すするごとにいちいち「美味しい」と声に出ます。
今年に入って「極鶏」や「久保田」にも行きましたが
ダントツ私の好み!むっちゃむちゃ気に入った~~~

マニュアルに従って、途中から添付のさらし玉葱投入。
ほどよい酸味と辛味が加わってまた美味!
そして最後に麺にすだちを絞る。さっぱり爽やかな後口に♪
オーラスはつけだれをスープ割りしにして「あおさ」を散らす。
この「あおさ」によって磯の香りが加わって、上等なお味噌汁のよう。

この何層にもわたる味重ねのマジック、お見事です!

tkmt07.jpg

そしてこちらは相方さんの「塩鶏ラーメン」!
これまた美味そうです。

tkmt09.jpg

うん、ちょっと塩気が強いのが気になるけど、こちらも
昔の「天天有」を彷彿とさせるような鶏がらスープが美味しい!
でもつけ麺があまりに気に入ってしまってこちらの印象はほとんどなし

相方さんは大いに気に入っていましたね。
食事が終わり、飲み残して冷めかけたスープにはすぐに
黄色い膜が張り始め、鶏エキスの多さを物語っていましたよ。

トラウマも完全に払拭でき、大満足のディナーでしたが
帰宅後検索してみると…あらら、口コミサイトではなぜか評判イマイチなのね。
もちろん味覚が人それぞれなのは言うまでもないことですが、
読んでみるとどうも「ひやあつ」が敗因のよう。

でも麺自体がとても美味しいので、私ひやあつでもいけそうな気がするけど…
「ひやあつ」で失敗と思われた方は次回は「あつもり」で是非♪

新しい店内はとても清潔ですっきりと上品です。女性のおひとりさまでも
全然大丈夫!

「麺匠 たか松」
京都市中京区烏丸蛸薬師東入る一蓮社町312
075-252-8270
不定休 11:00~23:00(スープ売り切れ次第終了)
お店のブログ⇒

「麺屋 極鶏 (めんや ごっけい)」

gokkei01.jpg

お気に入りの蕎麦屋さん「蕎麦切 塩釜」の隣に2011年5月に
オープンした「麺屋 極鶏 (めんや ごっけい)」。
2月の寒い寒い夜に訪れました。

夜の部オープンから15分後にお店に着くとすでに店内は一巡目の
お客で満席。2巡目を待つ行列はざっと10人未満で
一乗寺の寒さは辛いけど、ここまで来たからには並びますとも。

数分して男子大学生の3人連れがあまりの寒さに耐え切れずか
戦線離脱。これはちょっとラッキー。

そうこうしているうちに店内のお客さんも一斉にはけはじめ、
思ったより早くに入店出来ました。と言っても中でまた待つんだけどね。

そして一番奥の座敷席で相席に。
注文は行列している間に聞いてくれるので、ここからは非常にスムーズです。

gokkei02.jpg

ほどなくしてやってきた「鶏だく」
相方さんはご飯つき。

gokkei03.jpg

雨上がりの鴨川色をしたスープ…
「超濃厚肉濁鶏白湯」と名付けられているらしい。
これはもうスープというよりクリームシチュー。
もっと言えば、熱々のゲル(笑
その底に麺が沈み込んでいます。

麺は「棣鄂(ていがく)」という製麺所の太麺使用。
フレンチラーメンと同じところです。
まずは恐る恐るスープをすすって(というか「食べて」)みると、
確かに濃厚なのだけど、見た目から想像するほどに鬼畜な
くどさやエグみは感じられず、このドロドロ感は
米粉で出しているのかな?

そして麺を引き上げようとするも、スープの重みで
引き上げるのに一苦労!
ぷりっとした太麺は濃厚スープを相性ばっちりです。
最近流行りの極太メンマはあんまり好かんけどw

一見キワモノすれすれに見えるけど、しっかりとひとつの料理作品として
完成しています。強烈なのに破綻がない。そしてこの完成度で650円は本当に安い!

あとはもう完全に好みの問題。
店内は若い男性客とカップルがほとんどでしたが
20代男性がメインターゲットかな…
我々は半分食べたとこでお隣からそば湯を借りてきたくなりました
美味しかったですけどね。

gokkei04.jpg

ご飯。ラーメンのインパクトに比べてこちらは普通すぎましたが
スープかけて食べるとか裏ワザがあるんだろうか。

スタッフはとてもしっかり教育されていて、忙しいのにオペレーションも
完璧でとても好感が持てました。どろどろこってり好きな方は是非。

「麺屋 極鶏 (めんや ごっけい)」
京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
11:30~14:30
18:00~売り切れまで 月曜定休

「和カフェ・ちゃらん」

すこし前から気になっていた和スイーツカフェ「ちゃらん」
いまいち場所がわからなかったのだけど職場から割と近くと知り、
終業後に出かけてみました。

charan01.jpg

場所は蛸薬師通りの烏丸と東洞院の間。
「オステリア・バスティーユ」や「麺匠たか松」の並びです。
車通りが多かったので外観撮影できず…

入り口はあまり目立たないけれど店内は意外と広く
座席は25席ほどあってゆったりしています。
和スイーツカフェとあって女性率100%

charan02.jpg

各テーブルにはお香の代わりに茶葉をアロマキャンドルに
入れたものが置かれ、いい雰囲気を演出しています。
ただし香りはあんまりしなかったけど…
お隣にベトナム料理屋さんがあるので、その匂いに
負けてたんでしょうね。

charan03.jpg

午後のティータイムにはリーズナブルなスイーツセットがいただけます。
甘味が3種類くらいから選べ、ドリンクも煎茶、コーヒー、紅茶、ジュースなどから
チョイス可能。

charan04.jpg

このセットで580円はお得感高し!
私のオーダーは抹茶フィナンシェと抹茶チーズケーキ、
そしてお煎茶のセット。

charan05.jpg

スティックタイプのフィナンシェはほんのり温められた状態で供されます。
まろやかなバターの香りを纏った、クセのない美味しいフィナンシェでした。

charan06.jpg

別角度~
抹茶チーズケーキはほどほどのコクと適度なほろ苦さ。
甘さはほとんどありません。
抹茶づくしなのでお煎茶ではなくコーヒーにしたほうがよかったかな。
お煎茶は、日本茶インストラクターのかたが煎れてくれるんですが
思ったより普通…

全体的に、ものすごく美味しい!という感動こそないものの、
上手にまとめられていて小腹を満たすのにはジャストサイズです。
大丸さんでの買物帰りにちょっと休憩&お茶するのにうってつけ。

本格的な日本茶を愉しまれたいかたは近くのイエモンのほうが
いいかも知れません。
でもそれならいっそ「嘉木」まで足を運ばれることをオススメします。

軽食メニューも豊富だし、お持ち帰りの抹茶スイーツも沢山販売されてます。
このあたりのカフェにしては意外と知られていないのか、結構空いてますし
「使えるお店」であることには間違いありません。
夜遅くまで営業しているのも高ポイント!オススメです。

「和カフェ・ちゃらん」
京都市中京区蛸薬師通烏丸東入一蓮社町298-2
平日/11:00~22:00(L.O.21:15)
日祝/11:00~20:00(L.O.19:15)
不定休
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2017/10 (1)

2017/09 (4)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク