Nowheremanのバターサンド

nowhereman52.jpg

待ちかねたお菓子、到着~!(^o^)

nowhereman53.jpg

詩人であり、洋菓子作家である長野洋樹氏のよるオルタナティブ・ブランド
「Nowhereman」
その代表作とも言えるのがこちらのバターサンド。

近年、東京での知名度も飛躍的に上昇し、もはや入手困難になってしまったこの作品。
前回のオンラインストアはオープンから僅か数分で完売してしまい、
もたもた入力しているうちに買い損ねて涙(^_^;

nowhereman54.jpg

今回は24時間オープンということで無事購入することが出来ました!
フォレノワールをイメージしたバターサンド「その距離が感情を加速させる」。
この「バターサンド」という概念を打ち壊すかのような特異な姿。

nowhereman55.jpg

カット!
いつもながら綺麗な断面ではなく恐縮です(^_^;

nowhereman56.jpg

がっしり、ざっくりとしたほろ苦いココアサブレは単体でもとても美味しく、
ダークチェリーの穏やかな酸味を抱き込んだバタークリームの中心に
チョコレートが潜んでいます。

一瞬バタークリーム、ということを忘れてしまうほど軽やかで上品なクリーム。
そもそもこれは「バターサンド」というカテでいいのだろうか?と毎回思うほど
決して誰にも真似の出来ないオンリーワンの完成度を誇っています。

全く尖ったところのない、優しくも洗練された味。
あぁ、本当に美味しいな…と素直に味わいながら、添えられた詩を読み、
さらに想像力を働かせてみる。

Nowheremanのブランド・コンセプトは「悲しみに寄り添うようなお菓子」。

幸せや喜びの感情は誰かに「共感」されることによって、一層ふくらむものだけど
悲しみや孤独といった感情を癒してくれるものもやはり「共感」。

作り手から送り届けられるメッセージがあり、受け手がそれぞれの想いを重ねながら
それを味わってゆく。
その感想がまた作り手に新たな刺激を与え…というフィードバックが生まれ
共振する心がさらに新しい世界を広げてゆく。

そうした意味でNowheremanの作品は、お菓子そのものが「詩」であり
「音楽」であると言えるのかも。

パッケージには「13」というナンバリングが施されていました。
毎回登場する新作も今回で13作目、ということなのでしょうか。

常に意欲的な新作に取り組んでおられ、フレーバーの組み合わせも
カシス×小豆、マロン×レモン、バジル×レモン×苺、チョコ×ミントなど多種多様。

いつもいただけるわけではないので、過去の作品のアーカイヴスなど
一覧で見られればいいなぁ。
2年前にいただいた「生姜Xレモン」もとても強く印象に残っています。
いつかイスパハン風のバターサンドも食べてみたいな♡

コメント

No title

ゆきさん

幻のお菓子です。

オンラインストア、当日にチェックしてもいつも即完です、、、

ゆきさんの食レポでなんだか私も食べた気分に。。

Re: No title

シズカさん

私にとっても最近はかなり幻のお菓子です(^_^;
手づくり市で気軽にパウンドケーキが買えたことが
今となっては夢のよう…

> ゆきさんの食レポでなんだか私も食べた気分に。。

ありがとうございます~
でもいつか是非実物を召し上がってくださいね(^o^)
オンラインストアは24時間オープンのときが狙い目ですっ
Secret

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2017/10 (1)

2017/09 (4)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク