「maman et fille(マモン・エ・フィーユ)」

maman280.jpg

朝晩すっかり寒くなりました。
待望の焼き菓子ハイシーズン到来!

maman281.jpg

そしてシーズンを問わず年中ヘヴィロテしているお店
一乗寺の「maman et fille(マモン・エ・フィーユ)」。
もう今更説明不要の、毎週日曜日「焼肉屋いちなん」店舗で開催される
極上スイーツマルシェが「いちなんマルシェ」。

maman282.jpg

おなじみの定番商品の中に…

maman283.jpg

発見!今年は早くもあの「白い塊」が!
当日朝のサイトでのアナウンスを受けて、大勢の人たちが
このシュトーレン目当てに馳せつけていましたよ。

maman284.jpg

目出度くゲット~~

maman285.jpg

お会計を待つ間、居合わせたお客さんたちとのお喋りも弾みます。
極上の韓国茶をいただきながら、マモン愛を語り合ったり(笑)
ママやなほさんも加わって、オススメのお店の情報交換で時間を忘れて
長居してしまうこともしばしば。

素敵な人たちと「一緒に楽しく」繋がって、ともに心地よい時間を紡げることは
本当に嬉しいひとときです。

前の週には某有名パティスリーのシェフが来店し、大量買いして帰られたそうです。
そのお店も最近焼き菓子に力を入れているそうなので、研究に余念がないといったところでしょうか。
焼き菓子の美味しいお店が増えるのなら大歓迎ですよ~

maman286.jpg

さて帰宅!

maman287.jpg

これを買わずして年を越せない(笑)「マモンのシュトーレン」!
サイトで確認してみると去年の発売は12月7日でした。
今年は1ヶ月も早いのですね。
なほさんによると皆さんの「まだか、まだか」のリクエストに応え、今年は例年より
かなり早く仕込みをされたのだとか。

maman288.jpg

新作「木の実のキャラメルタルト」!

maman289.jpg

数種類のナッツが惜しみなく塊でごろんごろん乗っています。
一口頬張ってみると、むせかえるようなピスタチオの野趣が口いっぱいに!
キャラメルは甘さもほどよく控えめで、あくまでもナッツのほろ苦さ、香ばしさが主役。

そしてダマンドも。
マモンのダマンドといえば濃厚な杏仁風味が特徴ですが、このタルトでは控えめで
ナッツに主役を譲っています。

キャラメルナッツといえば「コレット」さんの「秋のタルト」も有名ですが
全く違う個性を放っています。もちろん、どちらも最上級の美味しさ!

フォークでは切りにくいので、手づかみでバリバリザクッ!と大胆に齧りつきましょう(笑)

maman290.jpg

こちらも新作「マッキントッシュのタルト」

maman291.jpg

「マッキントッシュ」という品種は、そう、まさしくあのアップル社のトレードマークの林檎なのです。
日本で生産されている農家はとても少なく稀少な逸品。
火を通すと水分が大量に出るのでお菓子にもジャムにも不向きということ。
それを「何とかかたちにしてみました」というなほさんの挑戦。

食感はとろりと滑らかで、噛まなくても舌の上でですぅっととろけていくよう。
レモンのように爽やかな酸味に、林檎というより桃のように甘く優しい香り。
熱でとろける一歩手前でぎりぎり固体としての形状を保っているほどの繊細さ。

これほど難しい素材の魅力と美味しさを、余すことなく引き出してしまう。
あらためて、なほさんの技術力に脱帽です!

maman300.jpg

そしてこちらが前回の…

maman293.jpg

美味しい紅玉が手に入ったときのみ作られる
「タルトタタン」!

maman294.jpg

見るからにジューシィで瑞々しい照りと艶!
「うめはん」で販売されたときにも瞬速で完売でした。

ピチピチとはじけるような新鮮さと濃厚なコクを併せ持つマモンのタタン。
サクサクの薄焼き生地もそれ単体で食べたいほど美味しくて。
紅玉ならではのキリリとした酸味にたっぷりのヴァニラビーンズが
可愛らしい甘さを添える、この季節ならではの特別なお菓子。

maman295.jpg

「グリオット・ピスターシュ」
3個入りが販売されました!

maman297.jpg

綺麗にラッピングされているのでちょっとした手土産にもうってつけですね♪

maman298.jpg

まぁるく焼かれたピスタチオ風味のフィナンシェの真ん中にグリオットチェリーが1個まるまる。

maman299.jpg

ピスターシュの黄緑とチェリーの赤紫のコントラストも美しく、
ひとくちサイズですがそれは贅沢で濃厚な風味です。

発酵バターの上澄みだけを使用されたマモンのフィナンシェは
プレーンなものでも非常にゴージャスな味わいですが、
これは本当に小さな「食べる宝石」のよう!

maman301.jpg

「カルヴァドスとりんごのケーキ」

カルバドスとりんごのケーキ。こちらはトゥルーヴィルから持ち帰ったカルバドスを使用しています。
カルバドスの素晴らしい香りをどのように皆さまにお届けしようかしら?と何度か試作を繰り返した結果、
もちろんケーク自体にもカルバドスを使用していますが、芳醇なカルバドスの香りはそのままが一番!
と思い更に別添えの小さな容器に詰めることにしました。
(↑お店の説明書きより)


maman302.jpg

うめはんイベントでの、松本由紀子さんからの「お題」によって誕生したケーク。
なほさんがフランスから持ち帰られたカルヴァドスをどのようにしてお菓子に生かすか?と
試行錯誤を重ねられた作品です。

まさにりんご・リンゴ・林檎!!
タタンにも負けないほどにりんごという果実の美味しさが隅々にまで染み渡っていて、
新作とは思えないほどの完成度!

まるで古くからある伝統菓子を古式に則って作られたような、
いわば修道院のお菓子のような、そんな風格すら感じる美味しさでした!
これは間違いなく、マモンの新たなスペシャリテ。

maman303.jpg

こちらは前々回購入の「チーズタルト」

maman304.jpg

マモンのチーズケーキはどっしり、みっしりとしたNYタイプ。

maman305.jpg

マモンといえば言うまでもなく「フランス菓子」ですが、キャロットケーキやチーズケーキなど
イギリス、アメリカのお菓子もお手の物♪
濃密でどっしりとした品格のある仕上がりは、やはりマモンならでは!
一口食べては美味しさに溜息をつき、また一口…
ゆっくり、じっくり時間をかけていただくので、ひとつ食べるのに大変時間がかかります(笑)

そして、自分の拙い語彙力でもって記事を書くのもまた時間がかかるのです(笑)
もう「ウマァー!」でいいや!と思うのですが、この美味しさを何とか言葉にして伝えたくて。

実はもっと画像があるはずなのですが見つからない…
撮影しないで食べちゃったのかも(^_^;
また見つかったら追記ということで(笑)

シュトーレンは只今絶賛寝かせ中~~
また別枠にて暑苦しく語りますっ!(笑)

maman306.jpg

さてさて追記!フォルダの奥深くから発掘しましたえ~
こちらは確か新しいカメラに買い換えてから記念すべき一枚目に撮影した画像です。

maman307.jpg

定番のレーズンサンド

maman308.jpg

がっしりと分厚いサブレ生地にバタークリームの濃厚なコクとラムレーズンの芳香。
何度食べても新鮮な感動が味わえる作品です。

maman275.jpg

「うめはん」で初披露された新作「バレンシアオレンジのマドレーヌ」

maman276.jpg

バターリッチな生地にバレンシアオレンジの鮮やかな酸味。
真夏の盛りにぴったりのマドレーヌでした!
販売期間はとても短かったのでいただくことが出来てラッキー♪

maman277.jpg

そしてこちらもレアな「フレッシュアプリコットのタルト」

maman278.jpg

サイトにはあえて「季節のタルト」とだけ表記してありましたが
これは!と思いお店へ行くとビンゴ!(笑)
美味しい杏の生果実が手に入ったときだけ作られる非常に稀少なタルトなのです♪

maman279.jpg

ご覧のように生果実はドライと違い、火を通すとペースト状にとろけて見た目の存在感は殆どありません。

しかし一口いただいてみると、フレッシュならではの鮮烈な美味しさは驚きのものでした。
きんとんのように滑らかなダマンド全体にも、きゅんとした酸味がしっとりと染み渡り
もう「鮮やか」としか言いようのない、目の覚めるような美味しさでした!

「マモン・エ・フィーユ」
京都市左京区一乗寺北大丸町51
焼肉屋「いちなん」店内
10:00~16:00まで 日曜日のみ営業
HP

コメント

Secret

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
最近のコメント
Categories
月間アーカイブ

2017/08 (8)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク