ブーランジェリースドウのシュトーレン・和み

nagomi1702.jpg

さて、2017年2本めはこちら!!

nagomi1703.jpg

世田谷の人気店「ブーランジェリースドウ」さんの和心あふれるシュトーレン「和み」

他府県からの通販申し込みは至難の業らしく(通販用の電話受付があるのは期間中2日間だけで
当然まったく繋がらないそうです(^_^;)

いっそこの際東京まで買いに行くかなぁ…と思っていたところ
東京にお住まいのSさんが代理購入を申し出てくださいました!
あぁ、ブログをやっていて本当によかった(笑)

nagomi1704.jpg

早速Sさんの御厚意に甘えさせていただき…
そして無事私の元にやってきたシュトーレン♡♡

まずは原材料表記。
スタンダードな材料の中に大納言、うぐいす豆、よもぎ、きな粉など和素材がずらりと並んでいます。
リ・スフレという聞き慣れないものは「揚げ米」のようです。

nagomi1705.jpg

開封開封~
まず一番外のビニールを剥がすと、ラップでぴっちりと覆われています。
和のシュトーレンだけあって、このラッピングの仕方が何だか褌ちっく?(笑)
でもこの締め方はすごくぴったり締まるので、いろいろ応用出来そうです。

nagomi1706.jpg

ずっしりの重量感!
大まかなサイズは全長16㎝、横幅9.5㎝、高さ4.5cm、重さ440g。

nagomi1707.jpg

表面を覆っているのは黄粉。おそらく和三盆で甘みをつけてあるかな?
ノンスパイス、ノンお酒、ノン柑橘なので開封時のあの独特の香りはなく、
シュトーレンにあるまじき?大豆の香りがふわりとします(笑)

nagomi1708.jpg

カット!みっしりとしてけっこう力がいります。
そして表面の黄粉はバラバラと崩壊。
断面はフリップアップさんのあのパン(名前が出てこん…(^_^;)に似てますね。

nagomi1709.jpg

代理購入していただいてから一週間後の状態です。
かなり熟成が進んでいる感じ。
では実食!

nagomi1710.jpg

おおお…これは和菓子だ。
シュトーレンの姿をした和菓子!(笑)

この緑色は抹茶ではなくよもぎ。
店主さんのブログに、「小さい頃おばあちゃんと一緒に作った草もちのイメージ」とありました。

一見素朴に思える生地はスペイン産マルコナ種アーモンドのマジパンと生クリーム配合でとってもリッチ。
よもぎの野趣をクリーミィなまろやかさが緩和し、とても丁寧で繊細な味わいです。

食感は京都の「ひつじ」によく似てシャクシャクとした感じ。
使用されている砂糖が和三盆なのも共通していますね。

あられのような食感のリ・スフレが時折カリッと香ばしいアクセントを添えています。

スパイススキーな私は、通常スパイスレスなシュトーレンは好まないのですが
この「和み」は不思議なことに、気がつけばいくらでも手が出てしまいます。

まったりと穏やかで郷愁を誘う味なのに、中毒性が高い(笑)
そして甘さが控えめで砂糖衣もないので罪悪感も少ない(^_^;
とはいえバター風呂にどぶ漬け込してあるので、カロリーは通常のシュトーレンと
変わらないどころか相当爆裂ですが…

衝撃の入浴シーンはコチラ

また、このバターがフレッシュでとても美味しいんです。
フレッシュなシュトーレン、という言い方も語義矛盾のようなのですが
砂糖衣で固められていないので、賞味期限も2週間と短め。

だから~早めに食べてしまわなくっちゃね~~~♪ (΄◞ิ౪◟ิ‵) (΄◞ิ౪◟ิ‵) (΄◞ิ౪◟ิ‵)

…と、何かと都合のいい言い訳ばかり与えてくれる、まったく抜かりのない超危険物なのであります(笑)

あと和素材つながりで柚子ピールも入っていたら、完璧にノックアウトされていたことでしょう♪

Sさん、本当にありがとうございました!

ブーランジェリースドウFB

コメント

Secret

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2018/05 (3)

2018/04 (10)

2018/03 (14)

2018/02 (11)

2018/01 (10)

2017/12 (14)

2017/11 (13)

2017/10 (8)

2017/09 (10)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (8)

2017/05 (8)

2017/04 (19)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (10)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (16)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (8)

2015/09 (9)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (8)

2015/04 (15)

2015/03 (9)

2015/02 (10)

2015/01 (10)

2014/12 (13)

2014/11 (7)

2014/10 (9)

2014/09 (9)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (18)

2014/03 (11)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (13)

2013/11 (7)

2013/10 (8)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (25)

2010/07 (6)

2010/06 (8)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク