シュトレンパーティー2017・実食編②

party1726.jpg

さてさてすっかり遅くなりましたが…

2017シュトレンパーティー@ふ和り、後半戦いきます!

party1718.jpg

「CINQ(サンク)」

「ル・シュクレ・クール」出身の長岡京の名店。
数年前に移転されてますます駅から遠くなり、すっかり足が遠のいてしまいましたが…(^_^;

今は閉店されましたが以前「ウニール」のカフェが市内(御幸町御池)にあったとき、
クリスマス限定イートインで、こちらのシュトーレンをいただくことが出来ました。
そのときのウニールさんからの商品説明↓

CINQさんのシュトーレンにはいちぢく・ブルーベリー・レーズン・クランベリーなどのドライフルーツがたっぷり。
そしてカシューナッツ・ピスタチオ・スライスアーモンドなどのナッツ類もぎっしり。

スパイスとお酒、ピール、フルーツ、ナッツのバランスが最高!
まずはじめにオレンジピールの爽やかな芳香、それからスパイスの風味がやってきて
あとからナッツの香ばしさ。舌の上で素材の風味が次々と重なってゆく味の波状攻撃!

ドライフルーツから染み出したラム酒の風味も素晴らしいもの。
これこれ、これぞ私のシュトーレンに求めるものであります♪♪
パン寄りの生地のしっとり加減も超好み!

party1717.jpg

「ル・プチメック」

数年前には1000円強だったリーズナブルなお値段が今では2000円弱に…( ;´Д`)
このお店に限ったことではないのですが、年々値上がりが著しい商品なので
毎年どれを選ぶか本当に悩ましいのです。

今回集まったシュトーレンの中では2番目にスパイスが効いていました。
そして意外と甘いと感じたのは表面の粉糖がしっかりかかっているから。

やはりさすがの存在感を感じます。

香り高いスパイス、シュトーレンには珍しいりんごのコンフィ、
甘く優しいヴァニラの香り。コリコリと香ばしい風味豊かな胡桃。
王道路線を堅持しながらもその中に独特の個性を閉じ込めた作品は強く印象に残りました。
弾力のあるパンタイプの生地そのものが香ばしくてとても好み。

party1719.jpg

「はちはち」

今回集まったシュトーレンの中で一番ビッグサイズです。

大好きなタイプのシュトーレンですが、毎年買おうと思いつつ気がつけば
予約期間が終わっている…を繰り返し(^_^;いただくのは5年ぶりでしょうか?

レーズンに胡桃、ピールにマジパン、という極めてシンプルな姿の中に
美味しさがみっしり詰まっています。

弾力のあるドイツパン生地はそれだけで美味しく、
またスペイン産マルコナ種のアーモンドで作られた大きなマジパンの
ねっとり濃厚な風味はダントツ!

このお店の素晴らしいところは、予約を受けて引取り日から逆算して製造に入り、
引取り日には丁度いい頃合に熟成されているということです。

移転されて味が変わったのではないかな…とすこし心配していましたが杞憂に終わりました。
ドイツパン専門店の、堂々たる風格を感じる味は健在!!

余計なものを足さない、引かない、完成された黄金比率を感じるような味でした。

party1720.jpg

「トラン・ブルー」

粉糖がたっぷりまぶさっているため、思ったよりもしっかり甘い。
ナッツとピールの風味が際立って印象的。スパイスはそれほど感じません。
開封直後のサクサクとドライな生地は日を追うごとにしっとりしてき、
おそらくは寝かせれば寝かせるほど「化ける」タイプのシュトーレンです。

パーティー当日はまだ熟成が十分ではなく、それぞれの素材が互いに主張し、
全体的な味のまとまりはやや欠けた印象でした(それでも十二分に美味しいのですが)。

10月の予約開始日当日に予約し、12月20日着を指定しましたが、
11月下旬を指定して1ヶ月くらい家で寝かせればベストな熟成具合だったかも。

とはいえ、端整な風格を感じるような品のある美味しさは心に残るものでした!

(後日談;家に持ち帰って10日間寝かせたひときれは見事に「化けて」いました♪
ラム酒の風味が生地全体にまわってしっとり、栗は入っていないのですが生地がまるで
マロングラッセのようなほっくりと濃密な味と香りに変化して素晴らしい美味しさに!)

party1721.jpg

「パリ・アッシュ」

【 stollen 】シュトレン

今年はドライフルーツを控えめにし、素材の持ち味を活かす為に、各々を違うお酒に漬け込み、
アルザス的なイメージを出す為にライ麦粉を使用し、スパイスも効かせてみました。
中には、とてもビターな味わいのスペイン産ローマジパンを包んでおり、全ての味をまとめあげております。

(原材料)
小麦粉・ライ麦粉・砂糖・バター・卵・イースト・塩・酒・アーモンド・有機マスカットレーズン・
野生種ブルーベリー・オレンジピール・レモンピール・イラン産生ピスタチオ・ドレンチェリー・スパイス

(↑お店のブログより引用)

ドライフルーツ控えめと書いてありますがご覧のように十分ぎっしりです(笑)
ドレンチェリーの赤色が入ると華やかでテンション上りますねぇ♪

各々違うお酒に漬け込まれたフルーツはひときわ香り高い存在感を増し、
むしろナッツは控えめに感じました。
そして説明書きにある「とてもビターな味わいのマジパンローマッセ」
この一文に惹かれての購入でした。
どんな味か想像がつかずちょっと博打気分(笑)でも好奇心のほうが勝り…

実際はレモンピールが効いていたのかな?ビターという感じではなく、
爽やかな香り豊かで食べやすいものでした。

購入から1ヶ月寝かせての実食だったので、まろやかに変化していたのかも知れません。
生地はしっとりと食べやすく、スパイスはほんのり。キリリと洗練された気品を感じる味でした♪

parish1711.jpg

こちらは苺ヴァージョン。
試食用に取り分けておいたものを持参しました。
(画像は以前の使いまわし)
10等分にすると刺身のようにうっす~いものになりましたが
まああくまでも味見がてらという事で(^_^;

開封直後に感じた独特の酵母臭は、1ヶ月寝かせるうちにすっかり消えて
苺本来のキューンと甘酸っぱい美味しさが前面に出ていました♪

寝かせれば寝かせるほどクセがなくなり美味しくなるタイプのようです。

party1722.jpg

「ブーランジェリースドウ」

さてどんじりに控えしは~~♪♪

別名「スドーレン」
やってきました東の横綱!
他府県への通販はシーズン中わずか2日間設けられた電話受付のみ。
それも全く繋がらないらしく今回最もハードル高い、ある意味幻のシュトーレンでした。

しかし願えば叶うもの。
今回東京から参加されたSさんが持参して下さいました。

しっかり寝かされた完熟の味は流石の貫禄!!

惜しみなく全てホールで投入されたナッツにフルーツ、しっかりとしたラム酒の風味。
「バター風呂」に漬け込まれているため、フレッシュな風味が素晴らしく、
極上のフルーツケーキがバターのドレスを纏っている感じです。
一口一口、じっくりと味わいながらいただきました♡♡

party1709.jpg

【総評】

今回のパーティーに集まったシュトーレンのうち特に私の印象に残ったものは
まさかいただけるとは思わなかった「ブーラジェリースドウ」は別格として
生地の美味しさでは「シェ・ル・ボタニスト」大胆なスパイス使いが印象的な「hitsuji-do(ひつじどう)」
安定の貫禄を再確認した「ル・プチメック」そして久々にいただいた「サンク」の生地と具材のバランス感がとても好みでした。

また、今回強く感じたことは「熟成」のタイミング。
今回は昨年より2週間遅い開催、でも人気店の商品は早く購入しないとなくなっちゃうし…
ということでパーティー当日にピーキングを持ってくるのは難しかったのです。

とはいえ、若くフレッシュな味のほうが美味しいタイプもあるし、
熟成させすぎて驚きの大化けをするものもある。
そのあたりはもう出たとこ勝負で(笑)その都度のタイミングを楽しんで味わうのが正解かも♪

理想的には、2週間前くらいに購入して家で寝かせるのがベストかも知れません。


最後に、今年も素晴らしい会場とおもてなしをご提供してくださった「町家サロンふ和り」のあおさん、
この日のためにとても美味しいコーヒー豆をブレンドしてくださった「Hibi Coffee」さん、
そしてその豆で絶品コーヒーを淹れてくれた珈琲王子、
年末の忙しい中お集まりくださった皆さん、本当にありがとうございました!

party1723.jpg

こちらはお土産~。あおさんお手製のツリー型をしたクリスマス抹茶マフィン!

party1724.jpg

大阪森小路「菓子工房さぶるー」さんの自家製チェリーコンポートとコラボ♪
ほんのり温め、シュトーレンシュガーでお化粧してみましたよ。

むちむちふっくら、しっとりときめ細やかで優しい甘さと抹茶のほろ苦さ!
あおさん、ご馳走様でした!

party1725.jpg

さらなるお土産(笑)
カットするとき散らばったお砂糖は発酵バターやラム酒、スパイスを吸って絶妙のお味。
捨てるなんて勿体ない!とすべて別皿に受け止めたものを帰りに持たせていただきました(笑)(笑)
濾し器で濾してミルクティーに入れれば絶品チャイ、そしてラム酒とバターを絡めたお餅にふりかければ
絶品「シュトーレン餅」!(笑)カロリー的なことはこのさい自己責任でね~~

ふうぅ~やっと終わった!
毎度長い長い文章、ここまで読んでくださった皆様お疲れ様でした&ありがとうございました!

シュトレンパーティーはまた本年も開催する気満々です(^o^)

コメント

Secret

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2018/10 (6)

2018/09 (11)

2018/08 (12)

2018/07 (20)

2018/06 (16)

2018/05 (12)

2018/04 (13)

2018/03 (15)

2018/02 (13)

2018/01 (12)

2017/12 (16)

2017/11 (14)

2017/10 (13)

2017/09 (13)

2017/08 (12)

2017/07 (17)

2017/06 (10)

2017/05 (11)

2017/04 (19)

2017/03 (11)

2017/02 (10)

2017/01 (14)

2016/12 (14)

2016/11 (13)

2016/10 (12)

2016/09 (11)

2016/08 (11)

2016/07 (19)

2016/06 (14)

2016/05 (13)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (8)

2016/01 (9)

2015/12 (16)

2015/11 (11)

2015/10 (9)

2015/09 (11)

2015/08 (9)

2015/07 (14)

2015/06 (8)

2015/05 (8)

2015/04 (17)

2015/03 (10)

2015/02 (12)

2015/01 (11)

2014/12 (17)

2014/11 (10)

2014/10 (10)

2014/09 (12)

2014/08 (14)

2014/07 (17)

2014/06 (11)

2014/05 (13)

2014/04 (20)

2014/03 (12)

2014/02 (7)

2014/01 (12)

2013/12 (13)

2013/11 (7)

2013/10 (8)

2013/09 (12)

2013/08 (11)

2013/07 (14)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (14)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (16)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (25)

2010/07 (6)

2010/06 (8)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (5)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (15)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク