甘泉堂の水羊羹

kansendo01.jpg

祇園四条、現代美術館の脇道の、大人二人がやっとすれ違えるほどの
路地(ろおじ)を北へ上がると、そこには古い和菓子屋さんが

kansendo02.jpg

「とりどり最中」そして夏季限定の「水羊羹」で
有名な「甘泉堂」さん。
この夏、コメント欄でかまろんさんから教えていただき
行こう行こうと思っているうちに9月も終わってしまい

「水羊羹」は9月までということで、もう無理やろなと
思いつつショーケースを覗くと…

kansendo03.jpg

じゃ~ん。無事ゲッチュ~!間に合った!

kansendo05.jpg

水羊羹にしてはちとお高いですが、迷わず購入しました。
だってね、来年まで待ってられないもん。
ていうか、人気の老舗の閉店が相次ぐ中、呑気に
「来年買えばいいや」とはもう思えなくなって。

もっと言えば…来年というものが普通にやってくる、と
無邪気に信じられた幸福は、3月11日よりずっと以前から
失ってしまってるなぁ。
でもだからこそ今日を大切に、という思いもいや増すもので。

…と話が大幅にズレてきそうなので水羊羹に戻ります。

kansendo06.jpg

オープン!
厚紙の箱の底に薄いセロファンを一枚敷いた状態で、
直接羊羹が入っています。
なので、数日経つとこの厚紙がだんだん水分でふやけてちょっと
えらいことになるので、開封後は早めに別の容器に移したほうが吉。

kansendo08.jpg

鍵盤のように整然と並んだ姿が美し~

kansendo09.jpg

右端の2個だけがこのようにプラの笹を敷かれ、取り出しやすいように
なっています。
これを持ち上げて取り出した後は、残りも取り出しやすいという
親切設計ね。

kansendo10.jpg

なんとも瑞々しい姿。
一口、口に含んでみるとほろりと崩れすぅっととろける
儚い食感。
甘さはごく控えめで、最後にはさらし餡の微粒な食感と
小豆の風味が残ります。

私はあまり水羊羹を食べないんですが(自分でお金を出して
買ったのは今回が初めてかも)、でもどこかで食べた気がするな…
あ、そうだ、「紫野源水」の「涼一滴」に似てるんだ!
こちらのお店の方がはるかに古いので、似てるのはあっちなんですが。

「涼一滴」の研ぎ澄まされたような素材の厳選感や清冽さに比べると、
こちらはもっと素朴な親しみやすさが感じられます。
でも祇園という街の歴史や風格を感じられる味。
はんなりとした優しさの中に、美味しいものを食べつくしてきた
旦那衆をうならせるような透徹した味わいが。

しっかり甘い和菓子が好きな人には少し物足りないかも。
「紫野源水」や「聚洸(じゅこう)」さんのお菓子が
好きな方には間違いなくオススメ!
かまろんさん、今回もありがとうございました~

「甘泉堂」
京都市東山区祇園町北側344-6
10:00~22:00まで 日曜定休

コメント

No title

YUKIさん

いつも楽しく拝読させていただいてます。

水羊羹ゲットされたんですね!よかったです。
甘泉堂さんは場所柄、遅くまで営業されているので
私にとって仕事帰りに伺える貴重なお店です。
水羊羹と入替りで登場している栗蒸羊羹もおすすめですよ!

あと突然なんですが、過去の記事で何度かご紹介されている「Flip up!」さんの
マドレーヌ??が最近の一番のヒットでした。
(↑名前、失念しました。価格はちょうど100円くらいだったような。。曖昧ですみません。。。)
定番商品かどうかは分かりませんが、まだ未食でしたらゼヒ!

Re: No title

かまろんさん、こんばんは!

この度も、よいものを教えていただき、ありがとうございました(^o^)
水羊羹、ぎりぎりゲットでしたよ~
栗蒸し羊羹と一緒に並んでいました。
おばちゃんも、最初は無愛想かと思っていたら、お喋り好きでいい方ですね~

Flip Up!のマドレーヌのようなパン、
なんとかブリオッシュ…だったと思います(いいかげんi-229
確か定番商品ですよ!
Flip Up!の画像、また溜まってきているのでそのうち折りを見てUPしますね♪
Secret

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
Categories
月間アーカイブ

2017/10 (1)

2017/09 (4)

2017/08 (11)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク