京わらびもち 茶洛(さらく)

京都のわらびもちならここが一番と推す声も高い
西陣の「京わらびもち 茶洛(さらく)」。
11時開店、売切れ次第終了というお店なので平日は
行くことができず、ようやく休日に重い腰を上げました。

朝からの大降りと午後からの雷雨の隙をかいくぐり
短時間の晴れ間にうまいもんゲット。
晴れ女万歳!

saraku01.jpg

場所は智恵光院通りと鞍馬口通りの交差点を東に入った南側。
北大路通りから行くと大徳寺の石段正面の道を鞍馬口通りまで
下がったところにあります。

昔ながらの民家が建ち並ぶのんびりした街並みですが、少し前までは
メディアの影響などで開店前から行列が出来てお昼には完売、という
状況だったそうです。
地元の人たちはさぞかし面食らったことでしょう。

現在はそうした一時の熱狂も収束し、お店は穏かで落ち着いた佇まいを
取り戻していました。

sarasa001.jpg

そして2軒先に「さらさ西陣」発見!
これまでイマイチどこにあるのかよくわからずにいたのですが
ここだったのね。また今度食べに来ようっと!

saraku02.jpg

わらびもちに戻ります。
10個入り800円、15個入り1200円、20個入り1600円で
ばら売りはないようです。
あらかじめ包装された状態で用意してありました。

そして寄り道もせず直帰~
帰りのバスの中でも早く食べたい衝動を抑えきれない思いです。

saraku03.jpg

開封開封。うひょ~
見た目だけでもとろり~んとした柔らかい食感が感じられます。
写真なんか撮ってないで早く食べたい(^_^;
色がとても濃いのにも驚かされますね。
抹茶とニッキの2種類が半々ずつ入っています。

saraku04.jpg

その「柔らかさ」で定評があるわらびもちですが、
あまりの柔らかさに箸でつまんで器に移すのにも苦労しました。
そしていざ実食。

んんん、とろける!
先日いただいた「竹路庵」の弾力と「藤菜美」の柔らかさを
併せ持ったような食感です。
それでいて「竹路庵」のどっしりとした弾力とも「藤菜美」の
水のような透明感のある儚さとも違い、一言で言うと
わらびもちというより「羽二重餅」そのもののような食感です。

帰宅後すぐ、常温の状態で試食したときは抹茶とニッキの味が
やや強すぎると感じ「これは、味に関しては結構好みが分かれるかも…」
と思いましたが、その後冷蔵庫でしっかり冷して夜に再びいただいた時には
とてもまろやかで上品な味わいに変わっていました。

まろやかでいて、非常にすっきりとした、清冽な味。
やはりしっかり冷してから食べるのが正解なのですね。

先月から美味しいわらびもち探索を続けていますが、同じわらびもちでも
お店によってこんなにもユニークな個性が出るものなのかと驚きです。
今後もしばらく色んなお店のものを試してみるつもり。
今のところ、私の好みでは「藤菜美」がマイベストです。

で「茶洛」に話を戻すと、このお店はデパ地下や催事出店などは
していないので、わらびもちを食べようと思うとお店に行くしかありません。

中心地から離れていてやや不便な場所にありますが、
近くには大徳寺の門前に紫野松風の「松屋藤兵衛」、すこし歩けば
「紫野源水」や「嘯月」(要予約)
さらにバスに乗って北大路を東に行けば黒みつだんごの「美玉屋」もあり
非常にコアな和菓子ツアーが堪能できると思います。

「京わらびもち 茶洛」
京都市北区紫野藤ノ森町10-2
★2012年9月6日、今出川大宮に移転されました★
新住所↓
京都市上京区今出川大宮西入る元北小路町147
11:00~売切れ次第終了
木曜・第3水曜定休 HP⇒

藤菜美のわらびもち

fjnm01.jpg

おいしいわらびもちシリーズが続きます。
本日は「藤菜美(ふじなみ)」の「ほんわらび」。
以前から名前は知っていましたが本店が山科勧修寺ということで、
予約販売のうえ場所も非常にわかりにくいらしく、難易度高いなぁ…と
思っていたら。二寧坂(二年坂)にも店舗があるとのこと。
めっちゃ徒歩圏内です♪しかもこちらは予約いらず。

早速就業後出かけました。6時の閉店ぎりぎりで、売り切れてないか
ヒヤヒヤでしたが、無事ゲット。
場所は二年坂の西側にある「洲浜屋」という御土産ものの複合店舗の
一番手前右手側。すぐにわかります。

fjnm02.jpg

四季折々の花が描かれた包装紙がきれい。
店頭では冷たい氷水をはった桶に試食品が並べられ、一口食べてみて
とろける食感に驚きました!

fjnm03.jpg

11センチ四方のスチロール製の枡に黄粉と抹茶の2種類が入っています。
このサイズ(270g)で735円はちょっと割高感がありますが

fjnm04.jpg

一口食べてみると決して割高とは思えませんよぉ。
求肥のような儚い柔らかさ、つるりと滑らかな喉越し、瑞々しさが滴るような透き通った食感。
灰色に近い色は本蕨100%とのことです。

fjnm05.jpg

先日食べた「竹路庵」のふっくらもちもちの食感とは対照的で
ちょっとお行儀悪いけど指でつまんでみたら伸びる伸び~る。
いつまでもプニプニしていたくなるような愛おしい感触なのでした(^_^;

どちらも美味しいのですが私の好みから言えば「藤菜美」に軍配です。

ロケーション的に、地元民よりも旅行者のかたが知らず知らずのうちに
口にしていることが多いかも?

「おだんごの店 藤菜美」
山科本店
京都市山科区勧修寺瀬戸河原町45
10:00~18:00 日祝定休

清水二寧坂店
京都市東山区高台寺南門通桝屋町349二寧坂「洲浜屋」内
10:00~18:00 年中無休

HP⇒

竹路庵のわらびもち

tikuji01.jpg

「おいしいわらびもちが食べたーい!」
願えば実現するもんです。
美味しいと評判のお店、嵯峨野にある「竹路庵」のわらびもち。
食べてみたいけどわざわざ嵯峨野までは行かないなぁ、と思っていたら
偶然立ち寄った心斎橋そごうに期間限定で出店していました。

tikuji02.jpg

全3種類。抹茶と黒糖とプレーンがあり、売り子のお姉さんがニコニコと
気前よく、次から次へと差し出してくれました。また試食品が大きいの!
抹茶はちょっとお茶の香りと苦味が強かった気がし、黒糖も確かに美味しかったのですが
結局素朴なプレーンが一番気に入って、1箱購入。

tikuji03.jpg

一切れ一切れが大きい!
くろもじでカットするとかなりの弾力を感じます。
淡い紅茶色というか薄い飴色をした、艶々の断面が美味しそう。
画像を撮らなかったのが悔やまれます。

ぷるぷる系ではなくて、粘度もそれほど強くなく「ふっくら、むっちり」といった
表現が合うボリューミーな食感!
黄粉もたっぷり降りかけられていますが、さらにパック入りの黄粉もついてきます。
わらびもちには黄粉と黒蜜をかけていただくことが多いですが
今回は素朴な味を楽しみたいので黒蜜はなしで。

うむ、これぞ私が食べたかった「ザ・わらびもち」。
人々の期待を決して裏切らない、実直なスタンダードさが素敵です。
実は先週会社でおやつに「鶴屋吉信」の「本蕨」というのをいただいたんですが
「わらび」と呼ぶにはどうにも納得いかないものだったので…
(こちらに関してはちょっと長くなるかもなので(^_^;後日あらためて)

竹路庵に話を戻します。
有名店なのでてっきり本店以外にも幅広くデパ地下展開していると
思っていたら、京都は嵯峨野本店のみなんですね。
大阪は梅田大丸に店舗があるようです。
心斎橋そごうはこの期間のみ。ラッキーでした。
次回はいつ会えるやら。マメに出店情報チェックしときましょう。

賞味期限は当日のみということですが、午後に購入して
夜まで持ち歩き、帰宅後冷蔵して翌日いただきましたが
それでも充分風味豊かで美味しかったです。

「京 嵯峨野 竹路庵」
京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町45-4
HP⇒

わらびもちの季節

warabi01.jpg

6月。和菓子屋さんの軒先に夏の涼菓が並び始める季節です。
若鮎、水無月、葛まんじゅう…そしてわらびもち♪
画像はお気に入りの店「「亀屋廣和」さんのわらびもちと季節の生菓子「びわ」「青梅」。

わらびもちは手に取るとふるふると頼りなげに震えます。
粘り気は少なめでぷるぷる感が強く、中はさらりと柔らかい漉し餡。
表面にまぶされた黄粉はとてもきめ細やかで繊細な印象。

びわと青梅は漉し餡をこなしに包んだお菓子。
デフォルメされた青梅はそら豆のようにも見え、ユーモラスで愛らしい姿です。
どちらも、ほんのりとまろやかな甘さで口の中でとろけてゆきます。

このお店のお菓子は全体的にさらりとして甘さ控えめ、クセのない素直な味わいで
しかも上品です。
そして、何を選んでも美味しいという信頼感がありますね。
お値段も比較的安く、カジュアル気分で気軽にいただけてとても重宝!

この季節には「元祖黒糖水無月」がイチオシ商品のようですが
この日は売り切れで買えませんでした。

場所は御所の南側。烏丸丸太町バス停南側すぐです。
美味しいおやつを買って目の前の御所の休憩所でいただくのもオススメ。
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
最近のコメント
Categories
月間アーカイブ

2017/08 (9)

2017/07 (16)

2017/06 (6)

2017/05 (8)

2017/04 (18)

2017/03 (9)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (8)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク