「ねねの湯」のうまいもん

食べ物ネタのほうが筆が進みそうなので(笑)
こっちから先に書き進めてみます。

お店のHPに閉店のアナウンスが出たのが7月22日。
私がそれを知ったのが1ヵ月後の、閉店まであと10日を残すとき。

8月26日から31日までの6日間に合計3回通いました。

nene13.jpg

これが1度目のお食事
「胡麻だれ冷麺」だったかな?
けっこう美味しそうに見えるでしょ?

しかし…これは辛すぎた…(^_^;
味が濃すぎてスープはほとんど飲めなかったな。

食事の後休憩場所で1時間ほど爆睡してるうちに
お客さんがどんどん増えて、食事処は1時間待ちとかに
なっていました。

nene14.jpg

2度目は朝イチにお出かけ。
開店してすぐはお風呂も空いていたけど
10時半頃には洗い場もないほどの混雑に。

この日はお食事はやめておやつ購入~

nene15.jpg

日向夏メロンパンに白くま!

nene16.jpg

表面のクッキー生地はみかん味で、中にも夏みかんジャムがたっぷり。
これはなかなかウマい!
「オリエンタルベーカリー」製なのであちこちで取り扱っていそうですね。
でも夏場の季節モノかな。

nene17.jpg

そして白くま

nene18.jpg

パインにみかんに小豆と具沢山!そして美味!
まったりとした練乳の中に微細氷が入っていてシャリシャリ。

nene19.jpg

「センタン」というメーカーのものです。
検索したら、この会社の白くまは美味しいと評判らしい。

nene20.jpg

そして3度目。
いよいよグラン・フィナーレです。
立ち去りがたい思いでいただいた最後の食事は
「カレーあんかけうどん」

nene21.jpg

ん、これは美味しい!
鰹出汁がよく効いて、ものすごい具沢山であっつあつ!
余った野菜全部投入してくれたんじゃなかろうか?
ハフハフいいながら、少々火傷しつついただきました。

最後の日は、閉店時間の12時ごろまでお客さんが一杯だったようです。
スタッフさんは涙ながらにお客さんにお礼の言葉を告げていたとか。

最後まで懸命に働いていたスタッフさん、
新しい職場でも、また素敵な笑顔で頑張ってくださいね。
陰ながら応援しています。
本当にありがとう。

papa_s01.jpg

「ねね」の裏手にあるケーキ屋さん「パパ・シュロス」
いつも「パンフルート」に行くときに前を通っていて
気になっていたので、ついに初訪問。

この日はなんと全商品20%オフ!こりゃ買って帰れってことですわね。

papa_s02.jpg

生ケーキが美味しそうだったけど暑い日だったので
パウンドケーキを3つ購入。チョコに抹茶にオレンジ。
どれもしっとりと上品で美味でした。
「カステラロール」も美味しそうだったな。

「ねねの湯」閉店です…

nene04.jpg

虫の知らせってあるんだな。
普段は滅多に覗かないミクシの「関西の温泉」コミュを
ふと何気に覗いて見つけたその知らせ。

「今月いっぱいで閉館」
十周年を間近に控えての、突然すぎる悲しい告知でした。

nene05.jpg

2002年2月のオープン直後から通っていたお店。
有給とって、10年分のありがとうを言いに出かけてきました。

nene07.jpg

受付の左手にある食事処「ねねのまんどころ」
何度ここでご飯を食べたことでしょう。

nene06.jpg

お風呂は2Fにあります。
この階段を上がるのももう最後だなんて。

お店のブログによると、閉店の理由は地下水の枯渇ということ
(このお店のお湯は伏見の地下水)。
地下鉄の石田駅が出来てから、地下水が出なくなったらしく
水道水を代用して営業を継続するも、経費がかかりすぎて
お客さんが来れば来るほど赤字がかさんでいったとか…

nene08.jpg

「ねねの湯」といいながら不思議にバリだったこのお店。
EV前に鎮座する謎の貴方ともお別れなのね。

nene09.jpg

休憩所の薪ストーブ。
冬になると実際に薪がくべられていました。

nene10.jpg

トイレもこんな感じ…

最後のお風呂、感謝の気持ちで堪能しました。
想い出がありすぎて…

9年前、私がここに通い始めたきっかけは、重度の肩凝り。
仕事のしすぎから悪化させてしまい、肩から首、背中、腰にかけて
鉄板のような状態になり、24時間頭痛が続き、右手は使えず
10分間同じ姿勢で立っているのもしんどいほど。

鍼灸、マッサージに通い続けても状態は悪くなるばかり。
お医者さんからも「どうしてここまで悪くしたの」と呆れられるほど。

そんな体が、ここに通い始めてから少しずつ少しずつ良くなっていった。
半年ほどしてようやく普通の生活が出来るようになってからも
定期的に通い続けた。

京都市内のスーパー銭湯というととかく狭くてうるさくて落ち着かず、
行けば逆にストレスが溜まるようなところも多い。

でもこのお店は本当に広々として清潔で開放的。
体だけでなく、心のリフレッシュにもうってつけだった。

石英で作られた露天が私は何よりのお気に入りで、
かまちの一部の竹で作られたベンチのようなところで寝転んで
青空を眺めながら、勢いよく流れる人工の滝の音と、植え込みの木々が
風にそよぐ葉音を聞いていると、嫌なことなんていつでも消えてなくなった。

朝には清らかな太陽の光に水面がきらめいて、夕方にはそれが金色に輝いた。
夕刻の内湯には夕日が差し込んで浴室全体が金色の湯煙にけむって夢のよう。
冬には雪見風呂も堪能したっけ。

2003年秋、長年続けた仕事を辞めることになった頃、夕方このお店から外に出ると
空一面が見事な薔薇色に染まっていた。
この山あいの街の空。180度見渡す限り、この世のものとは思えないほど
美しい、世界全体を黄金と薔薇に染め上げる祝福のような空の色。

駐車場のところから、西に傾いてゆく金色の夕日が最後の光輝を放って
瑠璃色の帳に隠れてゆく瞬間まで、あまりの美しさに涙を流しながら
ずっとその場所に立ちすくんでいたな。

あの時は神様から「よく頑張った」とご褒美をもらった気がしたよ。

nene11.jpg

このお店よりもよい泉質のスパ銭なら市内には沢山ありました。
だけどこのお店が私にとって唯一無二の場所。
過去も現在もこれからもずっと。

nene12.jpg

※2012年3月25日情報追加
速報!2012年4月末リニューアルオープンとのことです!

新年初スパ

nizaemon01.jpg

年末年始の京都は本当にお天気がよくて、コートもいらないような暖かい小春日つづきでした。
京の町はいつどんな季節にも(蒸し殺される夏も、峻厳を極める冬ですら)美しいと思うけど、
特にお年始のすがやかさは毎年格別。
街全体の空気がいつにも増して清らかに澄み渡っているように感じます。

お雑煮と簡単おせちをいただいた後、初詣は長岡京の光明寺へ。
紅葉で有名なお寺ですが、何もない季節でもとてもしっとりと落ち着いたお寺で大好き。
総門のところでとても可愛らしい三毛猫ちゃんがお出迎えしてくれ、
私らのまわりをくるっと一回りして去ってゆきました。
なんか福猫さんから福を授けてもらったみたい(^-^)

紅葉のピーク時とは違い、参拝客も少なかったのでゆっくりとお参りできました。
石庭が見られなかったことだけがちょっと残念。

初詣の後は光明寺からほど近い「仁左衛門の湯」で新年初スパ銭!
画像は以前の使いまわし(^_^;
長岡京と向日市と京都の市境は磁場がおかしいのか、ナビ子が突然発狂して慌てましたが
無事到着。
青空の露天は本当に最高!この世の極楽~~~
ちょっと久々だったせいか、お湯のパワフルさが全身にしみわたるようでした。

1時間半、お風呂を堪能した後は「スシロー」で晩御飯。
こちらも家族連れで大賑わいでした。

昨年末は、醍醐の「ねねの湯」の「お誕生日月タダ券」がもらえたので
そちらにもせっせと通い、そして久々に高槻の「山水館」にも足を伸ばしました。
「山水館」は6年前に1度行った事があり、摂津峡の渓谷のそれは見事なロケーションと
鄙びた温泉宿の風情が気に入ってぜひもう1度行きたいと思っていた場所だったのですが…

久々に行くと、お湯の塩素臭の酷さに驚愕。
キッチンハイターを1本ぶち込んだんじゃないかというほどキツい臭い。
宿自体はかなり前からある老舗旅館だけど、後から湧いた「美人の湯」から
タンクでお湯を運んでいるそうなので、その際の消毒がやりすぎなんじゃ?

また脱衣所の塩素臭も酷い。
張り紙を見ると、掃除のたびに「カビキラー」を使っていると書いてある。

入浴後に喫茶室でコーヒーでも飲もうと(温泉水を使用しているので美味しいらしい)
思うも、暖房が効いてなくてものすごく寒く、湯冷めしそうなのでヤメ。
せめて自販機の缶コーヒーでも、と思ったら冷たいのしか置いてない。

その他にもパウダールームの時計が止まっていたり、男湯の体重計が
100キロ以外ささなかったり(相方談)、なんかいろいろ行き届いてない感が
非常に残念でした。ロケーションだけは相変らず素晴らしいのですが。

で・帰宅後「山水館 感想」で検索してみたら…
ぐぐって上から5番目に「被害者の会」とでも呼ぶべき掲示板が出てきて
恐ろしい実態が続々と…((((;゚Д゚)))⇒

これ全部事実としたら旅館業としてどうなのか。
2006年11月の感想が最強です。

仁左衛門の湯

nizaemon01.jpg

スパ銭続きですが。
本日ご紹介するのは桂の「仁左衛門の湯」。
これまで何度か車で前を通ったことがありますが、建物が小さく
正直あまりパッとしない外観にそそられず、実際行くのは今回が初めて。

場所は国道9号線沿い、「三ノ宮バス停」のすぐ前です。
大きな看板が出ているので迷うことはありませんが、駐車場が
数箇所に散在しているのがちょっとわかりにくい。

中に入ってみると案の定小さくて、一般の銭湯に毛の生えたような(失礼(^_^;)施設です。
平成11年オープンとのことですが、それ以上に古ぼけた印象。
でも掃除は行き届いていて清潔です。

2Fのフロントで受付をすませ、脱衣所に入ると、おや意外と広い。
そして内湯も洗い場も、想像したより広くてゆったりしています。
休日は混むと聞いてましたが入館したのが5時前なので、
比較的お客さんも少なかったよう。

まず体を洗って露天へ直行。
岩風呂になった露天も思ったよりはずっと広くて雰囲気もあり、
湯船の中でゆったりと体を伸ばせます。
露天は大きな湯船がひとつと、源泉かけ流しの小さな湯船がふたつ。

かけ流し1号泉は加温していず25℃の水風呂。
加温していないぶん温泉成分が壊れないそうですが
この季節はちょっとキツいな。そして2号泉のほうは47~8度と高温。
どちらも3人も入れば一杯で順番待ち。
日暮れ時で大きな湯船のお湯もちょっとぬるく感じたので、
2号泉に数回入ってしっかり体を温めました。

泉質はこの近くにある「京都エミナース」と同じ
弱アルカリ泉のつるぬる系(ナトリウム炭酸水素塩泉)。
柔らかぁく体に纏わりつくような泉質です。

施設自体はエミナースのほうがはるかに綺麗でゆったり寛げますが
泉質はこちらのほうが好きかな。
うまく言えないけど、お湯が新鮮でエネルギッシュな力に溢れている感じ!

料金も平日600円、土日祝800円と府下の温泉施設としては安いしお得感も大。
正直全く期待せずに出かけたのですがかなりアタリ!
ここ数ヶ月で回ったスー銭の中では一番のヒットかも。
相方さんもすっかり気に入っていたので今後通いそうです♪

2Fにはお食事処もありまして、ここが異様に安いんです(笑)
ざる豆腐+お寿司+うどん+天ぷらのセットが1000円ちょいとか
「あなご1本揚げ」260円とか、ちょっと怖いんですが(^_^;次回チャレンジしてみるかも。

1Fに併設されたパン屋さんで翌朝のパンも買って帰りました。
時間が遅く品薄でしたがメロンパン、クリームパン、あんパン、ミニクロなど買い、
なかなか美味しかったです。天然酵母と国産小麦にこだわったお店だとか。

hachiban01.jpg

さて晩御飯は例によってラーメン。
温泉の後のラーメンは定番になりつつあります。
帰り道に吉祥院の「8番らーめん」に行きました。
金沢発祥で全国展開しているチェーン店で以前は京阪七条にも
店舗があったらしいですが、現在府下ではここだけ。

上の画像は相方さんオーダーの塩バター野菜ラーメンセット。
これにご飯とお漬物、餃子がつきます。
右側に浮かんでいる黄色い物体はバターの塊((((;゚Д゚)))
カロリー的には超危険物。でも背油たっぷりのラーメンも、きっとカロリーは大差ないはず。

hachiban02.jpg

こちらは私のコーン入り味噌ラーメン。
このお店のラーメンは昨年の金沢旅行以来1年2ヶ月ぶりです。
関西のラーメンとは一味違い、とてもあっさりとした甘味を感じる優しく上品な味。
麺は柔らかめの太麺なので、かなりお腹にたまります。
次回は小サイズにしよう(^_^;

「仁左衛門の湯」
京都市西京区国道9号線御陵坂東麓
HP⇒

「8番らーめん」
京都市南区吉祥院池の内町4
HP⇒

ねねの湯

nene01.jpg

醍醐にある「リゾート銭湯」ねねの湯をご紹介~
2002年オープンしてすぐに出かけ、たちまち気に入って
以来ず~っと通い続けているお気に入り銭湯なのです。

nene02.jpg

「日本最大級のリゾート銭湯」を謳っているだけのことはあり、
館内はとても広々としていて、内装はバリをイメージした南国的なもの。
どこらへんが「ねね」やねん?て感じですが…(^_^;
洗い場も内湯も広く、人が多くてもゆったりできるのがいいところ。

内湯も露天も普通の水道水ですが、露天は浴槽に石英を使った
クリスタル温泉。ミネラル分が溶け出して、お肌にいいそうです。

内湯はジェットバス、電気風呂など数種類の浴槽があり
サウナは通常のサウナ2種と塩サウナがあります。
さらに内湯とは別に「ヒーリングサウナ」(入館時に予約)
「あかすり」、エステにボディケアもあり、リゾート気分で半日は遊べること
請け合い。

正直、ここより泉質のいいスパ銭なら他にも沢山あるのですが
私はどこよりもここがお気に入り。
その理由の一つには、採光の取り入れ方があると思います。
朝イチの露天は朝の光に水面がきらめき、人工の滝の
激しい水音にとともに、とても癒されます。

そして夕方には内湯の天井近くにある西の窓から夕陽が差し込み、
湯気にけむる浴室全体が金色に映えてそれは幻想的。
何気に、とても緻密に計算された構造なのでしょうか。

さらに間接照明の使い方もうまい!
パウダールームの鏡の上に設置された間接照明の塩梅がとてもよく、
通常の「2割増」くらいにはべっぴんに見え?大満足で
お店を後に出来ますwこれはぜひ他店も参考にして欲しいところ。

nene03.jpg

さてお風呂で寛いだ後はご飯です。
1Fにある食事処「ねねのまんどころ」の「醍醐味ラーメン」
麺はストレートとちぢれ麺の2種類から選べます。
麺ははっきり言ってフツーですが背油を垂らしたあっさり醤油スープはなかなか。
その他居酒屋風メニューも多々取り揃え、味のほうはまぁファミレス並ですが
そこそこの満足度です。

それから以前、おみやげとして「ねねの湯リーフパイ」という商品が
ありました。これがそんじょそこらのデパ地下デザートより美味しくて!
残念なことに数年前から販売をやめてしまったのですが
ぜひ復活してほしいな~

pan_f01.jpg

そして「ねね」の帰りに必ず寄るのがここ!
大のお気に入りのパン屋さん「パンフルート」
「ねね」から新奈良街道を数分北上したところにあります。
お店に辿り着く何十メートルも手前から小麦の焼ける
香ばしい香りが漂ってきて。
美味しいパンはもちろん、緑に溢れた外観も大好き。

「ねねの湯」
京都市伏見区醍醐合場町27-1
営業時間/10:00~24:00(最終入館23:20)
定休日/第3火曜日 駐車場/250台

HP⇒
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
最近のコメント
Categories
月間アーカイブ

2017/07 (10)

2017/06 (1)

2017/05 (5)

2017/04 (12)

2017/03 (8)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (7)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク