治一郎@京都マルイ

このGWに河原町阪急跡地にオープンした「京都マルイ」
関西発お目見えのバウムクーヘン「治一郎」が入っていると
聞きつけて出かけたのが5月末のこと。

更新が延び延びになって、ようやく今頃の公開となりました。
あまりにも長いこと寝かせすぎて味の記憶も薄らいでますが…(^_^;

jiichiro01.jpg

初めて入店するマルイ店内は阪急時代とほぼ何も変わらず。
なんか清清しいまでの居抜きっぷりです。
しかし動線の悪さまで変わらないのはいただけない…

阪急時代のあの悪評高き動線。
そこらじゅうにモノが雑然と放置状態で、あまりの酷さに
それが売り物なのか、改装中とかで一時的に置いてあるのかも
不明なほどだった。

そもそも、百貨店にするには初めから無理があるほど
床面積が狭いことが原因なのよね…
(でも同じように狭い藤井大丸さんはセンスがよくてすっきりオシャレ)

デパ地下スイーツがブームになり始めた頃に一体何をトチ狂ったか
デパ地下の食品売り場を全部潰してどうでもいい靴屋とかを入れて、
待ち合わせに便利だったけっこう人気の喫茶店も潰してしまって。

結果もともと人気のなかった百貨店はいよいよ落ち目に拍車がかかって
誰からも見向きもされなくなった…
私もデパ地下がなくなってからは、6Fの美容院に年に2度
ストパーをかけに行くだけで他の階には寄ろうともしなかったなぁ。

…とおばはんのどうでもいい昔話はこれくらいにして本題です。

地下食品売り場はけっこう賑わっていて、昨年秋にオープンした
コトチカにも入っている成城石井がここにも。
こちらのほうが店舗も広く品揃えも若干よさげです。
が、何せコトチカは確か夜10時まで開いているので私的にはあちらに軍配。

お目当ての治一郎、土曜日の夕方ですが行列は2組。
クラブハリエ日牟禮館のように、丸太状のバウムがガラスの向こうに
吊られています。

jiichiro02.jpg

作り立てバウムを入れてあるたとう紙まで似てますね。
ていうかこれはどう見てもパクry

ただこちらの陳列丸太は日牟禮のようにそこで焼いてるわけではなく
どこからか持ってきてる感じです。

jiichiro03.jpg

開封~
バウムはハリエ以上に柔らかく、気をつけて取り出さないと
脆く崩れてしまいそうでした。

jiichiro04.jpg

年輪が非常に薄いのが特徴的ですね。
焼き色も淡く、見るからに繊細。

jiichiro05.jpg

では実食!
ん、思ったより結構甘い!

jiichiro06.jpg

口コミサイトなどでは「甘さ控えめ」という意見も
あったような気がするけど…いやこれバウムの中でも相当甘い部類では。

「甘さ」に対する感じかたってほんと千差万別ですわ~

食感もちょっと柔らかすぎたので、冷蔵庫に入れて生地を引き締めると
いい感じになりました。
そして冷やすと甘さもほどよく落ち着いて美味しくなった気がする。

「甘くてふわふわのバウム」が好きな方にはオススメです!
色とりどりのラスクも美味しそうでした。

そういえば思い出した。
先日大丸に寄ったらなんと「たねや」の店舗が出来ていた?
これまで頑として京都出店しなかったあの「たねや」が!
近江商人とイケズ京都人の長きにわたる確執、ここに来て遂に氷解?

かどうかは知りませんが、これを機会にハリエも京都に出店してぇ。

治一郎HP⇒

麦輪小樽@京都伊勢丹

25日までJR京都伊勢丹で開催されていた夏の北海道展。
夕張メロンゼリーの「ホリ」が出店してるというので
日曜の夕方遅くに出かけてみると…

てっきり「ホリ」ってマイナーだとばかり思っていたら
ゼリーは見事に完売御礼。わずかに残っていたのは一口サイズの
駄菓子ちっくなタイプだったので見送り。

ゼリーといえば、いわき市の「ゼリーのイエ」が2日間だけ
恵文社に出店してたんですね。こちらも出遅れて無念…

仕方ないので催事会場をぐるっと一周してみると
今更珍しくもないはずの「マルセイバターサンド」も完売。
「ロイズ」のチョコは沢山残ってましたねぇ。

夏はやっぱり生チョコ気分じゃないしな…
てか、たまには生チョコとポテチ以外の商品も持ってきてほしい。
ティラミス味のウェファース、あれだけ食べてみたいのよー

で・特に目ぼしい商品もなく、帰ろうと思った矢先にこれが↓

muginowa01.jpg

小樽のベーグル専門店「麦輪小樽(むぎのわおたる)」

遅い時間なのにほぼ全種類揃っており、なくなってもどんどん
補充されてたようです。
購入したのは「フィグ&ウォルナッツ」とこの催事のための
オリジナル商品?「もろこし畑」の2種。

冷凍状態で販売されていて、解凍&焼き戻し方法の書かれた
パンフレットをくれました。

muginowa02.jpg

まずこちらからいきましょ「もろこし畑」

muginowa03.jpg

フリーズドライした焼きとうもろこしが生地に
巻き込んであるタイプ。

焼き戻しもうまくいったのでクラストはパリッとして
中はもっちり。引きは少なめでベーグルとパンの中間といった感じ。

でもさすがに北の大地の小麦は美味い!
香り豊かで噛み締めるごとにほのかな甘味を感じます。

muginowa04.jpg

そしてこちら「フィグ&ウォルナッツ」

muginowa05.jpg

こちらも美味しいのは美味しいんですが…
パンフレットには「乾燥イチジクとクルミが奏でる
絶妙のハーモニー」とか書いてあるのに、イチジクが一体
どこに隠れておるのやら…欠片を見つけることはおろか、
香りすら探り当てることも出来ずに終わりました。
うむ、かなり残念。

そして1個240円は明らかに高すぎ!!
けっこうそそられるフレーバーはいろいろあったんだけど…
ま、もうえっかな…

エス・コヤマの日

毎月10日はJR伊勢丹「パティシエ・エス・コヤマ」の日。
月1回、この日だけの限定で、地下1階にてコヤマのお菓子が
販売されます。

実は、私の小山ロール初体験はつい先月。
この時は2週間ほど伊勢丹で催事出店があり、
思いがけずゲットできたのでした。

あまりの美味しさに感激し、次回食べられるのはいつのことか…
と思っていたら何と今月10日、つまり本日は日曜日ではないですか。
「エス・コヤマの日」と言っても必ずしも小山ロールがあるとは限らない。
他の商品だけ販売してロールはなし、なんて月もあります。
しかし伊勢丹のサイトを確認すると、ありました小山ロール!

これは行くしかない。ただちょっと買い方がめんどくさい。
まず朝9時半から10時15分までの間に伊勢丹1Fの北入り口に並び、
整理券をもらわねばならない。そして実際に商品が買えるのは午後3時から。

この厄介なシステムのために今まで敬遠してたんだけど、
今回は私気合入ってます。三田まで買いに行くことを思えば楽なもの。
朝9時35分くらいに現地に着くと、すでに行列はないものの、
私の番号は130番。
整理券は200番までなので、けっこう危なかったかも。

で、いったん帰宅して家事をすませ選挙にも出かけ、
午後3時ちょっきりに戻り

koyama08.jpg

無事ゲット~

koyama09.jpg

開封すると同時に玉子のいい香りがほわぁっと立ち昇ります。
この瞬間が至福!

koyama10.jpg

まるで赤ちゃんの肌のように、ふわふわしっとりきめ細やかな表面。
指で押すと、吸い付くような優しい弾力があります。

koyama11.jpg

フィルムはそろ~っと剥がさないと、すぐ薄皮が剥がれてしまうほどデリケート。

koyama12.jpg

生地自体の重みでややひしゃげ気味。
でもそれがまた頼もしさを感じるビジュアルなのです。

koyama13.jpg

さらに寄り~
ご覧の通り、クリームは少なめで、あくまでスポンジが主役!
でも生クリームもカスタードも濃厚なのでこれぐらいの量が丁度いいです。

スポンジは極上のカステラのように上質な風味、
しっかりと空気を抱き込ませて泡立てられた生地の繊細なこと!
もっちりした弾力を残しながら、口の中でしっとり自然にとろけてゆきます。
玉子の美味しさが存分に味わえて、玉子スキーには堪らない。
真ん中に潜んでいる栗の甘煮も控えめながらしっかり存在感を主張。

非常にシンプルなようでいて、すべてに完成されたバランスを感じます。

koyama14.jpg

相方さんとお花見のおやつに桜の下でいただきましたが、
あっという間になくなっちゃった。
整理券もらう時、2本買って1本ずつ丸かぶり…とか一瞬思ったのですが
さすがにそれは自粛。

「パティシエ・エス・コヤマ」
兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1
10:00~18:00まで 水曜定休
HP⇒

小山ロール!

JR京都伊勢丹で毎月10日に開催される「エス・コヤマの日」。
朝9時半から「小山ロール」を買うための整理券が配布され、
商品の引き取りは午後3時から、というめんどくさいシステムのため、
今までスルー。スルーと言うか、普通に平日だと無理やし。

しかし今月は「コヤマの日」はなく、2週間の催事出店ということ。
それにも整理券が必要なんですが、この日はたまたま行ってみたら
運良くゲット!

実は、整理券ないしなぁ、と未練がましくお店の前をウロウロしてたら
店員さんがこっそりと小声で囁くように教えてくれたのでした(笑)

koyama02.jpg

そういうわけで思いがけず入手できた小山ロール!

koyama03.jpg

ずっしり重いスポンジが何とも私好みではないですか

koyama04.jpg

しっとりとした照り艶のあるこの表面!
指で触ってみると生まれたての赤ちゃんの肌のよう。

koyama05.jpg

見るからに「スポンジ主役!」と主張するビジュアル。
生クリーム少な目なのも、クリームがあまり得意じゃない私には嬉しい。

koyama06.jpg

香ばしい焼き色が実に見事ですが、小山シェフもこの「焼き色」にこだわり、
そのために商品開発に大変な手間がかかったとか。

koyama07.jpg

ではではいただきます。

…美味しい…!!!

しっとり、もっちりした生地の美味しさは想像以上。
とてもきめ細やかで上質で、それでいて縁日のベビーカステラのような
懐かしい親しみやすさをを感じるのは、やはり焼き色の香ばしさと、
生地に蜂蜜がたっぷり使われているためでしょうか。

とてもシンプルでけれん味のない美味しさ、だからこそ一切ごまかしの
きかない実力勝負。シンプルな美味しさをとことん極め、洗練させた、
まさに私のどストライク。素朴にして究極!という感じです。
中に潜んだ栗のほっくりした味わいもまた日本人の郷愁を誘い、
このロールにはなくてはならないアクセントです。

相方さんとふたりでわしわし食べて、あっという間に完食(笑)
三田まで詣でる根性はないけれど、毎月10日はこれ買うために
有給取ってもええかな…(^_^;

「パティシエ・エス・コヤマ」
兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1
10:00~18:00まで 水曜定休
HP⇒

「enfant(アンファン)」のプチシュー

enfant01.jpg

四条高倉の大丸地下にて。
安さにつられて思わず手が出た「キャラメルプチシュー」と
おそらく季節限定の?「和栗のプチエクレア」

enfant02.jpg

プチシューは量り売りで100g189円。
デパ地下スイーツとしてこのお値段は価格破壊では?

enfant03.jpg

100gをすこしオーバーしたのでこれで200円ちょい。
香ばしく焼きこまれ、硬さのあるシュー皮にとろっとろのクリーム。
キャラメル風味はほんのりした苦味を感じる程度でしたがかなり美味しい!

enfant04.jpg

和栗のプチエクレア。一般的なエクレアのハーフサイズくらいです。
たっぷり見えているクリームは普通のカスタード。
でも底のほうにマロンペーストが隠れているというダブル構造。
こちらも予想以上に美味!!

大阪心斎橋に本店があり、府内あちこちのデパ地下やエキナカで
手軽に買えるそうでそのカジュアルな価格と美味しさから
「りくろーおじさん」に肩を並べる人気のよう。

まんまるいドーム型のチーズケーキにはあまりそそられなかったけど、
今回買った系はこれからもいろいろ試してみたいな。プチモンブランも!
プロフィール

YUKI

Author:YUKI
京の安旨グルメを求め都大路を縦横無尽。おいしいものならジャンルは問わず。最近は焼き菓子多め。得意エリアは西陣あたり。

基本は個人の備忘録ですが嗜好や価値観の合う方のお役に立てれば幸いです♡
評価はあくまでも私的感想ですのでご参考程度に。

★なお、お店の情報は掲載当時とは変わっている場合がありますので(所在地、料金、定休日、営業時間など)必ずご自身で最新情報を確認された上でお出かけくださいね♡

素敵なお店と、素敵な皆さんのご縁を結べますように♪

最近の記事
最近のコメント
Categories
月間アーカイブ

2017/04 (11)

2017/03 (8)

2017/02 (8)

2017/01 (10)

2016/12 (12)

2016/11 (10)

2016/10 (9)

2016/09 (11)

2016/08 (7)

2016/07 (19)

2016/06 (10)

2016/05 (8)

2016/04 (17)

2016/03 (8)

2016/02 (7)

2016/01 (8)

2015/12 (14)

2015/11 (10)

2015/10 (6)

2015/09 (7)

2015/08 (7)

2015/07 (14)

2015/06 (7)

2015/05 (7)

2015/04 (15)

2015/03 (8)

2015/02 (8)

2015/01 (9)

2014/12 (10)

2014/11 (6)

2014/10 (6)

2014/09 (5)

2014/08 (10)

2014/07 (13)

2014/06 (9)

2014/05 (10)

2014/04 (17)

2014/03 (9)

2014/02 (6)

2014/01 (11)

2013/12 (12)

2013/11 (7)

2013/10 (7)

2013/09 (10)

2013/08 (10)

2013/07 (12)

2013/06 (15)

2013/05 (9)

2013/04 (16)

2013/03 (16)

2013/02 (12)

2013/01 (11)

2012/12 (14)

2012/11 (19)

2012/10 (18)

2012/09 (20)

2012/08 (14)

2012/07 (14)

2012/06 (18)

2012/05 (15)

2012/04 (17)

2012/03 (17)

2012/02 (15)

2012/01 (15)

2011/12 (15)

2011/11 (17)

2011/10 (15)

2011/09 (16)

2011/08 (17)

2011/07 (17)

2011/06 (13)

2011/05 (16)

2011/04 (21)

2011/03 (16)

2011/02 (15)

2011/01 (15)

2010/12 (14)

2010/11 (24)

2010/10 (21)

2010/09 (23)

2010/08 (26)

2010/07 (6)

2010/06 (9)

2010/05 (15)

2010/04 (16)

2010/03 (14)

2010/02 (11)

2010/01 (15)

2009/12 (10)

2009/11 (10)

2009/10 (10)

2009/09 (11)

2009/08 (16)

2009/07 (14)

2009/06 (17)

2009/05 (20)

2009/04 (21)

2009/03 (14)

2009/02 (18)

2009/01 (17)

2008/12 (23)

2008/11 (26)

2008/10 (11)

2008/09 (19)

2008/08 (20)

2008/07 (16)

2008/06 (17)

2008/05 (15)

2008/04 (10)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (5)

2007/12 (1)

2007/11 (1)

2007/10 (5)

2007/09 (3)

2007/08 (9)

2007/07 (5)

2007/06 (7)

2007/05 (7)

2007/04 (6)

2007/03 (4)

2007/02 (2)

2007/01 (4)

2006/12 (11)

2006/11 (7)

2006/10 (3)

2006/09 (6)

2006/08 (7)

2006/07 (6)

2006/06 (9)

2006/05 (10)

2006/04 (4)

2006/03 (13)

2006/02 (10)

2006/01 (5)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク